サイト運営会社
テレビ業界の裏話

テレビの仕事で転職するのはよくあること、人生のステージに合わせた働き方。

テレビの仕事は転職も多い

テレビ関係の仕事に転職したいという人、実は多くなってきているのではないかなと思います。

 

テレビ関係の仕事の中で、所属するテレビ制作会社から別のテレビ制作会社へ移籍するということもあります。

テレビ関係の仕事というのはかなり働き方を変えていくことが出来る仕事なんです。

 

弊社ライズプランニングはテレビ局出向型の番組制作会社ですが

自分の人生のステージに合わせて働き方を変えていくということをおすすめしています。

 

異業種からの転職

 

全くテレビとは関係ない仕事をしていた人が未経験のまま転職してくるということもテレビ業界ではあることです。

 

多くの人がテレビ業界は未経験でゼロからスタートをするので

全くの異業種から転職をしてくるという人もいるんですね。

 

もちろん最初はわからないことだらけだと思うので覚えることも多く仕事は大変だと思います。

 

しかし異業種から転職してくる人のほとんどが、「ずっとテレビ関係の仕事をするのが夢だった」という人が多いので

大変な仕事ではあるけれど楽しんで仕事をすることができる人が多いのかな、という印象です。

 

未経験からテレビの仕事をスタートする人は多いので、新しく仕事を覚えることに抵抗がなければ未経験で入ってきてもきちんと仕事をこなしていくことができるでしょう。

 

またテレビの仕事というのは番組の中でいろいろなものを扱っていく仕事なので

全くの異業種の経験も、テレビの仕事に生かすことができる場合というのがあります。

 

何かを深く知っているということが、テレビを制作する上で役立ったりするものなのです。

関連記事:テレビ局への転職は未経験でも大丈夫なのか

 

異動するという例

 

弊社はテレビ局出向型の番組制作会社で、

全国のテレビ局と繋がりがあるので、弊社に所属しながら別のテレビ番組の制作に入るという、異動の例もあります。

 

もちろんこれは強制的なものではなくて、

例えば地方のローカル局で働いていたけれど、

東京のキー局で働いてみたいという気持ちが強くなってきて、地方から東京へ上京してくるという例があります。

 

制作会社自体は変わらないのですが出向するテレビ局、テレビ番組が変わるというような形ですね。

 

上京してくる場合は社宅も用意しておりますので、家探しの相談にも乗っています。

 

自分の働きたい場所で仕事をしていくというのが、これからはますます大切になってくる働き方なのではないかなと考えています。

関連記事:東京キー局に勤めるADはどこに住むのがいい?シェアハウス情報も!

 

移籍するという例

 

制作会社から別の制作会社へ移籍するという例もあります。

 

制作会社には繋がりがある番組があれば繋がりのない番組もありますので、

どうしてもこういう番組をやりたいという具体的なものがあるのであれば、そちらの制作会社へ移籍をしていくというような形になるでしょう。

 

すでに制作会社で働いていたというキャリアがあれば「制作会社間での移籍」というのもそこまで難しくはありません。

 

テレビ業界の仕事で育てていくのは自分の専門的なスキルですから、

キャリアが長くなれば長くなるほど自分の働き方の選択肢が増えていくと思います。

関連記事:番組制作会社の種類は大きく分けて2つある?就職する時どっちを選べばいいの?

 

フリーになるという選択肢

 

未経験の場合は制作の仕事はアシスタントディレクターからスタートになると思いますが、

人によって前後はあるものの、数年でディレクターやプロデューサーに昇格していくことができるでしょう。

 

そうやってキャリアを積んでいけばフリーランスで働くという働き方の選択することができます。

 

フリーランスで働くことができれば自分のプライベートによりペースを合わせて働くことができるようになりますから

例えば妊娠をしていたり育児をしていたりというような女性ディレクターがフリーランスとして働きながらプライベートの時間も大切にするというスタイルを取っている例もあります。

 

若い時にキャリアを積んで、周りからの信頼の獲得することができれば、

こういった働き方もすることができるようになるのがテレビの仕事の良いところなのではないかなと思っています。

関連記事:テレビ局で仕事をする女性に産休はあるのか

 

人生のステージに合わせた働き方

 

キャリアがあれば自分の人生のステージに合わせた働き方ができるのがテレビ業界の仕事です。

 

その会社で必要なスキルではなく、社会に通用する専門スキルを育てていくことができるのです。

 

弊社ライズプランニングでは実際にテレビ局内で働いてくださるアシスタントディレクターの方を募集しています。

ご興味がございましたら下記フォームよりエントリーしてください。

 

またテレビ業界の裏側や専門技術について学びたいという方はオンラインサロンPMCA(ぺんくり メディア クリエイターズ アカデミー)も運営しています。

現役のテレビ業界スタッフから、テレビ業界の中のことを学ぶことができるオンラインの専門学校です。

こちらもぜひご活用ください。

関連記事:テレビ局への転職を考えている人が考えるべきこと

 

では今日はこのあたりで。

ABOUT ME
TACHIBANA
TACHIBANA
テレビでCMを打つ、となると身構えてしまう人がたくさんいると思います。でも実はテレビ広告はやり方によっては手軽に、そして楽しく挑戦してみることのできる広告です。テレビの楽しさを多くの人に知ってもらえるように執筆していきます。




テレビ業界への転職を検討している新卒でテレビ業界へ就職したいテレビ業界に関するご質問全般