サイト運営会社
CM・広告の仕組み

アーンドメディアとは?ユーザーのリアルな声を使ったマーケティング展開

アーンドメディア

広告主として、扱う商材や自社ブランドの認知の向上のために

どのようなメディアを利用しようか、ということは常に考えられていることだと思います。

 

メディアは大きく分けて

  • オウンドメディア
  • アーンドメディア
  • ペイドメディア

という三つのメディアに分けることができ、それらはトリプルメディアと呼ばれています。

 

この中の一つであるアーンドメディアについて、

広告代理店である弊社ライズアドバートが掘り下げてお話してみたいと思います。

 

アーンドメディアとは

 

アーンドメディアとは

TwitterやFacebookなどに代表されるSNSや、

ユーザーが運営しているブログなどに代表される、消費者が主体となって情報が流通してるメディアのことを指します。

 

それに対して、

オウンドメディアは主体が広告主側。

自社ブログや企業の公式Twitterでの発信などがそれにあたります。

 

ペイドメディアは広告メディアが中心となるメディアで、

テレビCMや雑誌広告など、企業側がお金をかけて広告を出すメディアのことを指します。

このペイドメディアは他のメディアに比べると即効性がある、というのが強みです。

 

ではアーンドメディアの強みは何か。

 

これは「ユーザーのリアルな声」です。

もはや消費者は、何かを買う時は口コミを見ない、という人の方が少ないのではないか、

というくらい、消費者のリアルな声というのは消費活動の場においてとても大切な情報となっています。

 

芸能人のブログで紹介されていた、というところから

友達が使って、Twitterで「よかった」とつぶやいていた、というところまで

生活はこの口コミで溢れているように思います。

 

こういった口コミは「実際に使った人の声」ですから

その商品を一番魅力的に映してくれる情報なんだと思います。

関連記事:ブロガーに学ぶ、広告マーケティング

 

広告主のアーンドメディアの利用方法

 

アーンドメディアというのは広告主がコントロールすることができるものではありません。

あくまでアーンドメディアというのは消費者が主体となって運営されているメディアのことを指します。

 

もちろんお金を払って口コミを書いてもらう、というやり方もありますが

口コミがかなり不自然だったりすると、それはそれで企業の信頼を失うこともあります。

 

口コミは良い口コミだけでなく、悪い口コミも見た上で

納得して消費活動に移るユーザーが多いのです。

 

ではこういったアーンドメディアを企業が利用する利点について考えてみましょう。

 

ユーザー調査

 

アーンドメディアを分析することによって、ユーザーの調査を行うことができます。

 

どんなユーザー層が商材を利用しているのか、

さらに「ここをもっとこうしたらいいのに」だとか「商品のここに不満を持った」といったリアルな声も見ることができます。

 

これは自社の開発に活かしていくことができる情報だと思います。

 

新商品を出した時の反応を見ることができれば

その商品をずっと作り続けるか、期間限定で終わらせてしまうか、という判断もすることができます。

 

さらに、どういったものがユーザーから求められているのか、ということも把握することができますから

より、マーケティングもしやすくなってくるでしょう。

関連記事:SNSの広告効果として考えられること

 

ユーザーとの接触

 

SNS上では気楽にユーザーと接触、会話をすることが可能です。

 

ユーザーが困っていることに対してサポート窓口を案内したり、

提案をしてみたり、

または良い口コミを拡散したりなど、

SNSの企業公式アカウントでユーザーとの接触を頻繁に行っている企業というのはどんどん増えてきています。

 

「企業」というイメージは消費者にとってはやはり少し硬いイメージですが、

SNSなんかでユーザーと絡んでいる企業は、消費者からのイメージが大きく変わるようで

「どこどこ企業の公式さん、すごい可愛い」というような言われ方をしている企業も多くなってきています。

 

オリジナルアイコンを配布したり、

積極的にユーザーと絡みに行っている公式は、フォロワーも増えますから

SNSアカウントがオウンドメディアとしても機能し、一石二鳥なんですね。

関連記事:SNSで動画広告をするメリットとコツ

 

消費活動の向上

 

SNSでの口コミを公式サイトに埋め込んだり、

商品の口コミをユーザーに見せることによって、消費活動を向上させることができます。

 

その口コミは敢えて間引きせずに、

悪い口コミもそのままのせてしまう方がよいでしょう。

 

もちろんそこに良い口コミがバランスよく存在するなら、ですが。

 

人が良いと言うものは

なぜか良いものに見えてくるものなのです。

 

みなさんもAmazonで買い物をする時は一通りレビューを見るでしょう。

関連記事:ドキュメンタリー動画で企業のプロモーションを行う方法

 

広告を出稿するなら

 

弊社ライズアドバートは広告代理店ですので、

広告を出稿したい、という皆様からへ広告プランのご提案をさせていただいております。

 

  • オウンドメディア
  • アーンドメディア
  • ペイドメディア

のバランスにも注目して、ご予算やブランディングに合わせた広告プランをご提案させていただきますので

まずは下記フォーム、またはチャットより、お気軽にお問い合わせください。

関連記事:広告主が広告を出す時に考えなくてはいけないこと

 

 

では今日はこのあたりで。

ABOUT ME
TACHIBANA
TACHIBANA
テレビでCMを打つ、となると身構えてしまう人がたくさんいると思います。でも実はテレビ広告はやり方によっては手軽に、そして楽しく挑戦してみることのできる広告です。テレビの楽しさを多くの人に知ってもらえるように執筆していきます。




15秒30秒のスポットCM広告を出したいタイムCMを出したい見積もりが欲しい広告全般のご相談