サイト運営会社
テレビ業界の裏話

ADの仕事は現場ごとに違って求められるものが沢山ある

ADの仕事

テレビ番組の制作の仕事をするAD(アシスタントディレクター)に

みなさんはどんなイメージがあるでしょうか?

 

きっときつい、大変そう、というイメージがあると思います。

 

確かに簡単な仕事ではありません。

しかし、実際に仕事をしているADは、テレビ制作が楽しくて、テレビを作る仕事に携わりたくてやっている人たちが多いので

意外と大変な毎日を送りながらも、「好きだから」という気持ちで楽しくやれている人が多いです。

 

ただ、実際に番組制作の仕事というのはどういう仕事をしているのか、ということが

テレビ業界に関わりがない人には全くわからないでしょう。

 

そこで今回は、番組制作に携わっている弊社ライズプランニングが、ADの仕事について解説してみようと思います。

 

実はADの仕事というのは現場によってもかなり違って

さらにどういう場面でどんな仕事が求められるのか、ということも全然違います。

 

番組制作段階ごとに追って見てみましょう。

 

企画会議

 

どんなテレビ番組も最初は企画会議というところからスタートします。

ディレクターやプロデューサーはもちろん、構成作家さんやADも参加して、どのような番組にするか、ということを話あっていきます。

 

ここではADは

  • 会議室の予約
  • 資料のコピー、配布
  • 会議内容の板書
  • 会議の議事録作成

などがお仕事になります。

これらができないと企画会議はできませんからね。

 

さらにADのポジションでも番組のネタのアイデアを求められることがあります。

それが通ることも実は結構あることなのです。

 

ADだからといって発言権がないわけではなく、

こういったアイデアを沢山出すことができる人は出世も早かったりします。

関連記事:ADでも仕事の企画が通ることがある

 

構成打ち合わせ、台本打ち合わせ

 

企画会議で決まったことを元に

今度はどのような流れで見せていき、演出をつけていくのかということを決めていきます。

 

番組台本もこの時点で作られていきます。

 

ここでのADの仕事は

  • 番組内容となる具体的なネタのリサーチ
  • ロケなどに必要になってくる情報やものの下調べ
  • 必要な美術品などの確認

などです。

 

リサーチ業は最近はADさんが行うことが多いです。

関連記事:できるADのリサーチ方法とは

 

ロケ

 

ロケに行く場合はそのロケのスケジュールから撮影行程をADが仕切ることも多いんです。

 

なので

  • 撮影許可をもらうための交渉
  • ロケに必要な美術品の準備
  • ロケハン
  • ロケが長い場合はお弁当や飲み物の手配
  • カメラマンや車両の手配
  • スケジュールの作成

などもADの仕事になってきます。

関連記事:テレビ番組ロケの現場はどんな雰囲気?同行の際、注意する事とは?

 

サブ出し編集、MA

 

ロケで撮影したものを編集しテープにするのがサブ出し編集です。

これはディレクターが行うことが多いですが、まずはデジタイズと言って、撮ってきた素材をデータに起こすところから始まります。

 

このデジタイズはADがやることが多いです。

 

画の編集が終わったら次は音の編集作業に入ります。

それがMAと呼ばれる作業で、音を付けたり、ナレーションを付けたり、レベルを整えたりします。

関連記事:バラエティ番組のADの仕事

 

制打ち

 

スタジオでの収録に当たって制作的な打ち合わせをするのが制打ちです。

 

ここでのADの仕事は

  • 台本のコピー、配布
  • 収録スケジュールの作成

などといったことです。

関連記事:テレビ局で仕事をしていて楽しいと感じる事

 

スタジオ収録

 

出演者も全員集まって、いよいよスタジオ収録です。

 

ロケとはまた違った緊張感が流れます。

 

ADは

  • 台本のコピー、配布
  • カンペの準備
  • スケジュールの張り出し、配布
  • 小道具の準備

などのお仕事をします。

 

その後本編編集、本編のMAが行われます。

関連記事:バラエティ番組のスタジオ観覧の裏話

 

プレビュー

 

放送前にプロデューサーやディレクターも含めて

何人かで試写を行い、どこかに間違いがないか、フォーマットはあっているか、といった確認を行いますが

これがプレビュー(下見)と呼ばれています。

 

CMフォーマットやQシートも一緒に確認するのでこういった資料を用意するのもADの仕事になります。

 

もし修正しなくてはいけない箇所が見つかれば

アシスタントディレクターがディレクターとともに直していきます。

関連記事:アシスタントディレクターに向いてる人

 

納品

 

テープの納品はADが担当することも多いです。

テープを納品した後はプロデューサーに報告をします。

 

納品したら後は放送を待つのみです。

関連記事:テレビ生放送の楽しさと大変さ

 

放送

 

番組放送中は実はオンエアーを見ていればいいだけではなく、

その放送中に視聴者から問い合わせがくることもあるので、放送中も気が抜けません。

 

あらかじめどのような質問がくるか、などの予想もしておいて

しっかりと質問に答えられるようにしておきます。

 

放送中は視聴者の反応なども気になりますからTwitterなどを見ている人も多いですね。

関連記事:テレビのADは芸能人とどれくらい関わるの?

 

今回はテレビ制作ADの仕事を

制作の大まかな流れとともに解説してみました。

 

弊社ライズプランニングでは実際にテレビ局で働いてみたい、という方を募集しております。

下記フォーム、またはチャットよりお問い合わせください。

関連記事:アシスタントディレクターになるには

 

では今日はこのあたりで。

ABOUT ME
TACHIBANA
TACHIBANA
テレビでCMを打つ、となると身構えてしまう人がたくさんいると思います。でも実はテレビ広告はやり方によっては手軽に、そして楽しく挑戦してみることのできる広告です。テレビの楽しさを多くの人に知ってもらえるように執筆していきます。




テレビ業界への転職を検討している新卒でテレビ業界へ就職したいテレビ業界に関するご質問全般