テレビ番組のディレクターをフリーでやるメリットとデメリット

テレビ番組の制作にいろんな会社や個人が関わっている、ということをみなさんご存知でしょうか?

 

テレビ番組を作る仕事をしたいと思っている人はみなさんテレビ局に就職しようと頑張るのですが、

実際テレビ番組制作の現場にはテレビ局員ばかりが働いているわけではありません。

 

割合で言ったらテレビ局員の割合の方が少ないでしょう。

 

番組を作っているのはテレビ局員だけでなく、

他の番組制作会社の人やフリーランスのディレクターなどなのです。

 

弊社ライズプランニングはテレビ局出向型の番組制作会社なので、弊社にもテレビ局で番組制作スタッフとして働くスタッフがいます。

 

テレビ業界に未経験で入る場合は、制作の現場では最初AD(アシスタントディレクター)として仕事を始めるようになります。

 

しかしADとして働く全員が全員、ずっとADとして働いていくわけではありません。

アシスタントディレクターですからADはディレクターのアシスタントな訳で、アシスタント業務をこなしながら必死にディレクターやプロデューサー、その他の番組制作スタッフの技術を盗み、学んでいるのです。

 

そして数年の経験を経て、ディレクターやプロデューサーなどに昇格してくADも少なくありません。

弊社の場合は情報、報道系の番組が多いので、平均すると約3年ほどでADからディレクターへと昇格しています。

 

そして自分個人のスキルが、テレビ業界界隈で通用するようになり、

しっかりとした信頼関係をテレビ局スタッフや周りの制作会社のスタッフと築くことができたら

独立してフリーランスになるディレクターも多いのです。

 

今回はフリーランスのディレクターの仕事事情についてお話してみたいと思います。

 

番組の掛け持ちができる

 

フリーでテレビ番組のディレクターをするようになると、スケジュールも自分で組むことができるようになるので

オファーがくれば、複数の番組のディレクターを並行して務めることもできるようになります。

これは制作会社に所属しているうちはなかなか難しいことです。

 

しかし、これは誰もができることではありません。

 

ディレクターの仕事は簡単な仕事ではありません。

一つの番組のディレクターをやるだけでも多くの時間がそちらに割かれることになります。

 

つまり複数本の番組を掛け持ちすることはできても、

それだけスケジュールを自分でやりくりしてうまく時間を作っていかないとパンクしてしまう、ということなのです。

 

自分のキャパシティを正確に理解して、

仕事をどう引き受けていくのか、どうやって複数本の番組を並行していくのか、ということをきちんと計画することができないと複数本の番組を掛け持ちする、なんていうことはできません。

 

自分を過信しすぎて、複数の番組を安請け合いしてしまい、結局手が回りきらなかった、となったら

そこで関わってくれた人たちからは二度と仕事がこなくなってしまうでしょう。

 

フリーランスは信頼が命です。

 

自分のことを信頼して仕事を任せてくれる人に対して、誠意ある仕事ができなければ仕事は続いていきません。

 

その点やはりフリーランスでディレクターをやるというのは自由だけれど、難しい道ですね。

関連記事:番組を作る時のディレクターの責任の重さ

 

給料が上がる

 

番組制作会社やテレビ局員よりはやはりフリーランスのディレクターの方がお給料は高くなります。

 

テレビ局の番組のディレクターをやる、ということはつまり

テレビ局とそのディレクター個人との直接契約になるわけですから、桁が一桁違うほどお給料が変わることもあります。

 

もちろんフィールドはテレビ局だけではなく、番組制作会社や今だと動画配信系の企業と契約することもありますが

やはりお給料の幅がぐんと上がるのはテレビ局との契約ですね。

 

しかし、つまりは個人との契約、という形になるわけですから

やはりそういった働き方ができるのは限られたディレクターだけです。

 

テレビ局としても、会社を通さず個人と契約をする、というのはリスキーなことですからね。

 

本当に信頼がおけて、その人に任せる意味がある、と思ってもらえるようなディレクターじゃないと、フリーランスで仕事を続けていく、というのは難しいのです。

関連記事:ディレクターの仕事の、他の仕事とは違うところ

 

仕事がなくなる可能性もある

 

仕事がなくなる可能性というのは常にあります。

 

どのような職業でも同じことが言えると思いますが、

やはりフリーで仕事をしていくわけですから、自分で仕事をとっていかなくてはならず、仕事がなくなってしまう可能性とは常に隣り合わせになるわけです。

 

ディレクターの仕事内容は番組を作ること。

クリエイターの部類に入ると思います。

 

ですがフリーのテレビディレクターとして仕事をし続けていくためにはクリエイターの顔だけでは生きていけません。

自分で営業もしなくてはいけないし、何より自分のことを信頼してくれる人をたくさん作らなくてはいけないのです。

 

フリーでテレビディレクターをやることによって融通がききやすくなるところはたくさんあると思いますが、

それによって自分がしなくてはいけないことが増える、というのもまた事実です。

 

フリーとしてやってみるのももちろん選択肢としてありだと思いますけれどね。

 

弊社ライズプランニングではテレビ番組制作の現場で働きたいというスタッフのエントリーをお待ちしております。

未経験はもちろん、経験者大歓迎です。

 

情報、報道系の番組で働きたい、という方、ぜひお気軽に下記フォームよりお問い合わせください。

関連記事:テレビ番組制作会社に入るなら、最初は報道か情報番組がいい理由

 

では今日はこのあたりで。

記事のシェアはこちらから!

テレビ業界への就職・転職に関するお問い合わせ

テレビ業界への転職を検討している新卒でテレビ業界へ就職したいテレビ業界に関するご質問全般

ABOUTこの記事をかいた人

TACHIBANA

テレビでCMを打つ、となると身構えてしまう人がたくさんいると思います。でも実はテレビ広告はやり方によっては手軽に、そして楽しく挑戦してみることのできる広告です。テレビの楽しさを多くの人に知ってもらえるように執筆していきます。