CMの費用が高いと思うのは単体で効果を見ようとするから

ライズプランニング

テレビCMの費用は高くて手が出ない、と多くの人が思っていると思うのですが、

広告宣伝費というものはどんな手段を使ってもそれなりに予算がかかるものですし、

テレビCMにおいては副産物的な効果がたくさんありますから、実は費用対効果の高い宣伝なのではないかな、と思っています。

 

テレビCMだってやり方によっては賢く放映していくこともできますので、きっとテレビCMの様々な広告効果から考えると

みなさんが思っているほど高い広告費ではないのではないかなと思うんです。

 

今回はテレビCMの広告効果について分析した上で

本当にテレビCMの広告費は高いのか、ということを考えていきたいと思います。

 

制作物の流用もできる

 

有名タレントを起用する場合などは著作権の関係が厳しくなるので厳しいのですが、

制作物をうまく作れば半永久的にその素材を使い続けることができます。

 

基本的にCMを放送する時にかかってくる費用の内訳は

  • CM素材となる映像の制作費
  • 放送枠の獲得費用

この2つになります。

 

制作物に有効期限があるものであればCMをやるたびに映像制作費がかかってきますが、著作権をクリアーにして制作をすれば、

CMを2回目以降は放送枠の獲得費用だけで放映することができるようになるんです。

もちろん内容を変更したい場合は別ですが。

 

弊社ライズアドバートでは著作権をクリアーにした状態で映像素材をお渡しすることも可能ですので、それをホームページにアップしたり

SNSのプロモーションで使って拡散させたり、という二次利用もできるようになります。

 

そういった意味では、CM素材を作っておくだけで、テレビCMの放送ができるだけでなく

他の媒体でも動画による宣伝をすることが可能になるわけですからとてもお得なのでないかなと思います。

関連記事:ネット動画CMと広告募集のあり方

 

テレビCMをやったという実績による効果

 

テレビCMをやったことがある、という実績そのものが宣伝効果に繋がることもあります。

 

例えば、自社ホームページに「テレビCM放映中」という文字を入れるだけで、ホームページを訪れた見込み客は

「この会社はテレビCMもやっているのか」という風に思ってもらえるでしょう。

 

テレビCMを放映するのは誰でもできることではありません。

もちろん費用面でもそうですが、テレビCMを放映する、というのは公共の電波に乗るということです。

 

そこには考査と呼ばれる厳正な審査があり、これを何度か通過していかないとテレビCMを放映することはできません。

 

つまりテレビでCMを放送することができる、そのこと自体がすごいことで、

信頼されることなのです。

 

ホームページ以外にも、例えば営業があるなら「今テレビCMも放映しています」という一言を添えられるようになりますし、

チラシを作るにしてもテレビCM放映実績を記載することができます。

 

マスメディアの代表格であるテレビ媒体は信頼度の高い媒体です。

なので、テレビCMをする効果そのものはもちろん、こういったCM放映に伴う効果というものもあるのです。

関連記事:テレビCMの効果には「信頼」もある

 

ウェブ広告とテレビ広告の違い

 

費用対効果が高いとされている広告として近年広告出稿数が劇的に上がってきているのがウェブ広告です。

 

しかしウェブ広告とテレビ広告には圧倒的な違いがあります。

 

それはウェブ広告の場合は見込み客に対しての宣伝しかできない、ということです。

ディスプレイ広告にしてもリスティング広告にしても、すでにそのジャンルに興味がある人のみに対して広告を行うのがウェブ広告というものです。

 

対してテレビCMの場合は全くそのジャンルに興味がない新規ユーザー層に対して宣伝をすることができます。

 

これはテレビという媒体そのものの特徴で

ユーザー層に関係なく「なんとなくテレビを見ている人」に対して広告を見せることができるんですね。

 

つまり、まだあまり知名度がないような商材のCMをする時にはとても適している広告媒体だと言えます。

 

さらに、テレビCMの場合はウェブ広告に比べると短期的な効果をあげることが可能です。

 

ウェブ広告の場合は検索に対する広告や、興味がある人への広告になるので、どうしても広告を一度に大多数へ届けることができない、というネックがあります。

それに対してテレビCMの場合は、一斉に不特定多数へ宣伝をすることができるので飛躍的な宣伝効果が期待できるんですね。

関連記事:初めてテレビコマーシャルをやる時のCMの作り方

 

テレビCMの広告予算

 

テレビCMの広告予算というのは基本的には数十万円からで、内容によっては際限の無い予算になってしまいます。

 

しかし、うまく内容を組んでいけば、他の宣伝広告に比べてもそこまで高い費用にはなりません。

テレビCMを放映することで得られる純粋な効果以外にも、副産物的な効果があることを考えれば、テレビCMは決して高くない宣伝だと思うのです。

 

ぜひ、まだ知名度のない企業にこそ、テレビCMを試してみてほしいなと思います。

関連記事:CMのお試しをしてみませんか?

 

弊社ライズアドバートではテレビCMを中心にみなさまの広告出稿のお手伝いをさせていただいております。

ご質問・ご相談等ございましたらお気軽に下記フォームよりお問い合わせください。

 

では今日はこのあたりで。

記事のシェアはこちらから!

テレビCMに関するお問い合わせ

15秒30秒のスポットCM広告を出したいタイムCMを出したい見積もりが欲しい広告全般のご相談

ABOUTこの記事をかいた人

TACHIBANA

テレビでCMを打つ、となると身構えてしまう人がたくさんいると思います。でも実はテレビ広告はやり方によっては手軽に、そして楽しく挑戦してみることのできる広告です。テレビの楽しさを多くの人に知ってもらえるように執筆していきます。