HTBへの転職について

HTBは北海道テレビの略称です。

今回はHTBの転職についてです。

 

HTB北海道テレビとは

 

番組

 

HTBといえば、『水曜どうでしょう』という番組がまず浮かぶ人が、多いのではないでしょうか。

特に、道外の人で、HTBを知っている人は、必ずこの番組を口にしています。

 

地方局のテレビの人気番組は、他の都道府県でも放送されていますが、

『水曜どうでしょう』は、中でももっとも多くの県で、放送されている番組の一つです。

 

大泉洋さんはじめとする、TEAM NACS(チームナックス)は、本当に人気がありますね。

 

また最近では、『おにぎりあたためますか』という番組も、他県で放送されています。

北海道ではコンビニで、お弁当だけでなく、おにぎりもあたためてもらうという、ことが当たり前で、

独特の風習と言っていいと思います。

 

おそらく寒い地方だから、おにぎりをあたためるということなんでしょうね。

確かにあたためた方がおいしいおにぎりもありますが‥。

 

以前、札幌でその話になった時に

「え!おにぎりあたためるのは、当たり前でしょ!」と言われたことがあります(笑)

 

さて、HTB北海道テレビが、もっとも多くの人を、導入して番組を作っているのは、

『イチオシ!』と『イチオシ!モーニング』でしょう。

 

朝と夕方の情報番組でいわゆる看板番組ですね。

 

キー局の番組とミックスではなく、全て自社で朝と夕方の情報番組を作っているところが特徴で、

地元密着型なので、多くのファンがいるのも事実です。

関連記事:テレビ番組制作の流れってどんな感じ?

 

場所と創立

 

北海道の地上波は札幌に拠点がありますが、NHKと民放のうち4つの局が、

すべて、中央区に位置しています。

 

そんな中で、HTBだけが南北線の南平岸という、ちょっと離れた場所にあるんですね。

近くに公園もある、落ち着いた場所です。

 

この場所にあることが、HTBの良い特徴にもなっていたと思うのですが、

2018年の秋には他局同様、大通り近くに引越しすることになっています。

 

寂しい気がする人も多いと思いますが、

便利になることは確か。

 

もともと営業部門は、大通り近くの場所にありましたから、不便だった部分もあったかと思います。

 

そういう意味では、場所的にいろいろと便利になることは間違いないですね。

 

新たな場所は、近代的な商業ビルの中。

引越しは大変ですが、これで全ての局が中央区にあることになります。

 

これからHTBに転職したいと考えている人は、引越し後の住所と、HTBの新しい場所を考えておいた方がいいと思います。

 

さて、HTBの創立は1967年で、札幌の民放5局の中では、

  1. HBC1951年
  2. STV1958年
  3. HTB1967年
  4. UHB1972年
  5. TVH1989年

というように3番目にできています。

 

各都道府県によって、テレビ局ができる順番はいろいろなのですが、

比較的早い時期にできていますね。

 

創立50年を超えていることになるので、かなり歴史があります。

関連記事:北海道のテレビ局と番組

 

HTBに転職するには

 

正社員の場合

 

さて、HTBに転職したいと考えている人もいるのではないでしょうか。

 

その理由は、

  • もともと入りたかったけど、新卒の時に正社員に入れなかった人。
  • テレビの仕事には携わったけど、やはりHTBに転職したいという人。
  • 最初は別の業界に行ったけどやはりHTBに転職したいという人。

 

テレビ局に新卒で入るのは、やはり狭き門なので、なかなか難しいと思いますが、

中途採用で入っている人も、います。

 

最初にダメだったからといって、諦めず、中途でチャレンジするのもいいと思います。

 

これは、HTBに限らず、キー局でも中途採用で入っている人は、ちょくちょくいますね。

テレビ関係の仕事についているけど、やはりテレビ局に入りたいという人もいます。

 

テレビ局の、特に制作の現場には、正社員以外の人が大勢いて、番組を作っています。

 

HTBや、その他のテレビ局で何かしらのテレビの仕事に携わっていた人や、

または、局外の制作会社で、番組制作の完パケもの(出来上がった状態のテープにして、納品するもの)を作っていたけど、やはりテレビ局で働きたいという人。

 

または、全く別の業界にいたけど、テレビの仕事がしたいので、中途で入りたい。

こういう人はちょっと減りますが、それでも何人かにあったことがあります。

 

正社員の方で、以前は金融関係にいたという、中途採用の方もいましたね。

関連記事:テレビ局の中途採用を受ける時に注意したいこと

 

正社員以外の場合

 

HTBに転職する方法は、正社員だけではありません。

 

特に制作の現場には、正社員以外の人たちが大勢います。

制作会社の人だったり、派遣会社の人たちといった、

正社員以外の人たちがたくさん、テレビ局に来ていて、

みんなで、番組を作り上げているのです。

 

この構図は、全国ほぼ共通で、東京のキー局などは番組が多いので、

実に多くの会社から、正社員以外の人が来ています。

 

HTBの場合も、複数の会社から、正社員以外の制作スタッフが来ていて、

看板番組の『イチオシ!』や『イチオシ!モーニング』、またはバラエティ番組の『ハナタレナックス』や、

『おにぎりあたためますか』、などを作っているんですね。

 

もしHTBに転職したいとしたら、このように外部の会社に入って、そこからHTBで働くという方法があるわけです。

特に、制作に興味がある人は、この方法だと、必ず制作にしかいかないので、いいかもしれません。

 

転職時期は、一概に言えませんが、欠員が出た時ですね。

ただ、募集がどのようにかかるかは、その時々なので、

北海道のジョブきたなど、転職サイトを注意しておくのも良いと思います。

 

弊社ライズプランニングはテレビ局出向型の番組制作会社で、札幌のテレビ局で制作のお仕事をしたい、という方を募集しています。

 

番組制作会社に所属しながら、テレビ局内でアシスタントディレクターとして働いていただくお仕事になります。

ご興味がございましたら下記フォームよりエントリーしてください。

 

こちらから改めてご連絡させていただきます。

関連記事:札幌でテレビの仕事をしませんか?【求人情報】

 

では今日はこのあたりで。

記事のシェアはこちらから!

テレビ業界への就職・転職に関するお問い合わせ

テレビ業界への転職を検討している新卒でテレビ業界へ就職したいテレビ業界に関するご質問全般

ABOUTこの記事をかいた人

motorin

テレビ専門の広告代理店ライズアドバートの「motorin」です。新しいモノやサービスが世の中に知られる過程において、広告というものは大きな意味を持ちます。そして、その中でも、異色な存在として扱われているのがテレビ媒体なのです。テレビ広告とは何だろうか?テレビ広告にはどんなメリットがあるのか?そんな事について書いていきます。