広告を出す時に注意したい、考査について

広告の考査

広告、中でも特にテレビCMを放送する時は考査、という試験のようなものを通過して、

テレビCMを放送しても良いですよ、という許可をもらう必要があります。

 

テレビCMを出したい、と思った企業が、

CMの制作費と広告料を支払えばテレビCMを放送することができるのか、というとそういうわけではないんです。

 

その法則で行ってしまうとテレビCMというものの信頼性もなくなってしまいますからね。

 

今回はその広告の「考査」というものに関して

広告代理店である弊社ライズアドバートが詳しく説明してみたいと思います。

 

考査項目

 

広告を出す時に考査される項目は大きく分けて

  • 業態審査
  • CM表現考査

の2種類です。

 

それぞれ詳しく見てみましょう。

 

業態考査

 

業態考査、というのは広告を出したいという企業がどんなサービスを行っているのか

信頼できるきちんとした企業なのかどうか、ということを調べる考査です。

 

お金がたくさんあっても、実態があやふやだったり不明瞭なサービスを展開していたりすればその企業はCM広告を出すことはできません。

 

業態考査では主に

  • 会社概要
  • 登記簿謄本等
  • 連絡先
  • 商品現品
  • 商品説明書
  • 広告原稿(CM絵コンテ)

といったものを基準に考査が行われます。

 

これらの資料は考査の時に必要になってくるものですので、CM広告を出したい、と思った時に準備する必要があります。

 

会社概要などはパンフレットなどがあると良いですが

もしない場合は公式ホームページをチェックすることになります。

 

パンフレットも公式ホームページもない、という企業は考査には通りにくくなるので

どちらもない場合は用意する必要があるでしょう。

 

公式ホームページは外注すればすぐにできるものですし、

今は会社概要を調べるのにホームページを見る人も多いですから、あって損はないと思います。

 

ただ、公式ホームページだけでも不明瞭な部分がある場合は決算資料などの資料提出を求められることもあります。

 

業務内容全般が詳細にわかるように、情報を盛り込む必要があるでしょう。

 

現品がある商品をCMとして放送する場合は

その現品そのものや、それに付随する説明書、パンフレットなども必要になってきます。

関連記事:CMの考査って何だろう?を代理店が徹底解説!

 

CM表現考査

 

上記の業態考査の他に、具体的にCM内容に関しても考査が入ります。

これがCM表現の考査です。

 

具体的には

  • 放送基準に抵触していないか
  • 各種法令に違反していないか
  • 業界の自主基準、公正競争規約等に違反していないか

というところを考査されます。

 

放送基準では

  • 最大級表現
  • 陰惨・残虐・暴力的な表現
  • 性的な表現

などが禁止されています。

 

また、業界によってはその業界内で広告表現のルールがある場合があります。

 

自動車なら自動車公正取引協議会、化粧品なら日本化粧品工業連合会といったその業界のルールを設けているところがありますので

そのルールに準拠していることが前提となります。

 

そこから外れてしまっている表現が含まれているCMの場合は考査は通らず、CM広告をすることはできません。

 

特に医療業界、やダイエット食品関連のCMの場合は考査が通りにくくなります。

 

こういった考査の部分は企業の方達は専門ではないと思いますので、そこをアドバイスさせていただくのが弊社ライズアドバートのような広告代理店です。

 

ブランディングを考えつつも、そのCMがきちんと放送できるように考査を通せるよう尽力するのが広告代理店の仕事なのです。

関連記事:cmをやりたい時の広告代理店の選び方

 

考査はテレビ局によっても異なる

 

CM広告の考査というのはテレビ局によって少しずつ異なるものでもあります。

 

全国ネットのテレビ番組でも、

一部地域で考査が通らず、放送ができなくなった、という番組がありました。

 

この地域では流せてもこの地域では流せない、というものが多少あるものなのです。

 

こういったところも、広告代理店が精通しておりますので

広告代理店と相談しながらCM広告を進めていきましょう。

関連記事:全国でCMをする方法とその注意点

 

考査にCMの価格は関係ない

 

たまに

「この内容だと考査が通りにくいですが、〇〇万円広告費用をかけることができれば、考査を必ず通します」

というような表現をみかけることがありますが、

考査に金額は関係ありません。

 

考査というのはテレビ局が信頼を崩さないために、きちんとした情報をきちんとした会社が流す、ということを目的としている制度ですから

こういったテレビ局との金銭の授受はありえないことなんですね。

 

もしもこういったことがあれば、それはテレビ局が信頼を失い、局の存続をも揺るがす事態になるでしょう。

 

そもそもテレビの放送事業というのは国から許可をもらってやっている許可事業です。

国民のためになるただ強い情報を流す、ということが大前提で行われている事業なのです。

 

なので金額を積んだから考査が通りやすくなる、ということは絶対にありません。

関連記事:初めてテレビコマーシャルをやる時のCMの作り方

 

テレビCMを放送するなら

 

弊社ライズアドバートはテレビCMを中心とした広告代理店です。

 

もともとテレビ番組の制作会社として始まった、という経緯があり、弊社ではCM制作も併せて行っておりますので

CM素材の制作から広告枠の獲得までをワンストップサービスでご提供することができ、余計な中間マージンが発生することもありません。

 

考査に関してもブランディングを踏まえて上でご相談させていただきながら進めて参ります。

 

CMをご検討されている企業の方、

ご予算段階からのご相談でもかまいませんので、下記フォーム、またはチャットよりお気軽にお問い合わせください。

関連記事:CM制作費の相場はいくらか

 

 

では今日はこのあたりで。

記事のシェアはこちらから!

テレビCMに関するお問い合わせ

15秒30秒のスポットCM広告を出したいタイムCMを出したい見積もりが欲しい広告全般のご相談

ABOUTこの記事をかいた人

motorin

テレビ専門の広告代理店ライズアドバートの「motorin」です。新しいモノやサービスが世の中に知られる過程において、広告というものは大きな意味を持ちます。そして、その中でも、異色な存在として扱われているのがテレビ媒体なのです。テレビ広告とは何だろうか?テレビ広告にはどんなメリットがあるのか?そんな事について書いていきます。