番組制作会社の種類は大きく分けて2つある?就職する時どっちを選べばいいの?

テレビ番組の制作に関わる仕事がしたいという人は多いと思いますが、

実際に番組制作会社に就職することを考えた時に、どのような制作会社を選べばいいのかという基準がなかなかわからないと思います。

 

というのもテレビ業界というのはまだまだ閉鎖されている業界なので

なかなか業界の中の情報というのが外に出にくく、業界に関わっている人でないと会社の情報なども入ってこないものなんですよね。

 

弊社ライズプランニングはテレビ局出向型の番組制作会社ですが、

番組制作会社にどのような種類があるのかということについて今回はお話ししてみたいと思います。

 

番組制作会社は大きく分けて

  • テレビ局手交型の番組制作会社
  • 請負型の番組制作会社

この2種類があります。

 

テレビ局出向型の番組制作会社

 

テレビ局出向型の番組制作会社というのは、文字通りテレビ局内に出向という形で仕事をするような制作会社のことを指します。

 

所属をするのは制作会社なのですが、実際に働くのはテレビ局の中になります。

いわゆる派遣のようなスタイルですね。

 

基本的にはテレビ局のスタッフと一緒に働いていくような形になり、

指示を受けるのもテレビ局の現場で働いているスタッフ達です。

 

他の番組制作会社に所属している人と一緒に働くこともありますしテレビ局員と一緒に働くこともあります。

 

労務環境は今とても働き方改革で改善されていている途中で、

所属をするのは制作会社ですが、従うルールはテレビ局のルールになりますので、余計な時間外労働をしない方向にもなってきており

どんどん働く環境が良くなってきてると言えると思います。

 

またテレビ局内で働く場合は、局内のスタッフルームに常駐するような形になり

スタジオ内で作っている番組にスタッフとして入ることが多いので、入る番組にもよりますが頻繁にオンエアに携わっていくことができると思います。

 

特に弊社の場合は情報報道番組がメインで入っていただいていますから

平日は毎日オンエアがあるということもあり、オンエアに頻繁に携わっていくことができるため、かなりのスピード感でキャリアを積んでいくことができるようになっています。

 

また情報番組内で細かくコーナーがたくさんあったり、アーティストや俳優さん女優さんをゲストに迎えることも多く

番組の中で色々なことにチャレンジしていくことができるのも特徴です。

 

音楽番組に携わっているわけではないのに情報番組に携わっていれば

情報番組内で旬のアーティストがゲストに来て生演奏してくれる、なんてこともありますから

ジャンルを超えた仕事をたくさん経験できるんですね。

関連記事:テレビ番組制作会社に入るなら、最初は報道か情報番組がいい理由

 

請負型の番組制作会社

 

テレビ局出向型の番組制作会社とは違って請負型の番組制作会社というものもあります。

 

請負型の番組制作会社というのは、完パケという納品するテープを自社で作っている番組制作会社で

番組を委託されて自社ビルなどの中で作業をしている会社になります。

 

テレビ局に出向することはないので基本的に番組制作の作業を行うのは自社になります。

 

テレビ局出向型の番組制作の場合は関わる人が数十名、数百名と大規模なのに対して

請負型の番組制作会社の場合は自社のメンバーと番組制作を行っていきますので、人数も少なくを5、6名前後というところも多いです。

 

規模感が全く違いますよね。

 

また完パケものを作っている場合は、番組を制作する期間がとても長く

オンエアが1ヶ月から3ヶ月先のものを作っているということもよくあることです。

 

また状況によっては番組を掛け持ちすることもありますので、

ゆっくりじっくり色々な番組を作っていくというような形ですね。

 

日々のオンエアに追われるテレビ局出向型の制作会社とは違い

ひとつひとつの番組をじっくり作れるのが魅力でもあると思います。

 

ただ労務環境は自社のルールに従うことになりますので、

テレビ局で働くよりもブラックであるということもなきにしもあらず。

 

なかなか労働環境が改善されていかないのが請負型の番組制作会社なのではないかなと思います。

関連記事:テレビ番組制作の仕事もいろいろある

 

どちらが良い、というわけではない

 

さて

  • テレビ局出向型の番組制作会社
  • 請負型の番組制作会社

の二つの種類についてお話ししてみましたが、どちらの方が良くて、どちらの方が悪いという話をすることは実はできません。

 

どちらもやっている、という制作会社もありますし

これはもう好みと言えるものだと思います。

 

テレビ局出向型の番組制作会社は基本的に毎日のオンエアに追われるので番組を掛け持ちするということはできません。

 

ただオンエアが頻繁にあるためかなりのスピードでキャリアを積んでいくことができる、というのと

より多くの人と関わりながらダイナミックに仕事をしていくことができるというのが利点だと思います。

 

逆に請負型の番組制作会社の場合は、ゆっくりじっくりひとつの番組を作って行くことができますので

よりひとつひとつの番組に愛着を持って仕事をすることができ、大成果もまた大きなものを感じることができるかと思います。

 

ただ全くの未経験でテレビ業界に入ってくるのであれば

最初はキャリアを積むために出向型の番組制作会社に入って、色々な現場の場数を踏み

そこから自分のやりたい方向性を探していくというのが一番良いのではないかなと考えています。

関連記事:【就活】テレビ局の志望動機の書き方

 

テレビ局出向型のお仕事をするなら

 

弊社ライズプランニングはテレビ局の番組制作会社ですので

テレビ局の中で番組制作をしていく仕事をしたいという方は是非下記フォームよりエントリーお願いします。

 

弊社では現在テレビ局の中で働いてくださる

  • アシスタントディレクター
  • 学生アルバイト

の方を募集しています。

 

また番組制作の裏側の話についてもっと詳しいところが知りたいという方は

オンラインサロンPMCA(ぺんくり メディア クリエイターズ アカデミー)を運営しておりますのでぜひご活用ください。

 

就職や転職に関するご相談のともオンラインサロンでは受け付けています。

関連記事:テレビの制作会社に就職したいという人がやるべきこと

 

では今日はこのあたりで。

記事のシェアはこちらから!

テレビ業界への就職・転職に関するお問い合わせ

テレビ業界への転職を検討している新卒でテレビ業界へ就職したいテレビ業界に関するご質問全般