テレビ局への転職は未経験でも大丈夫なのか

転職する、ということが珍しくなくなってきた昨今、今の職業とは全く別の分野で仕事がしてみたい!という人も増えてきているように思います。

中でも、テレビ局への転職は転職先に選ばれやすく、今まで全く別の仕事をしていたけれどやっぱりテレビへの憧れがあって

テレビと関わることができるようなテレビ局でのお仕事に転職してみたい、という人が多いんですね。

 

でもテレビ局でテレビ番組制作に関わる、となると専門的な知識がいるんだろう、だとか専門学校を卒業していないとなれないんだろう、と思っている人も多いようです。

 

テレビ局への転職は未経験でも大丈夫なのか?

今回はそんなことについて話してみたいと思います。

 

未経験の人は実は多い

 

実はテレビ局で働いている人のなかで、未経験でこの業界に飛び込んできた、という人は結構多いんですね。

そもそもテレビ局の仕事にはあまりマニュアルというものがありません。

その場で何が必要とされているのか、どんな仕事があるのか、ということを自分で考えてみんなその日その日の仕事を一生懸命こなしているような形です。

 

働きたい役職があるならそれにもよりますが、未経験でテレビ局へ転職したい、となるとまずはAD(アシスタントディレクター)としてテレビ局の番組制作の現場で働くような形になるでしょう。

 

アシスタントディレクターの場合は名前の通りディレクターのアシスタント業務になりますから

ディレクターのもとで仕事をこなす毎日になります。

詳しい仕事内容についてはこちら:テレビADの仕事内容

 

基本的には専門技術やスキルが必要な仕事ではなく、一番はディレクターと意思疎通がうまくとれるか、というところを重視されるので未経験でもできる仕事なんですね。

アシスタントディレクターとして経験を積んでいったらそこからランクアップしてディレクターになったりプロデューサーとして働けるようになっていく、という仕組みです。

 

テレビ局のなかで働いている

  • カメラ
  • 照明
  • 音声
  • 編集

などといった技術系のスタッフさんは経験が求められることもありますが、テレビ局のなかでは未経験でもやれる仕事が実は溢れているんです。

関連記事:テレビ局の仕事内容はどんなものがあるのか

 

テレビ局に求められる人

 

先述しましたが、テレビ局の仕事にはマニュアルというものがあまりありません。

 

なので自分で考えて動ける人が求められます。

逆に毎日ルーティーンの仕事があるわけではないので、単調な仕事が苦手な人には特に向いている仕事かもしれません。

 

また現場でアシスタントディレクターとして働くなら、やはりコミュニケーション能力は求められます。

アシスタントディレクターがディレクターの指示で街頭インタビューに行ったり、取材申し込みをしたりすることもあります。

つまりテレビ局とは関係のない一般的な人と交渉をしたりすることもあるわけです。

関連記事:テレビの街頭インタビューのコツ

 

もちろんディレクターとのコミュニケーションを密にとることも大切です。

 

なのでテレビ局での仕事に求められるのは経験やスキルだけではないんですね。

関連記事:テレビ局が求める人材

 

テレビ業界以外の知識が求められることも

 

実はテレビ局の仕事ではテレビ業界以外のことへの専門知識がとても重宝されることが多々あります。

 

というのも、テレビ局は視聴率をなるべくとりたい、という一心で仕事をしているので常に新しいものを視聴者へ提供したいと考えているんですね。

なのでテレビ業界の知識だけではコンテンツが成り立っていかないのです。

 

全く別の業界の専門的知識は、作っているテレビ番組に反映される、ということもあります。

結局テレビをみているのは全国の視聴者なわけですから、幅広い知識をコンテンツにして放送する、ということが求められるのです。

 

テレビ局に転職したい、という人は、テレビ関係に関しては未経験だったとしても

前職の知識やスキルを活かせる場がテレビ業界の仕事にはあるんです。

 

転職して経験を積んだら

 

テレビ局の仕事へ転職してアシスタントディレクターとして経験を積んだら、その後はディレクターやプロデューサーなどの仕事をしていくようになるかと思います。

 

そしてその後独立してフリーランスになる人も増えているんですね。

 

経験を積んでスキルや知識を身につけ、また人脈を増やすことでフリーランスとしても仕事ができるようになる、というのがテレビ業界の仕事の特徴でもあると思います。

 

テレビ業界の仕事はかなり実力主義的なところがあるので一般的な仕事とはそこが違うんです。

将来的にフリーランスとして仕事がしたい、という人はかなり早めの段階でフリーランスになれる可能性が高いのがテレビ業界の仕事です。

 

テレビ局へ転職したいなら

 

テレビ局への転職について話してみましたがいかがだったでしょうか?

 

実は未経験でも、自分の考えた企画がすんなり通ったりすることもあるのがテレビ業界の仕事です。

大切なのはテレビを好きという気持ちと、テレビを作ってみたいという気持ちかもしれません。

 

ライズプランニングではテレビ局への派遣事業や広告代理店事業を営んでおります。

テレビ業界のお仕事にご興味がありましたらぜひ下記フォームよりお気軽にお問い合わせください。

記事のシェアはこちらから!

テレビ業界への就職・転職に関するお問い合わせ

テレビ業界への転職を検討している新卒でテレビ業界へ就職したいテレビ業界に関するご質問全般

ABOUTこの記事をかいた人

TACHIBANA

テレビでCMを打つ、となると身構えてしまう人がたくさんいると思います。でも実はテレビ広告はやり方によっては手軽に、そして楽しく挑戦してみることのできる広告です。テレビの楽しさを多くの人に知ってもらえるように執筆していきます。