アシスタントディレクターの仕事:無茶ぶりに応えるAD根性

アシスタントディレクター(AD)にも、多少はプライドがあります。
ディレクター(D)から、多少無理難題を言われても、なんとか形にしたいと働くのがアシスタントディレクターだと思います。
ただ、本当に無理なことも言われます。

 

雪まつりで外国人を探す!

 

今年2月の「さっぽろ雪まつり」でのことです。

北海道の情報番組は、各局中継をだしていて、当然うちの番組も、会場から中継をしていました。

その現場で、ディレクターからある指示を受けました。

「生放送の本番で、外国からの観光客にインタビューをしたい。

ただ、通訳もいないし、英語が得意なアナウンサーもスタッフもいないから、日本語の話せる観光客を連れてきてほしい。」

そのような都合の良い人が、すぐに見つかる訳がありません。完全に無茶ぶりです。

指示を受けたとき、インタビューの本番まで、あと30分ほどしかありませんでした。

この指示には、いくつものハードルがありました。

まず、外国から来た観光客に、日本語を話せるかどうかを聞かなければいけない。

そして、テレビに出てもらわなければならない。

なにより、僕は英語が話せません。

ただ、僕にもアシスタントディレクターとしてのプライドがあります。なんとしても見つけたい、

その思いで、僕が立てた作戦はこれです。

英語で、テレビ番組のアンケートだと言って、どこから来たかを聞く。

英語で、日本語が話せるかどうかを聞く。

日本語が話せる人なら、ここからは日本語で、テレビに出てほしい旨を伝える。

 外国から来た観光客であろう人を見つけたら、手当たりしだいに、

「アイム ジャパニーズ TVショースタッフ!
 アンケート! ワンクエスチョン! オーケー?」

(私は日本のテレビ番組のスタッフです。ひとつアンケートがあるのですが、答えてくれませんか? と言ったつもりです。)

 すると、声をかけた全員が優しく、「イエス」と答えてくれました。通じていること

に感動を覚えながら、僕は質問を続けます。

「ウェアー アーユーフロム?」

いろいろな答えが返ってきました。

アメリカ、イギリス、フランス、オーストラリア、韓国など、本当に世界中からいろいろな国の方々が来ていました。
 
ただ、「キャン ユー スピーク ジャパニーズ?」の質問には、

全員が「ノー」でした。

english_kaiwa_bad_man

誰一人として、日本語を話せる人がいないのです。

本番まで、あと残り時間はわずか。
最初から無茶な指示だとは思っていましたが、本気で見つけられないとあきらめかけていました。

そこからまた何人かに声をかけたあと、向こうから、ひときわ大きい黒人男性が歩いてきました。

ダメで元々、僕はその人にも声をかけました。

また訳のわからない英語で、アンケートだというと、快く「イエス」と言ってもらえました。

そして僕は、次の質問の答えを聞いて、戸惑いました。

「ウェアー アーユーフロム?」

「フロム サセボ」

サセボ。そんな海外の都市あっただろうか、少し考えました。そして、僕はこう続けました。

「サセボ イズ ナガサキ?」

「イエス、ナガサキ!」

「あの、日本語話せますか?」

「ええ、話せますよ。」

僕は驚きと、喜びで飛び上がりそうになりました。

身長172センチの僕が、見上げるくらい大きな黒人男性の口から、流暢な日本語が放たれたのです。

詳しく聞くと、その男性の父親が、佐世保基地で働いていて、長い間長崎で暮らしていたため、日本語が話せるようになったそうです。

その男性は、快く生放送のインタビューにも出演してくださいました。

ある程度の無茶振りでも、意外とどうにかできるものなのです。

AD根性というか、あきらめない心が、アシスタントディレクターには大切なんだなと実感した日でした。  

519972

(北海道 アシスタントディレクター)

関連記事:テレビスタジオのセットはどのようにして出来上がるのか

記事のシェアはこちらから!

テレビ業界への就職・転職に関するお問い合わせ

テレビ業界への転職を検討している新卒でテレビ業界へ就職したいテレビ業界に関するご質問全般