ADの生活スタイルはどんな感じ?

テレビ業界に未経験で飛び込んで行く場合は、一番最初はアシスタントディレクターとして働いていくことになると思います。

 

ただADの仕事の仕事というのはやってみないと想像がつかないもので

ADになったらどのような生活になるのかという部分が気になる人も多いでしょう。

 

弊社ライズプランニングはテレビ局出向型の番組制作会社で

多くのADやディレクターが所属しています。

 

実際のADの生活について紹介してみようと思います。

 

番組ジャンルによって違う仕事内容

 

まずはADの仕事内容ですが、

実はADの仕事内容はこういう仕事ですというのをはっきりと言うことはできません。

 

というのも、作っているテレビ番組はADによって違うし、

番組のジャンルや内容が変われば、仕事内容が変わるのは当たり前のことです。

 

少し想像してもらえれば分かると思うんですが、バラエティを作るのと情報番組を作るのでは全く作り方が異なると思いませんか?

 

そもそも番組の目的が違うんですね。

 

バラエティ番組はお茶の間でテレビを見ている多くの人に楽しんでもらうことが目的で作られていますが

情報番組はニュースを掘り下げて、情報を広く、深く伝えるために作られています。

 

作っているものが全く違うのです。

 

同じADの仕事と言っても仕事内容は全く違ったりすることもあるんです。

 

弊社の場合は情報、報道番組の制作に携わるのがメインですが、

ではそういう番組でADはどのような仕事をしているのかと言うと

  • 番組で読む原稿のコピー
  • 出演者の誘導
  • ロケに必要な機材屋バスお弁当の手配
  • 番組で使用するカンペ作り
  • リサーチ業務
  • 番組で使う小道具の買い出し

というような仕事をしています。

 

番組によっては共通する仕事もありますが、同じADでも違う番組に行けば全く違う仕事を任されることもあります。

 

テレビ業界の仕事にはマニュアルがないので、仕事内容がよくわからないまま現場に行き現場に入ってから覚えるということの方が多いです。

 

不安も多くあると思いますが、臨機応変に対応してもらうのが一番です。

ただ弊社の場合は、全くの初めてで現場に入るのは不安だと思いますので、現役のテレビディレクターによる研修をきちんと行っています。

関連記事:アシスタントディレクターに新卒でなったらどんな研修、仕事が待ってる?

 

休みはとれるのか

 

ADの生活で一番気になるところはやはりどれぐらい休みが取れるのか?というところだと思うんですが、

これもどのようなジャンルの番組に入るかによって大きく左右されます。

 

感覚的にはやはり

バラエティ>ドラマ>情報・報道>CSやスカパー

という順番に忙しいイメージですね。

 

もちろん番組によるとは思いますが、情報・報道番組の場合は帯番組と呼ばれる毎日同じ時間帯に放送している番組を担当することが多く

そういった場合は曜日ごとにチームが決まっていて自分が担当している曜日のオンエアに合わせてきちんと休みを取れることが多いです。

 

バラエティの仕事だとなかなか仕事の休みを取るのは難しいですね。

 

またテレビ局内で働くのか番組制作会社の中で働くのかというところでも大きく違いが出てきます。

 

テレビ局内だと働き方改革も進んでいるのでテレビ局のルールに準じて働くことができ、

今は無駄な時間外労働はなるべくしないような方向になってきています。

関連記事:番組制作会社の仕事の労働環境って?

 

徹夜がある日もある

 

きちんと休みがあるとはいえ締切厳守の世界ですから、締め切りまでに終わっていない仕事があれば、徹夜になることももちろんあります。

 

どうしても急な事件事故、訃報のせいで差し替え作業が起きたり、

仕事が間に合っていないと2、3日家に帰れないということもあります。

 

きちんと休みを取ることができる時はあるけどやはり働かなくてはいけないときは一気に忙しくなるというのがこの業界の特徴と言えるかもしれません。

関連記事:テレビADって激務なの?番組によります!

 

好きじゃないとできない仕事

 

ADの生活は大変か大変じゃないかと言われたら大変です。

 

一般的な職業とは違いますから朝は早くないことが多いですし、

毎日決まった時間にスーツを着て仕事に行かなくてはいけないという仕事ではありません。

クリエイティブの仕事で自分の創造性を生かすことができる仕事だとも思います。

 

しかしだからといて楽な仕事というわけではもちろんないんです。

 

やっぱり長くテレビ業界で仕事を続けることができる人というのは、映像に関わる仕事をするのが楽しいと思える人だけです。

 

もちろんこれはテレビの仕事だけでなくいろいろな仕事に言えることだと思いますが、

人間楽しい仕事じゃないと長く続ける事はできないですよね。

関連記事:テレビ業界で内定をもらえる人ってどんな人?

 

テレビのお仕事

 

弊社ライズプランニングでは実際にテレビ局内で番組制作に携わってくださる

の方を募集しています。

ご興味がございましたら下記フォームよりエントリーしてください。

 

また地方に住んでいたり、まだ学生で働くことができないという方は

オンライン上でテレビ業界のノウハウについて学ぶことができる映像制作専門のオンラインサロンPMCA(ぺんくり メディア クリエイターズ アカデミー)も運営しています。

 

こちらもぜひご活用ください。

関連記事:テレビ業界に就職するならどんなジャンルの番組を志望するべき?

 

では今日はこのあたりで。

記事のシェアはこちらから!

テレビ業界への就職・転職に関するお問い合わせ

テレビ業界への転職を検討している新卒でテレビ業界へ就職したいテレビ業界に関するご質問全般