ブランドスイッチの要因とは?長く愛される事業を続ける為に必要な事

ライズプランニング

商品やサービスを販売する上でとても重要になってくるのが、「顧客に長く愛される商品やサービスを提供する」ということだと思います。

 

しかし、大量生産大量消費社会になっている今、

一つの商品やサービスが大ヒットしても、企業が安定して存続を続けることができる年月は20年だと言われています。

 

それほどに、他社との差別化をし、独自の商品やサービスを提供し続けるということが難しくなってきている時代です。

 

長く顧客に愛される事業を展開するために注目するべきなのが「ブランドスイッチの要因」です。

 

今回はこのブランドスイッチに関して、広告代理店である弊社ライズアドバート

顧客に長く愛される事業を展開するために必要なことについて詳しく解説していきたいと思います。

 

ブランドスイッチとは

 

ブランドスイッチという言葉を聞いたことがあるでしょうか?

 

ブランドスイッチというのは、ある商品カテゴリーの中で、顧客が一つのブランドから他の競合するブランドへ購入する商品やサービスを切り替えることを言います。

 

例えば携帯会社などが分かりやすいですね。

 

昔はドコモを使っていたのに今はソフトバンクを使っているというような人も多いでしょうし、

最近は格安スマホなども登場し、キャリアを変更する人がとても増えてきていると思います。

 

携帯という商品カテゴリーの中で、商品のブランドを変更するブランドスイッチが盛んに行われているのです。

関連記事:タッチポイントから考えるマーケティング手法

 

ブランドスイッチの要因

 

長く愛される商品やサービスを提供するために大切なのが、ブランドスイッチがどのような時に起こりやすいのかを考えることです。

 

ブランドスイッチが起こりやすい要因について、詳しく見ていきたいと思います。

 

・不満がありながらも使っている顧客

 

商品に多少の不満がありながらも、その商品を使い続けているという顧客は

ブランドスイッチを行う割合が多い顧客と言えるでしょう。

 

先ほど例に挙げた携帯会社の件もそうです。

 

キャリアによって色々な割引があったりすると思いますが、いざ蓋を開けてみないと正直携帯会社の契約というのはよくわからないものですよね。

 

契約の時はもう少し安くなるようなことを言っていたのに、

色々なオプションサービスがついていて、それを外すのを忘れてしまっていけ月額料金がかなり高くなってしまっていたり、

よくわからないままに、でもめんどくさいから、という理由でずっと同じキャリアを使っている人も多いでしょう。

 

こういった顧客は、自分が普段不満に感じていることが簡単に解決することができる競合他社がでてくれば、簡単にブランドスイッチしてしまいます。

 

そのようなブランドスイッチを起こさないためには、自社の中でも自覚することができているユーザーにとっての不具合を

次に改善し続けるという姿勢を見せることが大切でしょう。

 

さらにユーザーから、どのような不満があるのかということを定期的に調査する、などの努力をしてみるのも良いかもしれません。

関連記事:アドホック調査とは?事業やマーケティングに活かす方法。

 

・購買決定理由が値段

 

「他に比べて安い」というわけで購入することを決定した顧客は、

競合他社が今よりも値段を下げてきた時に、すぐにブランドスイッチしてしまいます。

 

商品もサービスも真似されやすい昨今、安いというだけが取り柄では、なかなか事業を長く続けていくということはできないのです。

 

もちろん価格が安い、というのはユーザーにとってとても大切な要素になってくると思いますが

価格というのは競合他社にもすぐに真似ができるものなので、価格以外のところでも勝負できる要素がないと

ブランドスイッチされてしまう可能性が高くなってしまいます。

関連記事:商品を売るには他社との差別化が必須

 

・サポート

 

特にブランドスイッチの理由として多いのがサポートの面に関することです。

 

商品を利用していて、何か不具合があったり、疑問に思うことがあるときに、その商品を提供している企業に問い合わせをするということがあると思います。

 

そういったときにどのようなサポートの対応の仕方をしてくれるのかということが、顧客にとってはかなり重要なことになっているのだと思います。

 

例えば私も、とあるサービスを使うのに、最後まで2社のどちらを使うかということを悩んでいて

その時に2社とも、疑問に思うことがあったので問い合わせをしてみました。

 

最終的にサービスを使うことに決めた会社は、この問い合わせてとても対応が良かったのです。

 

対応が良い会社というのは、それだけで「その会社のものを使いたい」と顧客に思わせる力があると思います。

 

だからこそ、サポートの面に関しては、かなり力を割くべきだと言えるでしょう。

いくらか値段が高かったとしても、充実したサポートがあれば、そちらの方を選ぶという人の方が多いのです。

関連記事:アーンドメディアとは?ユーザーのリアルな声を使ったマーケティング展開

 

固定客を獲得するのにブランディングが大切

 

ということで今回はブランドスイッチが起きる要因についてお話ししてみました。

 

プラドスイッチが起きる要因から逆算して、どのような言葉お客に求められているのかということを考えるのはとても重要なことです。

 

弊社ライズアドバートが広告代理店ですので、広告を出稿したいという企業の皆様へ

企業のブランディングを考えた広告プランのご提案をさせていただいております。

 

ご興味ご関心がございましたら下記フォーム、またはチャットよりお気軽にお問い合わせください。

関連記事:広告主が広告を出す時に考えなくてはいけないこと

 

 

では今日はこのあたりで。

記事のシェアはこちらから!

テレビCMに関するお問い合わせ

15秒30秒のスポットCM広告を出したいタイムCMを出したい見積もりが欲しい広告全般のご相談