テレビCMの効果には「信頼」もある

昔全く別の会社で営業の仕事をしていた時期がありました。

扱っていた商材をお客様にお電話でお話して、営業するお仕事です。

 

その時扱っていた商材はその業界で出はじめたばかりの商材で、競合も少なく、私自身、とても良いと思える商材で営業のしがいがある商材だったんですが、

売り出し始めたばかりのころはやはり電話だけでお客様の信頼を勝ち取るのは難しく、業績が伸び悩む時期もありました。

 

そんな時に、その商材のテレビCMが始まったんです。

するとお客様の反応がみるみる変化していきました。

「テレビでもCMしてるの?そうなの〜」という具合で、なぜか話がするすると進むようになり、業績がどんどん上がっていったんです。

 

テレビCMの効果はお客様の「信頼」を掴めることなんだな、と肌で感じた瞬間でした。

 

テレビCMの圧倒的効果

 

宣伝広告メディアを比較してみた。という記事でも書きましたが、メディアへの宣伝広告の出し方はたくさんの選択肢があります。

  • チラシ
  • 雑誌
  • テレビ
  • インターネット

ざっくりあげてみてもこれだけの宣伝広告媒体があります。

関連記事:宣伝広告メディアを比較してみた。

 

もちろんそれぞれに広告の出し方も種類がありますが、この中で圧倒的にテレビCMが群を抜いてユーザーから得られるものは「信頼」なのです。

 

なぜなら、テレビCMをやれる、ということはそれだけ資金が潤沢にあってちゃんとした企業だ、という先入観が視聴者にあるからです。

実はこれはテレビCMをやりたいという企業の方々にも浸透しているイメージで、本当はやりようによってはテレビCMも費用を抑えて、決められた予算の中で組んでいく事も可能なんですが。

関連記事:CMの広告料は本当に高いのか?

 

ただ、もちろん資金面だけでなく、テレビCMを放送するためにはそれなりの審査と労力が必要になってきますので、そういった面でも信頼を得ることができます。

 

チラシ、雑誌、インターネットで広告を出す事ももちろんそれぞれの審査がありますが、
特にインターネットに関しては誰でもホームページを作ることができますし、大手サイトが誤った情報を流してしまったりできる分、

公共の電波に乗る、というテレビの信頼度は圧倒的なものなのでしょう。

 

テレビをやるまでには考査もしっかりあって、これが通るのはやはりきちんとした団体・会社ですからね。

関連記事:CMの考査って何だろう?を代理店が徹底解説!

 

CMを「見たか」ではなく「やってるか」

 

テレビCMをやる前とやった後でのお客様の反応がまるで違ったと先ほど述べましたが、こちらから宣伝としてお電話をかけさせていただいたお客様の多くがその商材のテレビCMを見た事があるわけではありませんでした。

テレビCMも徐々に拡大させていった商材だったので当たり前です。

テレビCMをやり始めた時はまだまだ全然お客様の中で「テレビCMを見たよ!」と言ってくださる方はいらっしゃいませんでした。

 

それでもCMをやり始めてから劇的に業績が変わったのはなぜか。

 

それは「テレビでもCMをしてますよ」と言えるようになったかどうか、なのです。

 

問題はお客様がその商材のテレビCMを見た事があるかどうかではなく、その商材のテレビCMをやっているかどうか、ということなのです。

お客様はテレビCMを見た事がなくてもこちらが「最近テレビでもCMをやり始めたんです、よかったらインターネットでもCMを見る事ができますので調べてみてください」とお話すると

突然「それなら見てみようかな」という姿勢になってくださるお客様が多かったのです。

 

「テレビCMをやっている」、ただその事実だけで、商材への信頼度、ひいては会社への信頼度があがったわけです。

直接お客様の目に触れなくても効果を得ることができる。

これがテレビでCMをやることの強みでもあるんだな、と実感しました。

 

この場合はネットでもきちんとテレビCMの映像を流していた、というのも効果を上げる引き金になったと思います。

関連記事:テレビCMをする時ホームページも作りこんだ方がいい理由

 

テレビCMの強み

 

私が営業の仕事をしていた当時、お話をさせていただく機会のあるお客様はかなり年齢層に幅がありました。

商材の性質上、家族でご検討いただく必要のあるものだったので、奥様や旦那様、さらにはご高齢のご家族様とお話することもありましたし、逆に若い年齢層の方とお話することもあったのです。

 

ある程度テレビCMをやる地域や時間帯に幅が出てきた頃、

どの年齢層の方とお話しても「CMやってるよね〜」と言っていただけるようになりました。

 

これがまたテレビCMの強みの一つなんだろうな、と感じた点です。

 

テレビCMの場合はご家庭でテレビをつけたままにしてあることが多く、どの年齢層の方にも届ける事ができる、という利点があります。

しかもそれは視聴者の方が能動的に情報に辿りつくのではなく、受動的に情報を受信する形なんですね。

 

すると、意図していなかった視聴者層の方にもしっかりテレビCMを見ていただく事ができるわけです。

これもさらに、商材の宣伝効果を得られたな、と感じる瞬間でした。

関連記事:番組のスポンサーになってCMを打つとは

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

実体験を踏まえて、テレビCMの効果について話してみました。

特に中高年層の方々はやはりテレビへの信頼が厚いんだと感じました。

 

どういった商材、会社のテレビCMを打つかにもよりますが、事例の一つとして参考にしていただければと思います。

こちらの記事も是非読んでみてください:メディアプランニングの大切さ

記事のシェアはこちらから!

ABOUTこの記事をかいた人

TACHIBANA

テレビでCMを打つ、となると身構えてしまう人がたくさんいると思います。でも実はテレビ広告はやり方によっては手軽に、そして楽しく挑戦してみることのできる広告です。テレビの楽しさを多くの人に知ってもらえるように執筆していきます。