サイト運営会社
テレビ業界の裏話

ポストプロダクションってどんな場所?どういう人が働くのか。

ポストプロダクション

テレビ業界に関わる仕事をするようになるとよく「ポスプロ」という言葉を聞くようになると思います。

 

このポスプロというのはポストプロダクションの略で、

映像制作する上では必ず必要な工程を担っているところになります。

 

今回はテレビ局出向型の番組制作会社である弊社ライズプランニングがポストプロダクションについて詳しく説明してみたいと思います。

 

ポストプロダクションとは?

 

ポストプロダクションは編集スタジオや編集所と呼ばれることもあり

映画やテレビ番組、CMやPV、企業VPなどの映像制作の中で、撮影したテープやデータなどを編集、加工する作業を行うところです。

 

カメラでの撮影が終わった後に、制作会社のディレクターなどが素材をポスプロに持ち込み

ポスプロのスタッフに作業指示を出しながら編集作業を行っていきます。

 

編集作業が立て込むことが多く、ほぼ軟禁状態で仕事が行われることがとても多いです。

 

編集を行った上で、実際に放送されるテープとなる「完パケ(完成パッケージ)」が出来上がり

この内容と同じものがテレビで放送されたり、映画として上映されたりします。

関連記事:就活時に知っておきたい、テレビ局とテレビ局の子会社の違い

 

どんな仕事があるのか?

 

ポスプロでの仕事は

  • 映像編集の仕事
  • 音編集の仕事

大きく分けてこの二つの仕事に分けることができます。

 

基本的に映像編集と音編集の仕事は分けて行われることが多く、

映像編集の現場ではエディターやオペレーターが、また音編集の現場ではミキサーや MAオペレーターと呼ばれる役職の人たちが仕事を行っています。

 

映像編集と音編集の仕事を兼業している人はあまりいません。

 

・映像編集の仕事

 

バスプロで行われる映像編集の仕事では、まず持ち込まれたデータや素材などをマシンルームでダビングコピーしたりデジタイズしたりする作業が行われます。

 

持ち込まれるテープは色々な種類があり、

編集室にあるマシンルームと呼ばれる、様々な再生機によって編集するためのフォーマットに変換されます。

 

編集にはテープからテープへ編集を行うリニア編集と、持ち込まれるテープ素材をデータ化しパソコン上で編集を行うノンリニア編集があります。

 

テープ素材を編集前にデジタルデータに取り込む作業をデジタイズと呼び

これは主にエディターのもとについているアシスタントの仕事になることが多いです。

 

ノンリニア編集の作業はパソコンで行われますが、元のデータはテープであり

さらに完パケとして納品するのもテープの形であることが多いため、一度デジタイズしてデジタル素材にし、編集を行った上でさらにまたテープの形に戻すという作業が行われています。

 

つまり素材の持ち込みも、納品も、

未だにアナログな形で行われているのが映像制作業界と言えます。

 

制作の現場で働いているのではなく、趣味で映像制作を行っている人たちの方がよっぽど新しい機材などを使って、

デジタルな作り方をしているのではないかなと思います。

 

色々なものが変わってきているとはいえ、新しいものを使って行こうとすると

機材を全て交換していかなくてはいけないため、プロの現場はアナログな形が残っているところがまだまだ多いです。

関連記事:テレビ業界の仕事はどんな人が向いてる?意外とアナログな業界事情

 

・音編集の仕事

 

音編集の仕事はMAと呼ばれ、音の加工や追加などを行っていく仕事となります。

 

ただ映像に合わせて音をつけていく仕事になるので、

音だけでなく映像の知識も必要となってくる仕事と言えるでしょう。

 

映像に対して

  • BGMを付ける
  • ナレーションや吹き替えなどを収録しつけていく
  • 効果音をつける
  • 音量やおひつのバランスを調整する

といったことが主な仕事となってきます。

関連記事:テレビの裏方の仕事は具体的に何をしているのか?

 

・ポストプロダクションのその他の仕事

 

ポストプロダクションの仕事は、映像編集や音編集の仕事だけではありません。

 

ポストプロダクションとして会社を成り立たせるために、

技術の作業だけを担当する人だけでなく、営業のスタッフやデスクのスタッフが勤務しています。

 

先方とのやり取りを行ったり、スケジューリングを行ったり、

見積もりや請求書などの伝票を発行する事務作業などもあります。

 

これはテレビ局に営業や事務の作業があるのと同じことですね。

関連記事:テレビ局の仕事は番組制作だけではない!それ以外の仕事の内容は?

 

映像制作の現場で働く

 

弊社ライズプランニングはテレビ局出向型の番組制作会社ですので、

番組制作の現場で働いてくださる

  • アシスタントディレクター
  • 学生アルバイト

の方を募集しております。

 

今回ご紹介したような番組編集作業に直接関わるお仕事ではありませんが、収録の現場に携わって

番組を作っていくお仕事になります。

 

未経験でもプロの現場で働くことができますので、将来的にテレビ業界で働いていきたい、映像制作の現場で働きたいと思っている方には必ず技術を身につけることができる現場だと思います。

 

ご興味がございましたら下記フォームよりエントリーください。

関連記事:アシスタントディレクターに向いてる人

 

 

では今日はこのあたりで。

ABOUT ME
TACHIBANA
TACHIBANA
テレビでCMを打つ、となると身構えてしまう人がたくさんいると思います。でも実はテレビ広告はやり方によっては手軽に、そして楽しく挑戦してみることのできる広告です。テレビの楽しさを多くの人に知ってもらえるように執筆していきます。




テレビ業界への転職を検討している新卒でテレビ業界へ就職したいテレビ業界に関するご質問全般