ADに就職して良かったこと

ADに就職して良かったこと

ライズプランニング

テレビ業界で働くことに憧れを持つ人はたくさんいると思います。

芸能人と一緒に仕事ができる、全国に放送されるテレビ番組に関わることができる、というのはやはり魅力的ですよね。

 

テレビ局の仕事にはたくさんの種類があります。

詳しくはこちら:テレビ局の仕事内容はどんなものがあるのか

 

弊社ライズプランニングではテレビ局への派遣事業や広告代理店事業を営んでおりますので、弊社のスタッフでもテレビ局でバリバリ働いている人がたくさんいます。

 

今回はその中でもADさんの声を集めてみました。

テレビ局ADに就職することのメリットとはどんなものがあるのでしょうか?

 

テレビ局に入れる

 

ADに就職してよかったとよく言われることはやはりテレビ局に入ることができる、ということですね。

テレビ局には当たり前ですが一般の人は入ることができません。

入るには入構証が必要になります。

 

テレビ局のなかにはたくさんの芸能人がいて、テレビ局のなかですれ違うこともたくさんあります。

 

なのでテレビ業界に憧れを持っていてADに就職したという人は、ADになってから芸能人に会えることでとてもわくわくして仕事をしている人が多いです。

 

実力主義社会

 

テレビ業界の仕事は一般的な仕事とは違って実力主義社会なんですね。

一般的な仕事は毎日仕事をコツコツこなして、地道に頑張っている人が模範とされる会社が多いでしょう。

 

でも、テレビ業界は真逆で、特にテレビプロデューサーの生活なんかはとても面白いです。

考えることが仕事、なので一見側からみたら仕事をしていないようにも見えるんですね。

実際にテレビプロデューサーの方の生活についてお話を聞いている記事はこちら:テレビプロデューサーの仕事内容

 

自分が生み出した作品がどれだけ周りから認められ、視聴率がとれるか、ということが全てになります。

仕事が数字に直結する仕事なんですね。

つまり逆に考えると、そこさえ抑えていれば働き方は自由。

誰も何も言ってこない、というのがテレビ業界の特徴とも言えるでしょう。

 

ADはディレクターのアシスタントになりますが、実力や経験があれば企画を手伝ったりすることもあります。

ADの時代からそういった経験を積み、最終的にディレクターやプロデューサーになっていくんですね。

 

そういう業界の方が性格にあっている、という人はADの人には多い気がします。

 

多角的な視野を持てる

 

ADとしてテレビ局に就職すると、テレビ番組の制作業務が仕事になるわけですが、やはり視聴率がとても大事になってきます。

 

普段一視聴者としてテレビを見ている時はそのテレビ番組のことを「面白い」「面白くない」くらいでしか判断しないかと思いますが、

ADに就職すると見方ががらりと変わるでしょう。

 

一緒に働く人たちはみんな数字をとるために必死になっています。

視聴率は番組のスポンサーを募るためにもとても大切になってきますからね。

どうして視聴率がそれほど大切なのか、というお話はこちら:視聴率とcmの関係性

 

なのでADになると、テレビ番組を「面白い」か「面白くない」か、という単純な目線では見なくなるはずです。

番組の演出を考えているのがディレクターであり、そのディレクターのもとで働くのがADなわけですから、その番組がどうやったら視聴率をあげられるか、ということを日々ディレクターと考えて働くのがADなのです。

 

ADになることによって、テレビ番組だけでなくいろんなエンターテイメントに対してもマーケティング目線で考えられるようになるかもしれません。

 

実力があればフリーランスにもなれる

 

実はテレビ業界にはフリーランスで仕事をしている人もたくさんいます。

 

テレビを制作するにはいろんな専門的スキルが必要で、それぞれがそれぞれの役職に分担されているので、職員として就職しなくても

フリーランスで仕事を受ける、という形態もよくあることなんですね。

 

もちろん実力が伴っていなければ仕事をコンスタントにとっていくことはできないと思いますので、経験・実力が第一の話にはなってきますが

将来的にフリーランスで働きたい、と考えている人には良い職場環境だと思います。

実際にフリーランスで働いている人と一緒に仕事をすることができますから話を聞いたりする機会も多いでしょうしね。

 

ちなみに早い人だと20代半ばでもフリーランスとして活躍していらっしゃる方もいます。

職種にもよりますが、一般的な会社員では考えられないことかもしれません。

 

 

ADに就職して良かったことについて話してみましたがいかがだったでしょうか?

 

もちろん仕事ですから、楽しいこともあれば辛いこともあります。

何度も言いますが、テレビ業界は実力主義であり、仕事の成果が全てです。

決められたことをやっていればいい仕事ではありません。

 

ただ、そういう仕事を楽しいと思える人にはとても向いている仕事だと思います。

 

テレビの仕事にご興味がございましたらぜひ下記フォームよりお気軽にお問い合わせください。

ライズプランニング

記事のシェアはこちらから!

テレビ業界への就職・転職に関するお問い合わせ

テレビ業界への転職を検討している新卒でテレビ業界へ就職したいテレビ業界に関するご質問全般

ABOUTこの記事をかいた人

TACHIBANA

テレビでCMを打つ、となると身構えてしまう人がたくさんいると思います。でも実はテレビ広告はやり方によっては手軽に、そして楽しく挑戦してみることのできる広告です。テレビの楽しさを多くの人に知ってもらえるように執筆していきます。