テレビ関係に就職したい人がやっておくべきこと

テレビ関係の仕事に就職したい、と考えている人は

就職活動をする前からテレビ業界関係のことについて調べ始めると思いますが、インターネットや本を読み漁ってもなかなかテレビ関係の仕事に関するものが出てこないな、と感じていると思います。

 

それもそのはず。

 

テレビ関係の仕事は基本的に文字におこせるものではありませんし、文字におこす必要なんてないとずっと思われ続けてきた業界なんです。

 

新人がテレビ番組の制作現場に入ってまず困ること、

それは「仕事にマニュアルがない」ということ。

 

仕事は現場で見て、聞いて、覚えていくものだとされています。

関連記事:新人ADが仕事を始めてきついと思うこと

 

そして役職名が同じでもテレビ局や入る番組によってやる仕事は様々。

同じADでも報道かバラエティかでもかなり仕事の内容が変わってきます。

関連記事:テレビ番組制作会社に入るなら、最初は報道か情報番組がいい理由

 

だからこそテレビ関係の仕事のことを一般論化できない、というところもあります。

 

今回はテレビ番組制作現場から、テレビ関係に就職したいと考えている人へ、

テレビ関係の仕事に就職する前にやっておいた方がいいことをお話しておきます。

 

テレビ関係の仕事を知る

 

まずはテレビ関係の仕事にどんな仕事があるのか、ということを知りましょう。

 

テレビ関係に就職したいと考えている人の多くがイメージするのはテレビ番組制作だと思いますが、

もしテレビ局に就職したいと考えているのであれば、番組制作の仕事は数ある仕事のうちの一つです。

 

テレビ局は広告費、つまりスポンサーからの出資を得ることで番組制作をしていますから、営業の仕事があります。

他にも番組を編成する編成局の仕事や、技術の仕事もあります。

 

そういったテレビ局の中の仕事もどんな仕事があるのか、ということを学んでおきましょう。

詳しくはこちら:テレビ局にはどんな仕事があるのか

 

そしてテレビ局に就職するにはかなり狭き門をくぐり抜けなくてはいけません。

キー局への就職倍率は数百倍から千倍とも言われています。

関連記事:テレビ局に就職するのに大学は関係あるのか

 

テレビの見方を変えてみる

 

テレビ関係の仕事に就職したい、と考えている人はまずテレビの見方から変えてみるとそれなりに就活の時に役に立つと思います。

 

例えばバラエティを見るにしても、どの仕事をどんな役割の人がやっているのか。

番組制作の現場にだってたくさん職業があって

  • プロデューサー
  • ディレクター
  • カメラマン
  • 美術
  • 音声
  • 音効
  • アシスタントディレクター

などなどいろんな人が動いてテレビ番組を作っています。

 

テレビのエンドクレジットを見ていればどのプロデューサーがその番組を作っているのかがわかるし、

それがわかってくるとプロデューサー個人個人の個性もわかってくるでしょう。

 

あの番組とあの番組はプロデューサーが同じだからこういうところが似てる、だとか。

 

音効さんがいい仕事をしているなぁと感じる番組もたくさんあります。

この音があるからこそ面白い、と思えるような番組。

 

そしてもし番組制作の仕事に就職するならまずはアシスタントディレクターから始めることになります。

自分がこの番組を作る立場だったらどうするか、どうすればもっと面白いか、という視点でいつもテレビ番組を見てみてください。

きっとテレビに対する考え方も変わると思います。

関連記事:ADとしてテレビ局で働くのに向いている人、向いていない人

 

学生のうちからテレビ局で働く

 

大学生のうちからテレビ局内で働くこともできます。

テレビ関係の仕事に就職したいと思っている人は、なるべくなら現場で一度働いてみることをおすすめします。

 

テレビ関係の仕事は、やってみないとわからないことが本当にたくさんあるんですね。

 

特殊な世界ですし、その中で生き残っていくのも大変ですから

自分が本当にテレビ関係の仕事に向いているのか、ということを知るためにも、学生時代のアルバイトとしてテレビ関係の仕事をしてみることをおすすめします。

 

弊社ライズプランニングはテレビ局出稿型の番組制作会社で、学生のアルバイトさんも募集しています。

報道・情報番組を中心に実際にテレビ局内で働くことができるので、まだ就職活動が始まっていない学生さんなどは特におすすめです。

関連記事:テレビ局内でバイトはできるの?

 

調べる癖を付ける

 

テレビ関係の仕事に就職したいと考えている人はなんでも調べる癖を付けるようにしましょう。

 

実際にテレビ関係のお仕事をされている人たちは

インターネットでも本でもテレビでも、本当によくインプットをされています。

 

自分たちが情報を発信する側なのですから当たり前です。

 

常に新しいものを求めているし、発見を届けようと画策しています。

 

今はインターネットも普及して、さらに情報が集めやすい時代になりました。

いろんなことに興味を持って、疑問に思ったことはすぐに調べる、ということを癖付けてください。

 

ちなみにADが兼業することの多いリサーチャーという仕事もあります。

これは番組のネタを探すのに情報収集をする仕事です。

関連記事:テレビリサーチャーの仕事内容

 

仕事でもネタ探しをたくさんするような業界なので、普段から面白そうなことを嗅ぎ分ける嗅覚を身につけましょう。

 

そういった企画力やアイデアがよく出てくる人はテレビ局でも欲しがられる人材です。

関連記事:テレビ局が求める人材

 

番組制作の仕事がしたいなら

 

テレビ関係に就職したい、といってテレビ局を志望する人がいますが、テレビ局にはいろんな仕事があって

よくイメージされるようなテレビ番組制作の仕事だけができるわけではありません。

 

なので、テレビ番組制作をしたいと思うなら番組制作会社に就職することをおすすめします。

番組制作会社に就職すれば、仕事でずっと現場につくことができます。

 

弊社ライズプランニングでは一緒にテレビ番組制作の現場で働ける人をお待ちしています。

ご質問ご相談等ありましたら下記フォームよりお気軽にお問い合わせください。

 

では今日はこのあたりで。

記事のシェアはこちらから!

テレビ業界への就職・転職に関するお問い合わせ

テレビ業界への転職を検討している新卒でテレビ業界へ就職したいテレビ業界に関するご質問全般

ABOUTこの記事をかいた人

TACHIBANA

テレビでCMを打つ、となると身構えてしまう人がたくさんいると思います。でも実はテレビ広告はやり方によっては手軽に、そして楽しく挑戦してみることのできる広告です。テレビの楽しさを多くの人に知ってもらえるように執筆していきます。