フリースポットCMについて、広告代理店が解説。

ライズプランニング

テレビCMには

  • タイムCM
  • スポットCM

という二つのCMの種類があります。

 

特定の番組のスポンサーなってその番組内のCM枠でCMを流すのがタイムCMで

特定の番組のスポンサーにはならずに、大まかな時間帯や曜日を決めてテレビCMを放映する方法がもっとCMです。

 

それぞれメリットデメリットがあり、CMのターゲット層やどれくらいの予算でテレビCMをしたいかということによって

どちらを選ぶべきかは変わってきます。

 

ただ初めてテレビCMを放映するという企業に関しては、

融通がききやすいスポットCMの方がお勧めと言えるでしょう。

 

今回はそのスポットCMの中でも、フリースポットCMと呼ばれるCMの放映の仕方について

広告代理店である弊社ライズアドバートが解説をしてみたいと思います。

 

スポットCMの放映の仕方

 

スポットCMでは、曜日や時間帯をある程度指定してテレビCMを放映することができます。

 

例えばサラリーマンをターゲットにするCMであれば

逆Lと言って、平日の夜と土日をフルタイムで指定してCMを放映するやり方があります。

 

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜日
             
             
             
             
             
             

 

このような形ですね。

 

これに加えて通勤前にテレビを見る時間や、お昼休みの時間なども含めたヨの字型というCMの放映方法もあります。

 

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜日
             
             
             
             
             
             
             

 

スポットCMではこのように曜日や時間帯を大まかに指定し、その中でテレビCMを放映するというやり方が一般的ですが

全日、もしくはフリースポット契約と呼ばれるのが、時間帯や曜日を指定せずにテレビCMを放映するやり方です。

 

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜日
             
             
             
             
             
             

 

具体的に言うと、放送局と広告主の間で時間帯夜番組の指定を一切せずに

定められた期間内で指定した歩数を放送するのがフリースポット契約です。

関連記事:スポットCMを打つのに料金はいくらくらいかかる?

 

フリースポットCMの特徴

 

フリースポットCMの場合、テレビ局がテレビCMを放映する枠を独自に決めることができるので、

テレビCM一本あたりの単価が破格の値段で設定されていることが多いです。

 

逆Lやヨの字、というような時間帯を指定してスポットCMを行っている企業がたくさんありますが

そういった企業のCMでまずは広告枠を埋め、空いた広告枠の中にフリースポット契約のCMを入れていくという形ですね。

 

このようなバランスでテレビCMの枠が埋まっていているので

フリースポットCMの契約は単価が安くなるというわけです。

関連記事:スポットCMとは?そのメリットや特性を広告代理店が解説!

 

フリースポットCMを行う時の注意

 

フリースポットCMは先ほどお話ししたように、余っている広告枠を使ってCMを放映していきます。

 

なのでテレビCMが集中しやすい時期である、

  • 予算を使い切るためにCM枠が混雑する3月
  • オリンピックなどのスポーツ的なイベントがある時

この時期はフリースポットCMは避けた方が良いと思います。

 

せっかく安価で応援することができるフリースポットCMですが、

テレビCMの単価というものは、の単価というものは需要と供給のバランスによって決まりますので

需要が大きい時は必然的に単価も高くなってしまいます。

 

フリースポット契約だと放映できる広告枠がない、ということもあるでしょう。

 

フリースポット契約でテレビCMを行う場合は、

CMが混雑しないような時期を選ぶことをお勧めします。

 

さらに広告枠は毎日どんどん埋まっていくものですから、

ギリギリでテレビCMを放映することを決めてしまうと、想定している霊のテレビCMを打てなくなる場合があります。

 

ある程度の広告枠を獲得するために、フリースポットCMでCM放映を行うのであれば、

ある程度時間的な余裕を持ってCM依頼をした方が良いでしょう。

 

その方が料金的にも安くなる場合が多いです。

関連記事:CM制作の料金を格安にする方法とそのメリットデメリット

 

フリースポットCMのメリット

 

フリースポットCMは曜日や時間帯の設定ができないため、

特定のターゲット層にCMを届けるということがなかなかできにくくなります。

 

ターゲット層がある程度明確に決まっていて、そういったターゲット層にCMを通知させることによってCM効果を上げていきたいという場合は、

フリースポットCMよりも、時間帯や曜日を指定してスポットCMを行った方が良いでしょう。

 

ただ逆に「テレビCMの放映を行ったことがあるという実績を残したい」ということであれば

フリースポットCMが最適だと言えます。

 

CMで即時的な効果を得るのではなく、

「テレビCM放映を行ったことがある」という実績のためにCM放映を行う、ということですね。

 

まだまだテレビという媒体の影響力は強いですし、

テレビCMはどのような企業でも放送することができるというものではありません。

 

公共の電波に乗せるわけですから、考査というきちんとした審査があります。

 

そのためテレビCMを放送することができる企業というだけでも、顧客の信頼度を上げることができるのです。

 

経験としてテレビCM行いたいという場合は、フリースポットCMが最適だと言えるでしょう。

関連記事:広告を出す時に注意したい、考査について

 

弊社ライズアドバートは広告代理店ですので、テレビCMを行いたいという企業の皆様へ広告プランのご提案をさせていただいております。

 

また、弊社はもともと番組制作会社から始まったという経緯があり、

グループ会社で映像制作も合わせて行うことができるようになっております。

 

余計な中間マージンが発生することなく、CM素材制作から、広告枠の獲得までワンストップサービスでご提供することが可能ですので

ご興味ご関心がございましたら、下記フォームまたはチャットよりお気軽にお問い合わせください。

関連記事:CMのお試しをしてみませんか?

 

では今日はこの辺りで。

記事のシェアはこちらから!

テレビCMに関するお問い合わせ

15秒30秒のスポットCM広告を出したいタイムCMを出したい見積もりが欲しい広告全般のご相談