サイト運営会社
テレビ業界の裏話

AD(アシスタントディレクター)とAP(アシスタントプロデューサー)の違い

テレビ番組制作の現場にはいろいろなポジションで仕事をしている人がいます。

その中で、アシスタントディレクターとアシスタントプロデューサーの違いはなんですか?という質問を受けることがあります。

 

今回はこのADとAPの違いについて書いていこうと思います。

 

番組制作で働く様々なスタッフ

 

テレビ番組制作の現場では色々なスタッフが働いています。

すべてがテレビ局の局員というわけではなく、番組制作会社から出向や派遣という形でしているスタッフも多いです。

 

最近はほとんどの番組がテレビ局ではなく番組制作会社で制作されているんですね。

 

  • アシスタントディレクター
  • アシスタントプロデューサー
  • ディレクター
  • プロデューサー

と言った人たちを始め

  • カメラマン
  • 照明
  • 音声
  • 美術

などの技術系の方もたくさんいます。

 

アシスタントディレクターとアシスタントプロデューサーだと役職名が似ているので

仕事内容的にはどう違うのという質問がとても多いです。

関連記事:テレビ局の制作の仕事、部署にはどんな人がいてどんな風に働いてる?

 

 

APという仕事は現場によっては、その役職がない場合もあり、

ディレクターやプロデューサーなどが兼任している場合もあります。

 

ただ現場に入ってすぐに出来る仕事ではありません

 

場合によっては人が足りない現場で突然APを任されることもあるようですが

基本的にはキャリアを積んでから番組制作の全体を冷静に見られるようになった上でAPとして働いた方が働きやすいと思います。

 

多くの場合番組制作未経験の方はADとしてキャリアがスタートします。

 

ADは制作の現場でディレクターやプロデューサー、APの指示に従って動くような形になり
様々な仕事をすることになります。

指示された仕事をこなしながら番組制作の流れを勉強していき、その後ディレクターやプロデューサーとしてデビューしていくような形です。

 

しかしディレクターやプロデューサーにならずAPに転向するという人もいるんですね。

つまりほとんどの人がADの経験を経てからAPになります。

 

APの仕事のほとんどが出演者の出演交渉やスケジュール管理、番組制作の進行スケジュール管理、予算の管理などになります。

 

どちらかと言うと制作デスクよりの仕事をしていくような形になり、

ADの仕事とは少し違う働き方をすることになります。

 

ディレクターやプロデューサーは常にネタを出していくことが求められるので、

アイデア出しが苦手だったり体力面や精神面に自信がないと言ってAPにキャリア転向する人もいます。

 

番組制作の起点となるプロデューサーやディレクターのネタを実現させるためにマネジメントしていくのがAPの仕事と言えるでしょう。

関連記事:テレビディレクターとプロデューサーの違いとは?仕事内容もまるで違う?

 

APに求められるスキル

 

APに求められる一番スキルはマネジメント能力だと思います。

 

スケジュールやお金などの細かい管理をしていかなくてはいけないのがAPです。

全体の流れを冷静に見た上でどのようにマネジメントしていけば番組制作を円滑に行うことができるか、ということを常に考えていなくてはいけません。

 

慌ただしく進んでいく番組制作の現場で冷静に考えなくてはいけないことが多く、

臨機応変にその場に対応していける力も必要となってきます。

 

APになろうと思ったらまずはどのように番組制作が行われているのか、

さらに企画を実現させるためにはどのようなものが必要なのか、ということを早くしていくことから始めると良いでしょう。

 

また各所に連絡をしてスムーズに番組制作が進行できるようにマネジメントするのがAPなので、

コミュニケーション能力も必要です。

 

円滑に番組制作を行っていけるようにフォローもしなくてはいけません。

 

時には番組制作の現場スタッフの相談役となることもあります。

制作に関わる人たちの気持ちを汲んで仕事をしていける力が必要でしょう。

関連記事:テレビ番組の制作期間はどれくらいかかるもの?

 

企画を通すのもボツにするのもAP

 

ちなみに企画のアイデアが上がった時にそれを相談されるのもAPです。

予算やスケジュール的にその企画を実現させることができるのかどうかという判断はAPが下します。

 

実現不可能だと思われるような企画が上がってくることも多々あるわけですが、

そんな難しそうな企画を実現させるためにはどうしたらいいのか

どこか削れるところはないのかと、試行錯誤するのもAPの仕事。

 

ここは腕の見せ所と言えるでしょう。

 

実は細かいマネージメントが主な仕事となるAPは、女性がとても多い役職でもあります。

 

スケジュールの都合をつけやすく、

細やかなマネージメント能力必要とされるAPは、は女性は女性に向いている仕事だと言えるかもしれません。

関連記事:女性のディレクターが増えてきたわけ

 

弊社ライズプランニングでは実際にテレビ制作の現場で働いてくださるアシスタントディレクターの方を募集しています。

 

ご興味がございましたら下記フォームよりエントリーしてください。

では今日はこのあたりで。

ABOUT ME
TACHIBANA
TACHIBANA
テレビでCMを打つ、となると身構えてしまう人がたくさんいると思います。でも実はテレビ広告はやり方によっては手軽に、そして楽しく挑戦してみることのできる広告です。テレビの楽しさを多くの人に知ってもらえるように執筆していきます。




テレビ業界への転職を検討している新卒でテレビ業界へ就職したいテレビ業界に関するご質問全般