飲料のCMをする時に効果的な方法とは?

ライズプランニング

物やサービスで溢れる今の時代、CMもいろいろなCMで溢れかえっています。

 

その中でもCMを見てから消費者が消費行動に移行しやすいCMというのがつまり効果的なCMと言えますね。

 

もちろんCMとして印象に残っていくことが大切ですが、CMが印象に残らなくても、そのCMが記憶に焼きつかなくても

なんとなく無意識に消費行動に移っていることがあると思うんです。

関連記事:印象的なCMの特徴とは

 

それが一番わかりやすいのが飲料のCMなんじゃないかなと私は思っています。

 

飲料のCMには実はいろんな「飲みたくなる」工夫がされています。

今回は飲料のCMで使われている効果的な手法についてお話してみたいと思います。

 

聴覚に訴える

 

飲料CMの中で一番よく使われているけれどあまり視聴者には意識されていないように感じるのが「ゴクッゴクッ」という飲料を飲む音ではないでしょうか。

 

正直本当に飲料を飲む時はそこまでこのゴクゴク音というのは出ません。

 

こういう表現はテレビ業界ではよくあるもので、「リアルにはそんな音は出ないけれど、音を足すことによってより表現が伝わりやすくする」という手法があります。

こういう仕事の専門は音響効果(音効さん)の仕事ですね。

関連記事:テレビ局の仕事内容はどんなものがあるのか

 

実はアルコール飲料のCMではこのゴクゴク音は自粛する流れになってきています。

 

アルコール飲料のテレビCMを見たアルコール依存症の方への配慮で、あのゴクゴク音が飲酒欲求を煽るから、というのが理由です。

逆を言えば、それだけ「飲みたい」という欲求を引き出すことのできる効果とも言えますね。

 

ただこれはやはりテレビCMの難しいところで、他の媒体に比べてテレビCMというのは不特定多数の人が受動的に受け取ってしまう広告なんですね。

 

例えばインターネット広告の場合は自分が検索したものが出てくるようになっていますが、テレビの場合はテレビを着けているだけでテレビCMが勝手に目についてしまうものです。

関連記事:広告の種類とそれぞれの強み

 

食事の時間にゴキブリ駆除剤のCMが流れてしまったり入れ歯洗浄剤のCMが流れてしまったり。

それと同じようにお酒を我慢している人の目にもアルコール飲料のCMが飛び込んできてしまうので、不適切な表現と見なされて自粛せざるを得ないテレビ的表現というのはあるものなのです。

関連記事:今のテレビはつまらない?その理由は?

 

その飲料が飲みたくなる状況を映す

 

飲料CMの手法としてあるのが「その飲料が飲みたくなる状況を映す」というものです。

 

例えば

  • お茶なら炊き込み御飯
  • スポーツ飲料なら部活後
  • アルコール飲料なら餃子などつまみとなる食べ物を食べている時

などなど、一緒に食べるものやシーンの組み合わせによってその飲料を想起させる、というやり方ですね。

 

人によって差はあるものの、やっぱり「○○の時は○○が合うね」というような定番というのはあると思うんです。

関連記事:テレビCMの広告効果にはどんなものがあるのか

 

飲料イメージに近いCM素材にする

 

飲料そのものをイメージしたような動画素材にする、というのも一つの方法です。

 

例えば炭酸飲料なら爽快感を出したり、夏のシチュエーションで撮影してみたり

他にもお茶のCMで草原イメージのCMなどもありますよね。

 

お茶の場合は色も合わせていて視覚的に訴える効果もあると思います。

 

なるべくその飲料に近いイメージの視覚効果を出すことによって、飲んだ時のイメージが湧きやすいようにしているんですね。

 

タレントでイメージを付ける

 

どのCMにも言えることですが、有名なタレントさんを起用してそのタレントさんによって飲料にイメージを付ける、という手法もあります。

 

「あの人がCMをやってるなになにね」という印象になることを狙っているんですね。

 

ただ、有名タレントを起用することにはメリットだけでなくデメリットもあるので注意が必要です。

 

タレントさんの印象ばかりが強くなってしまって結局消費行動に結びつかないCMになってしまったり、タレントさんを起用するだけで制作費が跳ね上がってしまったり。

詳しくはこちら:CMに有名タレントを起用するメリットとデメリット

 

CMはやれば効果が得られるわけでも、印象に残れば売り上げが上がるわけでもありませんので

そういったところは慎重に考えてCMの内容を制作していく必要があります。

関連記事:CMプランナーが考えていること

 

飲料によって違うCMの使い方

 

飲料CMの効果的な手法についてお話してみましたがいかがだったでしょうか?

 

その飲料の特徴もあるでしょうから、どの手法が合う合わない、というのは商品によって様々です。

 

結局のところどういうユーザー層を狙っているのか、どういう宣伝効果を狙っているのか、というところを考えなくてはいけないのは飲料でも飲料じゃなくても変わらないことです。

関連記事:男性脳と女性脳を考慮したCMの作り方

 

ライズアドバートではCMに関するご相談も承っています。

CMをやりたいけれどどこから始めればいいかわからない、という企業様、お気軽に下記フォームよりお問い合わせください。

 

では今日はこのあたりで。

記事のシェアはこちらから!

テレビCMに関するお問い合わせ

15秒30秒のスポットCM広告を出したいタイムCMを出したい見積もりが欲しい広告全般のご相談