CM制作の料金を格安にする方法とそのメリットデメリット

料金を格安でCM制作をする方法

CMを流すにはまずCMで放送するための映像素材を制作しなければなりません。

CM制作を格安で行うにはどうしたらいいのでしょうか。

 

CM制作の種類

 

テレビCMには

  • 15秒CM
  • 30秒CM
  • 1分以上の長尺CM

などといった種類があります。

 

それぞれについて少し説明してみたいと思います。

 

15秒CM

 

CMの基本と言えば15秒のCMです、

特にスポットと呼ばれるCMは基本的にこの15秒CMがほとんどです。

 

もしはじめてCMをやるのだとしたら、この15秒CMを考えるのが良いと思います。

関連記事:テレビのスポットCMを打つ意味

 

30秒CM

 

30秒CMはタイムCMと呼ばれる番組提供型CMの基本となります。

 

最初からタイム型のCMをやるという事は比較的少ないかと思いますが、

タイムCMをする場合の基本は30秒となります。

関連記事:タイムCMとスポットCMの違い。どちらを選べばいいの?

 

1分以上の長尺CM

 

CMの基本は15秒なのですが、最初から長尺のCMを作る場合もあります。

 

例えば、サプリメントなどは効能をしっかりと伝えたいので、15秒ではなかなか難しくなります。

その場合は1分以上の長めのCMを作ってそれを流すのも良いと思います。

 

CMの尺は商品に合った長さを選ぶのが重要だと思います。

 

CMを安く制作する方法

 

それではCM制作費用をなるべく安く押さえるにはどうしたらいいのでしょうか。

15秒のCMで考えたいと思います。

 

  • 動画撮影をしない
  • 画像は手持ちのスチール写真のみとする。
  • ナレーションはプロにお願いするが、著名な人にはたのまない。
  • 何度も直しをすると都度費用がかかるので、修正は1~2度に押さえる。
  • 音は入れるが無料の音源を使用する。

こういった制約の中でCMを制作するとかなり格安でCMを制作することができます。

 

動画撮影をしないとロケハンやロケに行く必要がありませんから、その分制作費を安く押さえることができるんですね。

その代わりに、画像はスチール写真を使用します。

 

プロの写真家に撮ってもらうと、時には動画より素晴らしいものが撮れたりしますが、この場合に言っているスチール写真はお手持ちの写真です。

社内にある自由に使える写真を言います。

 

会社のパンフレット用に撮った写真や、社内の写真などですね。

 

CMのナレーションは重要だと思いますからきちんとプロのナレーターさんにお願いするのが良いと思います。

ただ、ナレーターさんも著名な方からそうでない方まで、いろいろいらっしゃいます。

 

著名な方は声を聞いただけで「聞いたことがある!」という印象を視聴者に与えることができるかもしれませんが、

たとえ名前が有名でなくてもプロの方にお願いすればきちんと理想とするものが出来上がってくるでしょう。

 

著名なナレーターの方にお願いするとそれだけでナレーションにかける費用が跳ね上がってしまいますが、

あまり名前が有名でないナレーターの方なら費用を抑えることが可能です。

 

さて、CMが仮に出来上がってくると、どうしても細部が気になるものです。

 

もう少しこうすればいいのかな、この言葉をもう少し変えたいとかいろいろ出てくるものです。

まして、CMにかかわる担当者が多いといろんな意見も出てきます。

何度も直しを入れるのは費用もかかってきますので、コンテの状態で、なるべくこれでいいのか詰めておくのが良いと思います。

出来る限りイメージをつかんでおくという事です。

 

効果音や音楽はどうしても必要なので無くすわけにはいきませんが

音源も無料の物もあれば、有料の物、または作曲家にお願いして作ってもらうオーダーメイドもあります。

 

聞いたらすぐにわかるイメージソングをプロの作曲家に作ってもらうことも有効だとは思いますが

費用を安く押さえる場合は、無料の音源を使うと良いでしょう。

関連記事:テレビCMの料金の仕組み

 

CM制作を安くするメリットとデメリット

 

会社としてはなるべく制作費を押さえたいと思うのはどの会社も同じだと思います。

 

だからと言って、安ければ何でもいいかというとそうでもありませんよね。

ではCM制作を安くするメリットとデメリットは何なのでしょうか。

 

CMを格安で制作するメリット

 

  • 制作費が安く押さえられるので会社として助かる。
  • 著作権に左右されないので、長く使うことができる(ただしナレーションについては、若干かかります)
  • CMの作り直しもしやすい。
  • 費用が安いので1つだけでなく数種類のCMを作ることも可能。
  • CMの制作費用を抑えたことで、CMの枠取りの方に費用をかけることができる(多くCMを流せる)

などいろいろありますね。

関連記事:動画プロモーションの活用方法と、制作における注意点

 

CMを格安で制作するデメリット

 

ではデメリットは何かというと、どうしてもCMとして見劣りしてしまうことでしょうか。

 

特にキー局や全国ネットで流れるCMは制作にも費用をかけたものが多く見受けられます。

 

それらと比べるとどうしても見劣りしてしまうことがあるのは否めません。

 

ただ、地方局や独立局で見られるCMにはさほど費用をかけていないCMも多々見られます。

要はどれだけの人に見てもらえるか、購買に繋がるかが重要なので、割り切ればいいだけでしょう。

 

CMをするだけでそれなりに社内の士気も上がるものです。

ある程度の費用をかけてこだわりを持って作り、それを社内で告知すると更に士気はアップするかもしれません。

関連記事:テレビCMの広告効果にはどんなものがあるのか

 

CM制作費用を安く押さえるお勧めの方法

 

CM制作費用を安く押さえて、デメリットをなくすための方法の一つとして

  • 社内の写真
  • 社員さん達の写真
  • 社長の写真

などを起用するという方法があります。

 

社員にとっても知っている場所、知っている人がCMで流れるのはわくわくするものです。

 

社内で撮影できるのであれば撮影をして動画制作費をかなり格安で行うことができるでしょう。

 

ただし、CMをする商材により、合う合わないというのはありますのでケースバイケースですね。

いずれにしてもCMを安く制作する方法があるという事が少しおわかりいただけたでしょうか。

 

弊社ライズアドバートでは動画の制作から広告枠の獲得までをワンストッップサービスで提供しております。

通常は動画制作と広告枠の獲得は別の会社が行うのでそこに中間マージンが発生しますが、

グループ企業内で完結できる弊社の場合は余計な費用をかけることなく、テレビCMを放送していただけます。

 

ご予算に合わせたプランをご相談させていただきますので、まずは下記フォーム、またはチャットより、お気軽にご相談ください。

関連記事:CM動画の制作、広告枠の獲得までをワンストップサービスで。

 

では今日はこのあたりで。

記事のシェアはこちらから!

テレビCMに関するお問い合わせ

15秒30秒のスポットCM広告を出したいタイムCMを出したい見積もりが欲しい広告全般のご相談