サイト運営会社
テレビ業界の裏話

アシスタントプロデューサーに女性が多い理由

テレビ制作の現場ではいろいろな役職の人が働いています。

 

その中にアシスタントプロデューサーという仕事があり、

APと略して呼ばれることのあるこの仕事は、中でもとても女性に人気のある仕事なんですね。

 

テレビ業界はどちらかというと男性の方がまだ多い業界ではありますが

近年は女性をターゲットにしている番組も多いですし、女性が必要とされる現場も増えてきているため

制作の現場で女性が活躍している光景も珍しくなくなってきました。

 

番組によっては女性のスタッフの方が多い、なんていうこともあります。

 

そんな女性から人気のアシスタントプロデューサーのお仕事について、今回はお話したいと思います。

 

テレビ制作の現場にはどんな仕事がある?

 

まずテレビ番組制作の現場ではどのような人たちが働いているのか、というと

  • アシスタントディレクター
  • ディレクター
  • アシスタントプロデューサー
  • プロデューサー

というお仕事に加えて

  • カメラマン
  • 音声
  • 照明
  • 美術

などの技術を扱う人、さらに素材を編集する編集マン、スケジュールなどを調整する制作デスクのスタッフも重要なお仕事を担っています。

 

技術のお仕事は専門分野になるのである程度お仕事内容は決まっていますが

実はアシスタントディレクターやアシスタントプロデューサーの仕事は明確に「これが仕事」というように決まっているわけではありません。

 

入る現場によって仕事内容は大きく変わります。

 

同じアシスタントディレクターでもバラエティ番組とドラマの現場ではやることが全然違いますし

例えば同じバラエティ番組だとしても、どの番組に入るかでもお仕事内容が大きく変わることが多々あります。

 

さらにはここまでがアシスタントディレクターの仕事で、ここからがディレクターの仕事、という線引きがあるわけではありません。

 

ディレクターやプロデューサーになるのに試験があったり何か資格が必要なわけでもないので

昇格もいつするのか、どれくらいできるようになったらなれるのか、ということもありません。

 

周りが「この人に任せても大丈夫だろう」と思ってくれるようになったタイミングで、

声がかかるようになり、そこから順を追って、ディレクターやプロデューサーとして独り立ちしていくような形になります。

 

また制作の現場では必ずしもテレビ局社員が働いている、というわけではなく

制作会社から出向や派遣、という形で現場に入っている人もたくさんいます。

 

番組制作の場では、いろいろなポジションで仕事をしている人がいる上に、いろいろな会社の人が一緒に番組制作を行っているんですね。

関連記事:テレビの番組制作に関わる仕事にはどのような働き方がある?

 

アシスタントプロデューサーの仕事内容

 

お話したように、どの役職がこの仕事をしている、というのはなかなか言いにくく、

現場によってはアシスタントプロデューサーという仕事自体がなく、プロデューサー、ディレクター、アシスタントディレクター、制作デスクなどがこの仕事を兼任していることもあります。

 

ただ実際にどんな仕事をしているのか、というと

  • タレントさんの出演交渉やスケジュール調整
  • 番組全体のスケジュール管理
  • 取材先への交渉や許可取り
  • 撮影許可申請
  • 番組予算などの金銭管理
  • 技術スタッフや撮影機材などの手配
  • ロケや撮影のサポート
  • 編集における権利確認や使用素材の許可取り

というような仕事をしていることが多いです。

 

一見アシスタントディレクターと同じような仕事にも思えますが、

実はアシスタントプロデューサーの方はアシスタントディレクターの経験を積んだ人が多く、

どちらかというとたくさんいるアシスタントディレクターをまとめて引っ張っていく存在です。

関連記事:テレビ番組制作の流れってどんな感じ?

 

アシスタントプロデューサーに女性が多い理由

 

アシスタントプロデューサーの仕事は他の仕事に比べると顕著に女性が多いです。

 

仕事内容を見てお気づきの方も多いかもしれませんが、

仕事内容に細かいものが多く、女性の方が細かいところに気づきやすいので、男性に比べると女性の方が向いている、というのが一番の理由なのではないかなと思います。

 

金銭管理をしたり、撮影に必要な様々な許可をとったり、という細やかな作業を抜けなくこなせる方は女性の方が多かったりするんですね。

 

さらに、アシスタントディレクターとしてキャリアを積んできたけど

ディレクターやプロデューサーという責任ある立場になるのはプレッシャーが大きすぎたり

妊娠や出産などで仕事を休めなくなる、という懸念があり

アシスタントプロデューサーにキャリアチェンジする、という方も多いです。

 

プロデューサーやディレクターの場合は、常にアイデアを出すことが求められ、

その企画力が仕事に直結していくので、アイデアなどを出すのは苦手、という人も多いですね。

関連記事:実は女性ADが今増えてきている

 

弊社ライズプランニングでは実際にテレビ局内の番組制作の現場で働いてくださるアシスタントディレクターの方を募集しています。

 

ご興味がございましたら下記フォームよりエントリーしてください。

 

では今日はこのあたりで。

ABOUT ME
TACHIBANA
TACHIBANA
テレビでCMを打つ、となると身構えてしまう人がたくさんいると思います。でも実はテレビ広告はやり方によっては手軽に、そして楽しく挑戦してみることのできる広告です。テレビの楽しさを多くの人に知ってもらえるように執筆していきます。




テレビ業界への転職を検討している新卒でテレビ業界へ就職したいテレビ業界に関するご質問全般