テレビCMの広告効果にはどんなものがあるのか

ライズプランニング

テレビでCMをやるとどんな広告効果が得られるのか?ということを考えたことはありますでしょうか。

CMしたい内容にもよってきますが、テレビCMの広告効果には実はいろんなものが挙げられます。

 

CMを検討している場合は特に気になることだと思うので、今回はテレビCMの広告効果にどんなものがあるのか、ということについて話してみたいと思います。

 

購買意欲を高める

 

青汁

 

これはテレビCMの広告効果の中でも一番最初に思いつくものでしょう。

 

CMで商品を紹介する場合なんかは購買意欲を高める、というテレビCMの広告効果を得ることができます。

実際にテレビCMを見て購入したいと思う人もたくさんいます。

 

特に単価の安めな商品なんかはテレビでCMを見たら、次にスーパーに行った時に購入してくれる、などコンバージョンに結びつきやすいイメージがありますね。

 

単価の高い商品に関してはドキュメンタリー調のCMにしてみるのも良いと思います。

 

青汁のテレビCMなどはかなり秀逸に作られたCMだと思います、

「健康」というものをテーマにするだけで、ドラマを作ることができますし、そこにドラマが生まれることによってより人の心を動かすことのできるテレビCMになります。

 

最終的には広告である、というオチですが、やっぱり見ていて感動してしまうこと、私もあります。

 

あとはテレビショッピングとかも長尺のCMの代表例ですね。

 

単価が高いものは購買意欲をかきたてるのがやっぱり安価なものよりも難しいです。

なので、長尺のCMにして、いかにその商品のことをうまく魅せることができるのか、ということが勝負になってきます。

関連記事:テレビショッピングの効果は本当にあるのか?

 

知名度を上げる

 

知名度を上げる

 

企業の名前ですとか、サービス名などといった実際に物としてあるものではないもののCMをする時は

知名度を上げる、という広告効果が得られます。

 

もちろんたくさんあるCMの中から人の印象に残るようなCMを作らないと知名度に直接は繋がらなくなってしまいます。

 

人が1日に触れるCMの数は平均約200、とも言われており、さらに、その中から視聴者が思い出すことができるCMの割合は約3割と言われています。

 

テレビCMをしたからといって必ず知名度を上げられるわけではないんです。

CMを作るためにどんな宣伝効果を得たいのか、ということを先に考えるのが重要です。

関連記事:印象的なCMの特徴とは

 

印象付け

 

会社の印象

 

広告効果の中で、視聴者に印象を与えることができる、というのも一つ挙げられます。

 

CMの内容によって商品、企業名、サービス名の印象を与える、という効果ですね。

 

例えば企業一つとっても真面目できっちりした会社のイメージなのか、ポップで明るく、現代的な会社のイメージなのか、ということはテレビCMで伝わると思うんですね。

そういう印象は必ず消費者活動に影響してきます。

 

CM内容による印象の話はホテルのCMを例にとっても話しています:ホテルのcmを作る時の手法

 

顧客を離さない

 

テレビのCMは単発ではありません。

 

「このCMずっと前からあるよね」と思うようなCM、あると思うんです。

 

そうやってCMを流し続けることによって「消費者に忘れられない」という広告効果も実はあります。

 

大量生産大量消費のこの社会では物やサービスが溢れすぎていて、どうしても何かしらのアクションを起こし続けないと消費者の心の中に留まり続けることはできません。

 

広告効果でプラスになっていくものももちろんありますが、こうした「マイナスにしない」という広告効果も実はあるんです。

関連記事:企業の認知度を上げる方法として考えられること

 

ホームページへの誘導

 

ホームページへの誘導

 

テレビCMの難しいところはどうしても映像なので流れていってしまう刹那的な広告である、ということなんです。

 

ただ、今はインターネットが普及していますから、流れていかない広告、というものももちろんネット上にあるわけです。

 

テレビCMを見て気になった商品を手元のスマホで調べる、ということはきっと多くの人が日常茶飯事的にやっていることだと思います。

特に今はながら視聴が当たり前の世の中になってきましたからね。

 

だからテレビCMをやることによってそこから視聴者をインターネットのホームページに誘導する、という広告効果もあります。

 

逆にホームページへの訪問者を増やしたいからテレビCMをやりたい、という方も増えてきています。

関連記事:テレビcmをする時ホームページも作りこんだ方がいい理由

 

信頼度

 

テレビCMをやることにおいて得られる効果は、テレビCMを見たことがある人へ向けてだけではありません。

 

これは私が経験的に感じたことですが、「テレビCMをやっている、もしくはやったことがある」ということにとても価値があるんですね。

 

企業などは特にCMをやったことがある経験があるだけで「ちゃんとしている会社」という風に認識されませす。

 

「CMでもやっているんですよ〜」という話をするだけで、途端にユーザーの反応が変わったりすることが多々あるんですね。

関連記事:テレビcmの効果には「信頼」もある

 

テレビCMの広告効果は多岐に渡る

 

テレビCMにはどんな広告効果があるのか、ということを話してみました。

考えてみるとテレビCMにはたくさんの広告効果があるんですよね。

 

CMをやりたい、という時は逆に、どんな広告効果を狙ってやるのか、というところから考えるとCMの内容、さらにCMの予算なども考えやすいかもしれません。

CMの予算についてはこちら:CMは一本いくらで作れるのか

 

弊社ライズアドバートではテレビCMを中心にみなさまの広告宣伝のお手伝いをさせていただいております。

ご興味やご質問などございましたら是非お気軽に下記フォームよりお問い合わせください。

記事のシェアはこちらから!

テレビCMに関するお問い合わせ

15秒30秒のスポットCM広告を出したいタイムCMを出したい見積もりが欲しい広告全般のご相談

ABOUTこの記事をかいた人

TACHIBANA

テレビでCMを打つ、となると身構えてしまう人がたくさんいると思います。でも実はテレビ広告はやり方によっては手軽に、そして楽しく挑戦してみることのできる広告です。テレビの楽しさを多くの人に知ってもらえるように執筆していきます。