youtubeの再生回数を上げる方法

youtubeの再生回数を上げる方法

弊社ライズプランニングはテレビ局出向型の番組制作会社ですが映像制作事業も行っております。

映像を制作しているのは現役でテレビ番組の制作をしているプロのテレビマンです。

 

最近動画を使った広告や表現が盛んになっており、

中でもyoutuberというジャンルが登場するほど、youtubeでの映像表現は目覚ましいものがありますね。

 

私も職業柄よくyoutubeを見ますが、個人の表現ツールとしてとても良いコンテンツ公開媒体だと思います。

 

今回は映像制作事業も手がけている弊社が、youtubeで動画再生回数を上げるための方法を少し解説してみたいと思います。

 

動画を10分以内に収める

 

動画を使ったマーケティングは急成長していますが、現代では多くの人が何をするにも「ながら」です。

ことインターネット上での動きでは「より早く」情報を得られることに最大の重きを置いている日人がとても多いんですね。

 

なので長すぎる動画というのは直帰率がとても高くなります。

もしくは飛ばし飛ばしで見られて、きちんと全編を見てもらえないことが多くなってしまいます。

 

しっかりyoutube動画を見てほしい場合はなるべく動画をコンパクトに、簡潔に作ることを心がけましょう。

 

長くても10分くらいが一番ベストだと思います。

 

何か広告用で動画を作る場合はSNSなどとも連携して宣伝をすることもあるでしょうから、そういう場合は1分以内にしてもいいかもしれません。

 

テレビのCMは15秒か30秒が一般的です。

youtubeの場合は尺制限はありませんが、実はテレビCMの15秒か30秒という尺制限は、人がなんとなく動画を見るのに耐えうる最適な尺なのかもしれません。

関連記事:動画を使ったマーケティング、映像の力で宣伝をするノウハウ

 

画角のカラー、画質

 

画面上にどんな色が映っているのか、ということを意識するのはかなり大切なことです。

テレビ番組の制作の現場でも、画面の中に何が映るかというのは計算して作っていて、そこに物としては必要ないものでも、画面が華やかになるから、という理由で置いているものがたくさんあります。

 

収録スタジオのセットはそういったものの集大成で、

多くの視聴者はスタジオセットにはあまり注目しないと思いますが、あれは無かったら無かったで違和感をものすごく感じるものなのです。

 

もし背景で色を入れることができないのであれば、自分の着ている洋服やアクセサリーなどで調整するのが良いかと思います。

 

女性の場合は髪の色やネイルなどで色を足してもいいでしょう。

 

そして画質はなるべく高画質で撮ることをおすすめします。

テレビにしても動画にしても、最近は多くの人が「綺麗なもの」を見ることにとても慣れてきてしまっています。

 

CGの技術も上がり、CGがCGに見えなくなってきている時代です。

そんな中、やっぱり画質が荒いものは悪目立ちしてしまいます。

 

最近では一眼レフやミラーレスでもかなり高画質で動画を撮影できる物が増えてきているのでぜひyoutubeにアップするための動画を制作する際は画質にもこだわってみてください。

関連記事:テレビ業界で実際に使われている3大映像編集ソフトについて解説

 

動画を見終わった後の行動に着目

 

動画の再生回数を上げるために大切なのはその動画のファンになってもらうことです。

 

コンスタントに動画をアップしてコンテンツ作りをしている場合は特に、リピーターの力も再生回数を上げるのにとても重要になってきます。

 

本編の終わりの部分で、チャンネル登録を促す内容を挿入したり、

いいねを押してもらって動画を高く評価してもらうことが重要でしょう。

 

チャンネル登録数の多い動画や評価の高い動画はやはり再生されやすくなります。

 

チャンネル登録をしてもらえばリピーターも増えるでしょう。

関連記事:テレビ制作業界の映像編集現場で使われている専門用語

 

SEOを意識したタイトル付け

 

SEOという言葉をご存知でしょうか?

 

検索エンジン最適化(英: Search Engine Optimization, SEO、サーチ・エンジン・オプティマイゼーション)とは、

検索結果において、ウェブページをより高い順位に表示させることを目的として行う取り組みのこと。

ウィキペディアより

 

ネット上ではキーワードがそれぞれに強さを持っています。

 

なるべく検索されやすいキーワードをチョイスしてyoutubeに上げる動画のタイトルにそのキーワードを盛り込むことによって、

自然検索による流入が増えます。

 

これはタイトルだけでなく、youtubeの説明欄にも同じことが言えます。

 

youtubeの説明欄には5000字の説明文をつけることができるようになっていますので、この説明文もキーワードを意識して記述することによって

より検索されやすい動画、検索した時に上の方に表示されやすい動画にすることができます。

 

自然検索によって再生回数を上げる、というのはかなり重要なことです。

関連記事:WEBサイトで集客をすることの重要性

 

テレビ制作の現場で働いてみませんか?

 

 

今回はテレビ制作の視点でyoutube動画の再生回数を上げるための方法をお話ししてみました。

 

弊社ライズプランニングでは映像を学んでいる人でテレビ局で働いてみたいという人をお待ちしております。

実際のテレビ局フロアにて映像制作に関わるお仕事です。

 

テレビ局の中で働いてみたい、という学生のアルバイトの方も募集しておりますので

ご興味があればぜひ下記フォーム、もしくはチャットよりお気軽にお問い合わせください。

関連記事:【映像系を学ぶ学生必見】テレビ局内でバイトをしてみませんか?

 

では今日はこのあたりで。

記事のシェアはこちらから!

映像制作に関するお問い合わせ

企業プロモーション映像を作りたいCM素材を作りたい採用VTRを作りたい

ABOUTこの記事をかいた人

TACHIBANA

テレビでCMを打つ、となると身構えてしまう人がたくさんいると思います。でも実はテレビ広告はやり方によっては手軽に、そして楽しく挑戦してみることのできる広告です。テレビの楽しさを多くの人に知ってもらえるように執筆していきます。