ネットでCMをやるメリット

ライズプランニング

最近ではインターネット上でCMをやることが増えてきました。

テレビもネットと連動している企画がぞくぞくと出てきています。

関連記事:テレビとsnsの可能性

 

宣伝広告媒体にはいろんな媒体がありますが、どの媒体で広告を出すのが一番効果的なのか、ということはすぐにわかるものでもないですよね。

関連記事:宣伝広告メディアを比較してみた。

 

今回はネット上でCMをやるメリットについて詳しく説明してみたいと思います。

 

CMが飛ばされない

 

ネットのCMは飛ばすことができないようになっているCMも多く、またテレビのようにチャンネルを回す、という機能がありません。

ネットのCMを見る人はそのCMが明けたあとの動画の内容を確実に見たいと思っている人が多いです。

 

なのでネットでCMをやることによって、そのCMを最初から最後まできちんと見てもらえる可能性が高まる、ということなんですね。

 

テレビの場合は「CMの間だけ他のチャンネルを見ておいてCMが終わりそうになったらまたチャンネルを戻す」ということができますが

ネットのCMの場合はそうもいきません。

 

CMにある程度の情報が詰まっていて、しっかりと見て欲しい、という意図がある場合はネットでCMをするのはとても効果的だと思います。

 

CMに尺制限がない

 

CMに尺制限がない、というのはネットCMのメリットの一つです。

 

基本的にテレビCMの場合は15秒・30秒のCMが多いですが

ネットの場合は尺に制限がないCMを作ることができます。

 

もちろんテレビの場合でもCM形態を変えて、テレビショッピング型にする、などといった工夫をすれば長尺のCMを作ることも可能ですが

放送する枠もとらなくてはいけないので尺が自由、というわけではありません。

関連記事:テレビショッピングの効果は本当にあるのか?

 

また、テレビCMに関してはお試しをするなどして何度か試行錯誤しつつCMをすることをおすすめしています。

  • 放送地域
  • 放送時間帯
  • タイムCMにするかスポットCMにするか

などといった条件を工夫することによってテレビCMもお試しができるようになってるんですね。

関連記事:CMのお試しをしてみませんか?

 

テレビCMの場合は地域を限定したりすることができますが、ネットのCMの場合はどの地域でも基本的に見あられるものです。

もちろんそれに合わせて内容コンテンツを作っていかなくてはいけません。

逆に地域を限定してCMを作るメリットは組み込めないのが難点でもあります。

関連記事:ローカルCMをやるメリット

 

テレビの場合はCMの尺制限があるのでなんども挑戦してその度に改良していく、ということがしやすいのですが

CMに尺制限がないネットCMではそれだけCMの自由度が高い、ということであり、CMのPDCAを回しづらい、という難点もあります。

 

長すぎるCMを流してしまって飽きられてしまったら意味がないですからね。

尺制限がない分何をCMに取り入れて何をCMには入れないのか、という情報の取捨選択はとても重要だと思います。

関連記事:CMプランナーが考えていること

 

CMがながら視聴にならない

 

テレビの場合はテレビ番組本編自体もながら視聴になりがちなところがありますが、ネットでの動画視聴というのはその動画を能動的に見てる人が画面前にいるので

CM自体もながら視聴にならないことが多いです。

 

テレビCMを考える場合は、近頃ではこのながら視聴対策というのもとても重要になってくるんですね。

基本的にはスマホやタブレットなどに視線が行っていて、耳だけでテレビを見ている(聞いている)という人が多いのが今のテレビ視聴者の特徴です。

関連記事:テレビのながら見とCMの関係

 

なので印象に残るCMを考えるにはまず耳に訴えかけることのできるようなCMを考える必要があるんです。

関連記事:印象的なCMの特徴とは

 

これがネットCMの場合は「そのCMが明けたあとを楽しみに待っている視聴者」が相手になる場合が多いので

CMの作り方もぐっと楽になるんですね。

関連記事:CMの手法はどんなものがあるか?

 

ネットCMに向いている商材

 

ネットCMに向いている商材としては

  • 若年層・中年層がターゲット
  • ネット上でコンバージョンにつなげることができる商材

といった特徴を持つ商材が挙げられるかと思います。

 

ネットを使うのはやはり若年層、中年層が多いですし

そういう層はネットで買い物をする、ということに対してあまり抵抗感がありません。

 

それどころか、全てをネット上で完結させることができる、ということにメリットを感じる世代だと思います。

なのでネット上で買うことができる、もしくは制約することができるような商材はネットのCMの商材として向いていると言えるでしょう。

 

ネットCMをやるなら

 

ネットでCMをやるならまずCM素材となる動画を制作するところから始めなくてはいけません。

CM制作に関して詳しくはこちら:CM制作費の相場はいくらか

 

CMとして紹介したいものに合わせて内容もきちんと構成していく必要があります。

 

また、ネットのCM動画の場合はそれをそのまま別の媒体でCMすることもできます。

関連記事:電車のデジタルサイネージ広告は有効なのか?

 

弊社ではCMの内容から具体的にご相談をさせていただきますので、ご質問等ございましたらお気軽に下記フォームよりお問い合わせください。

記事のシェアはこちらから!

テレビCMに関するお問い合わせ

15秒30秒のスポットCM広告を出したいタイムCMを出したい見積もりが欲しい広告全般のご相談

ABOUTこの記事をかいた人

TACHIBANA

テレビでCMを打つ、となると身構えてしまう人がたくさんいると思います。でも実はテレビ広告はやり方によっては手軽に、そして楽しく挑戦してみることのできる広告です。テレビの楽しさを多くの人に知ってもらえるように執筆していきます。