全国のテレビ局について解説。

ライズプランニング

知らない人もいますが、実はテレビは全国で同じ番組が同時に流れているわけではありません。

テレビ局も東京だけでなく、全国各地にあります。

もちろんテレビ塔だってたくさんあるんです。

 

スカイツリーだけで全国に放送しているわけではないんですよ。

 

ずっと同じところに住んでいるとあまり気になりませんが、引越しや転勤をすることになったら、引越し先でも同じテレビ番組を見ることができるのか、ちょっと気になりませんか。

 

全国の都道府県にはそれぞれいくつのテレビ局があるのでしょうか。
チャンネルが多い県、少ない県はどこなのでしょう。

 

全国の民放テレビが見られる所、見られない所

 

NHKは全国で見られるので、どこに転勤になっても大丈夫です。

では民放はどうかというと

民放にはキー局と呼ばれるテレビ局が5つあります。

それは

  • 日本テレビ
  • TBSテレビ
  • フジテレビ
  • テレビ朝日
  • テレビ東京

です。

系列局5局が全てある(映る)都道府県

 

キー局である5局は全国に系列のテレビ局があります。

では全国全ての都道府県に5つの系列局があるかというと残念ながらそうではありません。

 

もともと、一部の県の情報が薄くならないように、全国の都道府県を同等にしようという構想もかつてはあったようですが、様々な成り行きがあり、全国の都道府県に同じ数のテレビ局を作ることはできなかったんですね。

タイムCMとスポットCMの違い。どちらを選べばいいの?を参考にしてもらいたいのですが、タイムCMとスポットCMが存在する意味もこういった要因が1つにあるんですよね。

効率的にCMをやっていく時に、「どの地域のどこの局に出すのか?」という事を考えるのも代理店としての大切な仕事なんですよね。

 

系列局5局が全て映る都道府県は

  • 関東地域(東京、千葉、埼玉、神奈川、栃木、茨城、群馬)
  • 関西地域(大阪、京都、兵庫、奈良、和歌山、滋賀)
  • 東海地域(愛知、岐阜、三重)
  • 北海道
  • 福岡
  • 岡山
  • 香川

です。

 

系列局のうちテレビ東京以外の4局すべてがある都道府県

 

系列局のうちテレビ東京以外の4局、つまり

  • 日本テレビ
  • TBSテレビ
  • フジテレビ
  • テレビ朝日

が映る県は

  • 岩手
  • 宮城
  • 山形
  • 福島
  • 新潟
  • 長野
  • 静岡
  • 石川
  • 広島
  • 愛媛
  • 長崎
  • 熊本
  • 鹿児島

これら13県です。これだけなんですよね。「全ての県で系列局が全て映る」と思っている人って実は多いんですよね。

 

テレビCMを出した事があるというクライアントさんでもこれを知らない人って実はいるんですよね。出張などが多い方だと、

「この県はあそこの局が映らない」という事を知っていたりする事もあるのですが、基本的には知らない事の方が多いのです。

 

日本テレビ、TBS、テレビ朝日系列がある県

 

  • 日本テレビ
  • TBS
  • テレビ朝日

の系列局がある県、つまりフジ、テレビ東京系列がない県は

  • 青森
  • 山口
  • 大分

の3県です。

 

日本テレビ、フジ、テレビ朝日系列がある県

 

  • 日本テレビ
  • フジ
  • テレビ朝日

これらの系列局があり、TBS、テレビ東京系列がないのが

  • 秋田
  • 福井

の2県です。

 

日本テレビ、TBS、フジ系列がある県

 

  • 日本テレビ
  • TBS
  • フジ

の系列局があり、テレビ朝日、テレビ東京系列がないのが

  • 富山
  • 鳥取
  • 島根
  • 高知

の4県です。

 

TBS、フジ、テレビ朝日系列がある県

 

  • TBS
  • フジ
  • テレビ朝日   

の系列局があり、日本テレビ、テレビ東京系列がないのが沖縄県です。

 

日本テレビ、TBSの2局のみの県

 

日本テレビ、TBSの2局のみの県は

  • 山梨
  • 宮崎

です。

 

1局のみの県

 

  • 徳島(日本テレビ系列のみ)
  • 佐賀(フジテレビ系列のみ)

 

この2県はキー局の系列局が1つしかありません。

 

テレビ局が少なくても大丈夫

ただし、5つの系列局すべてが無いからといって、他の系列局の番組が全く見られないわけではありません。

テレビ局が少ない県では系列を超えた番組も放送されていますし、ケーブルテレビ、またインターネットの見逃し配信もありますからがっかりしないでください。

CS放送でCMをする効果ではCSについても書いているので、CSについて詳しく知りたいと言う人はこちらを参考にしてみてください。

関連記事:地方局のテレビを視聴できるようになる未来

 

特に最近はケーブルテレビの加入率も高くなってきていて、主要系列局が無い県は隣の県からケーブルを通じて隣の県の系列局で放送されているテレビ番組がケーブルテレビで配信されている場合もあります。

 

場合によっては録画しなくても好きな番組が2回見られた、なんていうラッキーなこともあるわけです。

 

これは実は政府の考え方で
テレビは国の許可事業ですから、なるべく全国民が平等に情報を得ることができるようにという大前提の考え方がテレビ局を作る時から構想としてあったんです。

 

もともとは全国の都道府県に同等の数のテレビ局ができるのが目標でした。
ところが様々な要因で、テレビ局の少ない県もできてしまったのです。

 

そのためケーブルテレビなどを利用して隣の県から情報を取ることができるよう、国から指示があるんですね

 

また関東や関西や東海地域のように1県ではなく数県にまたがって広く電波が発信される地域もあり、
これはこれで広すぎて困る問題もあるので、そのような巨大地域については各県ごとに独立局というものができています。

 

このようなことからもテレビは国の許可事業で、考査はいろいろうるさいけれど、変な企業はCMできないし、やっぱり信用があるんだなとちょっと感じるわけなのです。

テレビCMをやった、というだけで会社の信頼性は格段にあがりますからね:テレビcmの効果には「信頼」もある

 

系列局以外の独立局

 

さて先ほども少し触れましたが、地上波には上記の系列局以外に独立局と呼ばれるテレビ局があります。

それらがある場所は関東地域、関西地域、東海地域に限られています。

 

独立局については独立U局と民放系列局の違いでも書きましたが、民放系列局の数が少ない地域に独立局があるかというとそういうわけでは無いのです。

 

このように住む県によってテレビ局の数は違っているので、チャンネルの数も違います。

数年後にはテレビ局によるネット同時配信が始まる予定ですが、そうなったら、これまで見られなかった地域の番組が、インターネットで見られるようになると思います。

関連記事:CMは一本いくらで作れるのか

 

全国のテレビ局の将来

 

今後はインターネット配信とテレビ局がどのような関係で発展していくのか、ということに注目が集まりますね。

 

視聴率とcmの関係性という記事でも話しましたが、テレビ局は広告主に放送枠を提供することによってお金を儲けていますから、視聴率がどれくらいとれているのか、ということにとても敏感です。

 

ですがこれからもっとインターネット配信にテレビ局が乗り出すようになると、視聴率の計測方法も変わっていかなくてはいけないでしょうし

コンテンツの内容もまた、変化していなくてはいけないのでしょう。

関連記事:変わるべき視聴率計測方法

 

とはいえ、テレビだからこそ出来ること、ということももちろんあるはずです。

これからどのようにテレビが進化していくのか、楽しみですね。

記事のシェアはこちらから!

テレビCMに関するお問い合わせ

15秒30秒のスポットCM広告を出したいタイムCMを出したい見積もりが欲しい広告全般のご相談