WEB広告において大切な考え方、CPM(Cost per mille)とは?

主にインターネット上での広告専門用語として聞かれる言葉に「CPM」というものがあります。

 

これは広告マーケティング戦略を考えて行く上でとても重要になる指標で

この考え方ができないと広告の無駄打ちをずっと続けてしまう、なんていうこともあるくらいです。

 

今回は広告代理店である弊社ライズアドバートが、このCPMについて解説してみたいと思います。

 

CPMとは

 

CPMというのは「Cost per mille」の略語で、

「mille」というのはラテン語で「1000」という意味があります。

 

これが意味するのは「1000回表示をさせるためにかかる費用」ということです。

 

  • リスティング広告
  • バナー広告
  • 動画広告

といったインターネット上での広告を1000回表示させるためにかかる費用、ということですね。

 

日本語では「インプレッション単価」という言葉に訳されます。

 

同じ意味で使われる略語として「CPT」というものがありますが、

これは「Cost Per Thousand impressions」の略です。

 

あくまでこれはインプレッション、つまり表示回数を指標にしたコストですから

クリック回数を指標にした「CPC」とは意味が異なります。

 

たまに「CPM」と「CPC」を混同してしまっている人がいますが、

これは全く違うものなんですね。

 

CPMは単純に1000回広告が表示されるためにかかる費用を指しますが、

CPCの場合は、クリックが基準なので、

一回のクリックのために何回表示させなくてはいけないか、ではその単価はいくらか、という考え方になります。

関連記事:webサービスの宣伝にはどんな方法があるか

 

CPM型課金で効果的に広告を出すには

 

CPM型課金の広告の場合は、

「1000回表示させるための単価」を基準に広告の料金が発生します。

 

媒体にもよりますが、だいたい単価相場は「100円〜500円」程度です。

 

クリック回数には全く関係なく、表示回数のみで単価が決まりますから

クリックされやすい広告にすることによってよりコストパフォーマンスの良い広告を出稿することができるんですね。

 

逆に、クリック率が悪い場合は、CPM型課金での広告出稿は無駄打ちになってしまう可能性もあります。

 

CPM型課金で広告を出す、ということは

1000回表示させて100回クリックされたら500円だけれど

1000回表示させて全くクリックされなくても500円、ということだからです。

 

広告を出す時に悩むのではなく、広告を出してから、どれくらいクリックされるのか、ということを見つつ

クリックされないのであればどうやったらクリックされるのか、ということを考えて行くことが大切だと思います。

関連記事:広告の種類とそれぞれの強み

 

広告はPDCAを回すことが大切

 

広告媒体がなんであれ、広告に関してはPDCAを回すことがとても重要です。

 

多くの広告主の方が、広告を出す時に、

その広告出稿の煩わしさからか、広告を出して満足してしまうんですね。

 

ただ広告というのはかなり長期的に考えた方が良いものであり、

特にインターネット上での広告というのは即時的な効果が出にくいものです。

 

長く続けていくことで成果が伸びていくこともありますし、

何より、数字を見ることによって何が足りないのか、ということがすぐにわかるようになっています。

 

例えば今回の記事でお話してきたCPM型課金の場合の広告であれば、

お金をかけているのに成果が出ない、という時に見るべきポイントは「クリックされやすい広告になっているかどうか」というところです。

 

バナー広告であれば、

  • パッと見て目立つ位置に表示されているか
  • 大きさはクリックされやすい大きさか(トレンドがあります)
  • バナーのカラーはどうか
  • 背景に埋もれてしまうようなバナーになっていないか
  • 読みづらいバナーになっていないか
  • 何の広告をしているかよくわからないバナーになってしまっていないか

など、見るべきポイントはたくさんあるんですね。

 

そして広告素材はかなり簡単に変えることができるのも、インターネット広告の良いところです。

 

だからこそ、その広告が本当に正しいものなのか、

どこの数字が弱いのか、ということを結果から分析していかなくてはいけない広告であり、

いろいろな選択肢を試すことができる広告だと思っています。

 

実はいくらでも軌道修正が効くのが広告です。

だからこそ、広告は出しておしまい、ではなく、たくさんPDCAを回すべきものだと思っています。

関連記事:広告代理店が解説する広告効果測定の大切さ

 

広告を出すなら

 

弊社ライズアドバートは広告代理店です。

 

広告を出稿したい、という皆様へ

ブランディングやご予算に合わせた広告プランのご提案をさせていただいております。

 

扱う商材やサービスによって、適した広告媒体がそれぞれありますので、

広告を出稿する際はぜひご相談ください。

 

お見積もりのご相談でもかまいませんので

下記フォーム、またはチャットよりお気軽にお問い合わせいただければと思います。

関連記事:CM制作費の相場はいくらか

 

 

では今日はこのあたりで。

記事のシェアはこちらから!

ABOUTこの記事をかいた人

TACHIBANA

テレビでCMを打つ、となると身構えてしまう人がたくさんいると思います。でも実はテレビ広告はやり方によっては手軽に、そして楽しく挑戦してみることのできる広告です。テレビの楽しさを多くの人に知ってもらえるように執筆していきます。