【東京観光】三ノ輪の商店街

今日はCMの撮影で三ノ輪へ。

東京は荒川区。唯一残っている都電荒川線の始発の場所でもあります。
さびれつつある商店街が多い中、
ここには元気な商店街が残っていました。

 

東京唯一の都電が走る街、三ノ輪

 

年配の人に聞くと、

「昔は東京にもたくさん都電が通っていたんだぞー」
とおっしゃいます。

 

でも現在残っているのは早稲田ー三ノ輪を結ぶこの荒川線のみ。

 

たった一両の電車で、コトコトと頑張って走る姿はレトロ感あふれています。

東京に住んでいても乗ったことがない人が多いんじゃないかと思います。

 

私は都電の飛鳥山停留所の近くに住んでいるのですが、実はあまり乗ったことはありません。

理由は2つ

  • 遅いこと
  • 座れないこと

です。

都電は線路があるとはいえ、普通の道路を横切って走っているわけです。

電車に比べて停留所の間隔も狭いし遅いのはしかたがないです。

 

ただ、本数だけは結構ありますよ。

時には次の電車が見えていることもあるくらいです。
ただ、どうしても座れないんですよねー。
いや、座りにくいというか……。

私も若くありませんが、都電の乗客は圧倒的に高齢者が多いんです。

運よく座ってもまずすぐにゆずることになりますから、座らないことにしています。
加えて時間もかかるので、疲れちゃうなあと。
それで乗らなくなったわけでした。軟弱な自分……。

というわけで今日も都電ではなく地下鉄で三ノ輪へ。

 

昔ながらの商店街がある三ノ輪

 

「ジョイフル三ノ輪」という商店街の名前も看板の字が古ぼけてよく見えないくらい、
昔ながらの商店街という感じの三ノ輪。

いかにもシャッター街かなーと思うのですが、
歩き始めると昼間の平日でも意外に人が多い。

何となく活気があって、今どきの商店街にしてはめずらしい。
おやおや、ここは……
楽しいかも!

これから撮影現場に行くというのにパン屋さんでパシャリ!

%e4%b8%89%e3%83%8e%e8%bc%aa%e3%83%91%e3%83%b3%e5%b1%8b

こんな感じで並ぶパン。ね、おいしそうでしょう(ちょっと写真が下手ですが……)。
実際にはもっとたくさんのパンが並んでます。
ちなみに私は後でカツサンドと、クリームドーナツを買いました。
我ながらヘビーな組み合わせ。
カツは肉厚でやわらか。
クリームがなんともおいしかった!

それから目を引いたのが漬物屋さん。
今時こんなお店あるんだ……
%e4%b8%89%e3%83%8e%e8%bc%aa%e3%81%a4%e3%81%91%e3%82%82%e3%81%ae

これ全部手作りの漬物。
そのお店の方が作っています。
その日はゴボウの皮をゴシゴシとこそげていらっしゃいました。
値段も安いですよねー。

仕事の途中でなければ買ってみたかった。

ついでにこんなお店も
%e4%b8%89%e3%83%8e%e8%bc%aa%e7%b7%8f%e8%8f%9c%e5%b1%8b%e3%81%95%e3%82%93

これはお総菜屋さん。
樽の上にケースを置いて、お惣菜を売っているところが何となく気に入って撮ってみました。
なんだかお惣菜にはもったいないようなケース。
でもおいしそうに見えました。

%e4%b8%89%e3%83%8e%e8%bc%aa%e3%81%8a%e5%bc%81%e5%bd%93%e5%b1%8b%e3%81%95%e3%82%93

お弁当300円!
ついでにお弁当まで撮っちゃいました。
東京荒川区、
物価安いですよね……。

東京は何でも高い!と思っている皆さん。
そんなことはないです。

機会があればぜひ一度三ノ輪にも行ってみては?
何となく懐かしくて、ホッとする昔懐かし商店街です。

三ノ輪にCM撮影に行ったのは……

今回、三ノ輪に行ったのは、
商店街の中にあるドラッグストアのCM撮影のためでした。

朝9時頃に現地に入り、10時頃から撮り始め、
夜8時くらいまで撮影を行いました。丸一日ですね。
人や場所、いろいろな画を撮って、その後編集を行います。

日本の真ん中、東京で働いていても、行動するのは限られた場所になってしまいがちですが、

CM制作の仕事をしていると、近いけれど足を運んだことのない、魅力的なところに行くことができます。

 

こういう小さい発見ができるのは、この仕事の楽しみの一つかもしれません。

記事のシェアはこちらから!