防犯グッズやサービスのCMはドキュメンタリーCMがおすすめ

ライズプランニング

防犯グッズや防犯サービスのCMというのはあまりテレビでは見かけないような気がします。

 

見かけたとしても、イメージCMのようになっており

具体的にどういうサービスなのか、ということはいまいちわかりにくいような気がしますし

そもそも防犯サービスやグッズのCMを見て「利用しなきゃ!」と思うことがなかなかないように思うんですね。

 

そこでおすすめしたいのが、防犯サービスやグッズのCMをドキュメンタリー調でやってみる、ということです。

 

CMの尺の基本は15秒か30秒ですが、

1分尺にすることもできますし、それ以上長い尺のものも作ることができます。

 

防犯サービスにせよグッズにせよ、どういう犯罪が起こるのか、という想定がないと説明がしにくいですから

ストーリー性のあるCMの方が具体的に伝えやすい、というのはあると思うんですね。

 

今回は防犯サービス、グッズについて、

ドキュメンタリーCMがおすすめな理由について広告代理店である弊社ライズアドバートがお話してみたいと思います。

 

防犯のCMは難しい

 

防犯のCMが難しいのは、「犯罪が起こってからでないと防犯意識を高めることができない」という点にあると思います。

 

なかなか日本だと海外に比べて安全な国ですから

普段から防犯意識を高く持っている人というのは少ないものです。

 

ですが犯罪が起きてしまってからではしょうがないですし、

犯罪被害に遭ったことのない人にも防犯サービスやグッズを手にしてほしいですから、

「こういった犯罪が起きる可能性がある」ということをまずは意識してもらうことが大切なんじゃないかと思うんですね。

 

また防犯サービスや防犯グッズは、保険と同じようなもので、

何事も無ければ防犯にかけたお金というのは何かを得られるお金ではなく、現状を守るための投資と言えます。

 

そこもまた、防犯サービスやグッズのCMが難しいポイントでもあるでしょう。

関連記事:CM単価の目安は?料金はどうやって決まるのか。

 

BtoBのサービスをCへ広げる

 

防犯サービスやグッズはBtoBの事業であることも多いですよね。

 

例えば建売の物件なんかにあらかじめ防犯サービスがついている、というような場合は、

防犯サービスは物件を購入するお客様に直接セールスをするのではなく、

不動産を取り扱っている業者にサービスを提供するような形になります。

 

しかし、こういった場合、最終的にサービスを利用するのは個人になりますから、

BtoBのための戦略だけを考えるのではなく、個人にもきちんとサービスを理解してもらえるように努めることが大切なのではないかなと思います。

 

例えば物件購入者である個人が、「この防犯サービスはCMで見たことがあって、これが最初から物件についていると良い!」と思って物件を購入する場合もあると思うんですね。

 

つまり、BtoBの事業だったとしても、最終的に個人が利用するなサービスの場合は

企業だけでなく個人にも宣伝を行うことが大切なのです。

 

そしてこういったパターンが増えてくれば、

防犯サービスを取り扱ってくれている企業も「お客さんからの反応が良い」ということで、

さらにサービスを広く取り扱ってくれるようになるかもしれません。

関連記事:企業がテレビCMをする理由

 

ドキュメンタリーにすると良いこと

 

さて、防犯サービスやグッズをテレビCMで宣伝することがどうして大切なのか、ということについてお話してきましたが

それをドキュメンタリーCMにする利点についてさらに詳しくお話してみたいと思います。

 

・防犯意識が高まる

 

日本人にはあまり防犯意識が高い人がいません。

犯罪被害者になってみないと、防犯をしっかりしよう、という意識が芽生えないのは日本という国だからこそだと思います。

 

しかし犯罪が無いわけではなく、犯罪サービスやグッズを有効活用してもらうためにも

どのような犯罪があるのか、どういうところが危ないのか、ということをもっとしっかり基礎知識として浸透させるべきだと思うんですね。

 

これがドキュメンタリーCMとして流れていると、犯罪意識を高めるだけでなく

犯罪に対しての知識も拡散させることができるのでは無いかと思います。

関連記事:ドキュメンタリーCMをやるメリット

 

・サービスが具体的に理解できる

 

防犯意識がない人たちにとっては、防犯サービスや防犯グッズに対してもあまり知識が無い人がほとんどでしょう。

 

その防犯サービスや防犯グッズを使うことによって、どのような利点があるのか

どんな犯罪からどのように自分や家族を守ることができるのか、ということが具体的に想像できない人がほとんどなのです。

 

防犯グッズはまだ商品が目に見える形としてありますから説明もしやすいかもしれませんが

特に防犯サービスの場合は、目に見えるものではないものもありますから、そういったサービスの具体的な説明というのを

動画にすることによって詳細に伝えることができるのです。

関連記事:テレビCM用の動画を制作したら、どんな媒体で配信できるのか

 

・自分の生活で想像しやすくなる

 

ドキュメンタリー調にすることによって、そこにストーリーが生まれますから

視聴者はより感情移入をしやすくなり、自分の生活でリアルに想像することができるようになります。

 

防犯サービスやグッズは自分だけではなく、自分の家族を守るためのものでもありますから

自分の家族を投影することができるようなストーリーになっていると尚良いのではないでしょうか。

関連記事:CM制作の料金を格安にする方法とそのメリットデメリット

 

ドキュメンタリーCMをやるなら

 

弊社ライズアドバートは広告代理店ですが、もともと番組制作会社として始まったため、

広告枠の獲得から映像制作までをワンストップサービスでご提供することが可能です。

 

そのため余計な中間マージンが発生することもありません。

 

企業のブランディングに合わせて、広告プランのご提案をさせていただきます。

 

ご興味、ご質問等ございましたら、下記フォーム、またはチャットよりお気軽にお問い合わせください。

関連記事:テレビCMの広告効果にはどんなものがあるのか

 

 

では今日はこのあたりで。

記事のシェアはこちらから!

テレビCMに関するお問い合わせ

15秒30秒のスポットCM広告を出したいタイムCMを出したい見積もりが欲しい広告全般のご相談

ABOUTこの記事をかいた人

TACHIBANA

テレビでCMを打つ、となると身構えてしまう人がたくさんいると思います。でも実はテレビ広告はやり方によっては手軽に、そして楽しく挑戦してみることのできる広告です。テレビの楽しさを多くの人に知ってもらえるように執筆していきます。