ディレクター自身が編集作業をすることもある、番組制作の現場。

テレビ業界に携わる仕事をしたいと思っている人は

ディレクターやプロデューサー、という仕事があることは聞いたことがあると思いますが、

具体的にこれらの仕事がどのような仕事なのか?ということは知らない人が多いのではないでしょうか。

 

テレビ業界の仕事というのは、同じ役職名でも実は現場によって仕事が大きく異なることが多く、

ディレクターの仕事はこれで、プロデューサーの仕事はこれです、と具体的に説明することはできないんですね。

 

明確に定義されていないからこそ、テレビ業界の仕事の情報が外部に発信されにくいというのもあると思います。

 

その中でもディレクターの仕事というのはマルチな活躍を求められる仕事です。

 

どういった現場で働くかによって求められることは異なりますが、

今回はテレビ局出航型の番組制作会社である弊社が、テレビディレクターのお仕事について紹介してみたいと思います。

 

制作現場での総責任者、と表現されることのあるディレクターですが

カメラをやったり編集をやったり、人が足りない時は自ら台本を書いたり、リポートをしたり、なんてこともあります。

 

ディレクターというポジションについて

 

まずディレクターがどのようなポジションで番組制作に携わっているのか、ということなのですが

ディレクターは番組制作の現場において総責任者となります。

 

これはあくまで制作の現場での話で、

番組の企画を考えたり、外部のスポンサーを募ったり、といった対外的な仕事の面での総責任者はプロデューサーになります。

 

プロデューサーとディレクターは何度も企画の打ち合わせをしながら、

プロデューサーのアイデアを元にそれを番組という形に作り上げていくのがディレクターの役目なんですね。

 

そしてその番組づくりをディレクターの元で実際におこなっていくのが

  • カメラ
  • 音声
  • 照明

などを始めとする技術部の人たち。

 

さらにサポートにアシスタントディレクターが入ったり、

もちろん演者さんも制作には欠かせないメンバーです。

 

プロデューサーは番組制作を円滑に行えるように奔走し、

ディレクターは沢山のスタッフに指示出しをしながら番組を作り上げていくメンバーという感じですね。

関連記事:テレビディレクターとプロデューサーの違いとは?仕事内容もまるで違う?

 

編集マンがつかないこともある

 

番組制作は、簡単に言うと

  • 企画打ち合わせ
  • ロケハン、各所許可取り
  • ロケ
  • スタジオ収録
  • 編集
  • オンエア

という順番で行われますが、番組制作に必ずしもたくさんの人がつく、というわけではありません。

 

特にローカル局が制作する番組では、ロケに行くのもディレクターとリポーターだけで行く、なんてこともあるくらいです。

 

ディレクターがカメラを回しながら原稿を考えたり、リポーターにも原稿を考えてもらいながらリポートをしてもらう。

さらに撮ってきた映像はディレクター自ら編集する、みたいなことがよくあることなんですね。

 

人員が確保できる場合は

  • カメラマン
  • 音声
  • ディレクター
  • プロデューサー

ここに演者さんが入って、演者さんのマネージャーさんやメイクさんがつくこともありますが、構成としてはこんな感じです。

 

意外に少ない人数でロケに行けるものなんです。

 

そして人員が確保できない場合は、このロケのメンバーが

  • ディレクター
  • リポーター

の二人だけ、みたいなことにもなることがある、というわけです。

 

ディレクターはカメラも回さなきゃいけないし、編集も自分ですることになったりするので

マルチに仕事をこなしていかなくてはいけません。

 

必ずしもカメラマンや編集マンなど、専門的な仕事をしてくれる人を確保することができる、というわけでもないんですね。

 

そもそもディレクターは制作に関わるスタッフに指示出しをして番組制作を行っていく立場にあります。

なので、技術系のそれぞれの仕事がについても理解があった方が、指示出しをしやすい、という面もあるでしょう。

 

やはり自分が少しでもその分野に精通していると、相手の立場になって物を考えることもできるでしょうからね。

 

これからディレクターになりたい、という方はぜひ、アシスタントディレクターの時代から、いろいろなものに興味をもち、

一緒に働いている人が、それぞれいつもどのような仕事を担ってくれているのか、ということを勉強していくと良いでしょう。

 

どんな仕事でも、現場で働いている人の仕事内容というのは、知っていて損はないと思います。

関連記事:テレビ業界で実際に使われている3大映像編集ソフトについて解説

 

台本通りに編集すれば良いわけじゃない

 

編集も実は台本通りに編集すればいい、というわけではなくて、

収録にはきちんと台本があっても、演者さんが台本を超えてくる面白い発言をされることもあります。

 

そういうのを拾いながら、編集をしていかなくてはいけないので、

なかなかセンスが問われる仕事とも言えるんですね。

 

編集中は編集室に缶詰になることが多いので、実はロケや収録よりも体力のいる仕事でもあります。

 

これからディレクターになりたい、という方にはそういったマルチな活躍が求められるので

ぜひ制作に関わる色々なことに興味を持って、自分のスキルへと変えて行って欲しいなと思います。

関連記事:テレビの編集の仕事はどんなことをやるのか

 

弊社ライズプランニングでは実際にテレビ番組の制作に携わってくださる

の方を募集しています。

 

ご興味がございましたら下記フォームよりエントリーしてください。

 

では今日はこのあたりで。

記事のシェアはこちらから!

テレビ業界への就職・転職に関するお問い合わせ

テレビ業界への転職を検討している新卒でテレビ業界へ就職したいテレビ業界に関するご質問全般

ABOUTこの記事をかいた人

motorin

テレビ専門の広告代理店ライズアドバートの「motorin」です。新しいモノやサービスが世の中に知られる過程において、広告というものは大きな意味を持ちます。そして、その中でも、異色な存在として扱われているのがテレビ媒体なのです。テレビ広告とは何だろうか?テレビ広告にはどんなメリットがあるのか?そんな事について書いていきます。