テレビ関係の仕事に就きたい人へ、その仕事内容と実際の求人情報

弊社ライズプランニングはテレビ局出向型の番組制作会社です。

主に情報・報道番組の制作スタッフが所属しており、毎日実際にテレビ局のフロアの現場で仕事をしています。

 

今回はテレビ関係の仕事に就職したい、と思っている人へ向けて、実際のテレビ関係の仕事の内容や、

弊社での求人情報、具体的にどんな人が現在のテレビ業界に求められているのか、ということについてお話していきたいと思います。

 

テレビ関係の仕事の種類

 

まず、テレビ関係の仕事、と一口に言っても様々な種類があることをご存知でしょうか?

 

例えば、テレビ番組を一つ作るには何十人、何百人という単位でスタッフが関わっており、

その全てがテレビ局のスタッフ、というわけではなく、テレビ局のスタッフは一部で、そこにたくさんの制作会社が入っています。

 

一つの番組に関わっている制作会社が複数あることがほとんどです。

 

仕事の種類も

  • カメラマン
  • 音声
  • 照明
  • 美術

などの技術的な仕事もあれば

  • AD
  • ディレクター
  • プロデューサー

など、経験と統率力で仕事をしているスタッフも多くいます。

 

収録番組の場合は、収録をするその時間そのものだけでなく、

そこから使えそうな素材をピックアップして切り貼りをし、そこに音や効果をつける、といった工程もあり、ここにもまたさらに専門スタッフがつくことになります。

 

テレビ関係の仕事に就きたい、と考えている方はまずはこういったテレビ業界のいろいろな仕事について調べてみることをおすすめします。

 

その中で自分は何がやりたいのか、どんなものに魅力を感じるのか、ということを改めて考えてみましょう。

関連記事:テレビの仕事の種類と内容

 

 

テレビ業界が未経験で、とにかくテレビ関係の仕事がしてみたい、という方は、最初はテレビ番組のアシスタントディレクター、つまりADとして働くことになるかと思います。

 

実際に弊社でもまずはADスタッフとして現場で働いていただくような形になっています。

 

テレビADには資格は必要ありません。

現状ADとして番組の仕事をしているスタッフも、未経験のところからテレビ関係の仕事にいきなり入ってきた、という方がほとんどです。

 

しかし、だからといってADの仕事が誰にでも勤まる、というわけではありません。

 

ADの仕事はマニュアルのようなものがあるわけではなく、現場に行って、仕事をしていくうちに覚えていくものです。

なぜならテレビ関係の仕事そのものがほとんど現場主義で、外野にいるうちから学べることといえば技術系の仕事くらいだからです。

 

基本的には何もわからない状態から現場に入って、右も左もわからないままに怒られながら仕事をしていかなくてはいけません。

 

そしてそこで、能動的に動けない人はずっと仕事ができないままです。

 

現場は常に時間と戦っており、回り続けています。

そんな中で、他の人たちに食らいついて行って、「これはどうすればいいんですか?」「何をすればいいですか?」ということを自ら聞いていけるような人でないと、

テレビ関係の仕事を長くしていくことは難しいと思います。

 

なかなか最近の仕事現場ではないことかもしれませんね。

 

ただ、逆にいえば、こういったことさえできるのであれば、テレビ関係の仕事をしていくのは資格がいるものでもないので

とても楽しく、長く続けていくことができると思います。

 

好きかどうか。

そこが一番重要なのかもしれません。

 

ADの仕事は入る現場によって様々で、同じADだとしても、別の現場に入ればやる仕事はずいぶん異なってきます。

  • 番組で使う資料の準備
  • ロケハン
  • お弁当の手配
  • 出演者のフォロー

といったものが中心ですが、番組ADでも番組の企画アイデアを求められたり、実際にそれが採用されたりすることもあります。

関連記事:ADでも仕事の企画が通ることがある

 

テレビADの将来

 

テレビADとして数年経験を積んだ後は、ディレクターやプロデューサーとして活躍する人が多くなっていきます。

 

ディレクターやプロデューサーになると、それまでの仕事の実績や人脈を活かして、

仕事をフリーランスでやっていく、という選択肢を選ぶこともできるようになります。

 

自分で企画した番組をたくさんの人と一緒に作りあげていく仕事ができるようになるので

こういった方向性を目指してADになる人もたくさんいます。

 

しかし、こういった目指すポジションが定まっていないと、ADとして数年経験を積んでからも、

その後自分のキャリアをどう発展させていったらいいのか、ということがわからなくなってしまう、という人も多くいます。

 

ADはあくまでアシスタント。

そこからどういう方向性に自分のキャリアをシフトさせていきたいのか、ということもテレビ関係の仕事に就く上ではきちんと考えていかなくてはいけないことなのです。

関連記事:ADに転職したい、という人が考えるべきこと

 

こんな人を求めています

 

弊社ライズプランニングでは実際に報道・情報番組のフロアでお仕事をしてくださるスタッフの方を募集しています。

 

先述した通り、未経験でもかまいません。

ただ、テレビ関係の仕事は誰にでもできる仕事、というわけではなく、好きな気持ちがないときっと「こんなはずじゃなかったのに」と思う現場だと思います。

 

テレビ関係の仕事に情熱をもって取り組める人を現場は求めています。

 

テレビ関係の仕事がしたい、という方はぜひ下記フォームよりお問い合わせください。

ご質問等もチャットで受け付けております。

関連記事:テレビ関係に就職したい人がやっておくべきこと

記事のシェアはこちらから!

テレビ業界への就職・転職に関するお問い合わせ

テレビ業界への転職を検討している新卒でテレビ業界へ就職したいテレビ業界に関するご質問全般

ABOUTこの記事をかいた人

TACHIBANA

テレビでCMを打つ、となると身構えてしまう人がたくさんいると思います。でも実はテレビ広告はやり方によっては手軽に、そして楽しく挑戦してみることのできる広告です。テレビの楽しさを多くの人に知ってもらえるように執筆していきます。