店舗を開店する時の広告CMのやり方

店舗を新しく開店する時の広告CM手段

洋服のショップを開店する、とか家電のショップを開店するとか、またはレストランを開店する、病院を開店するなど

新たにお店を開店するときは、なるべくたくさんの人に開店を知ってもらいたいですよね。

 

インターネットのサイトと違って実店舗の場合は、まず最も知ってもらいたいのは近隣の方たちではないでしょうか。

 

そのためによく使われる広告手段として折込チラシというものがあると思います。

「〇〇店どこどこにオープン!」といったチラシが新聞の折り込みで入ってくることがありますよね。

 

またその他にテレビのCM広告を使って「新規オープン」「○月○日開店」などと告知している場合もありますよね。

 

今回はお店を開店するときはどんな広告のやり方が向いているのかを書いてみました。

 

折込チラシが向いている場合

 

お店や病院の開店を地域の人達に知ってもらいたい時、知ってもらいたい地域が市や区、町など、

比較的狭い地域が対象の場合は、折込チラシは向いていると思います。

 

なぜなら折込チラシは地域を細かく選べますので、狭い地域の人達に知ってもらいたい場合は無駄なくチラシを入れてもらうことができるからです。

 

たとえば小さな医院や駐車場の無いレストランやショップなどは徒歩圏内の近隣の人達が主な顧客になると思います。

そんな場合は近所の人達に折込チラシで開店を知ってもらうためのが効果的でしょう。

関連記事:チラシが宣伝として効果的なのはどんな時?

 

テレビ広告CMが向いている場合

 

小さなショップやレストランが近隣の人達をターゲットにしているのに対して、

駐車場を備えているような比較的大型のショップや、レストラン、総合病院などは車で来る顧客もターゲットになっていると思いますから、知ってもらいたい地域も広いと思います。

 

もちろん、広い範囲で折込チラシを入れることも有効だと思いますが、

もし県内の人全員に知ってもらいたいという場合はテレビ広告CMという手段も効果的です。

 

テレビのCMが放送される地域というのは、基本的には県全体に流れると思えばいいと思います。

 

たとえば広島の尾道でお店を開店するのでテレビCMをしたいと思えば、広島県全体にCMを流すことができます。

また、仙台で病院を開店するのでテレビCMで告知をしたいと思えば宮城県全体に告知CMが流れます。

 

このように県全体に流れると思ってもらえばいいので、それではうちの場合は広すぎる、と思うのであれば上記の折込チラシのようなテレビCM以外の方法を取る方がいいかと思います。

関連記事:テレビCMの広告効果にはどんなものがあるのか

 

開店の時はどんな広告CMをすればいいのか

 

これは予算がある程度ある場合と、無い場合で違うと思います。

 

もし、1号店がうまくいっているので2号店を開くとか、大きなスポンサーが付いているので最初から資金的に余裕がある場合は比較的開店の広告費用をかけられると思いますが

全く新しい店舗で、資金の余裕もそれほど無い、だけど知ってもらわないと、お客様も来ないので何かはしたい、という場合も多いと思います。

 

それぞれの場合について少し説明してみたいと思います。

 

広告予算が多くある場合

 

もし予算が多くある場合は開店の告知のテレビCMは15秒、30秒などのCMを数を多く打って一度に多くの人に知ってもらうことを目標にするといいと思います。

 

最近は新聞を取る家庭も少なくなりつつあるので、一度に認知を広げる方法としてはやはりテレビCMは効果があるでしょう。

 

多くの人に受動的に見てもらうことができるテレビの影響というのはかなり大きいものがあります。

飛躍的に認知度をあげたいならやはりテレビが強いでしょう。

関連記事:CMを作る時に整理しておくべき事

予算が無いのでなるべく費用を押さえたい場合

 

もし予算が無い場合でもテレビCMをすることはできます。

テレビCMというと15秒、や30秒のCM素材をまず作り、それを何回か流すというのが一般的に知られているやり方ですが、15秒や30秒のCM素材を作らなくてもいいやり方があります。

 

  • 生中継でテレビ局に取材に来てもらって、紹介してもらう事前にロケをしてもらって作ったVTRを流してもらう
  • 写真などを送ってテレビ局で編集してもらったものを流す
  • レポーターやアナウンサーに原稿を開店告知の原稿を読んでもらう

など方法は様々ですが、基本的に1回で30秒から長さは様々です。

 

きちんとCM素材をつくると、何回でも流せますし、テレビ局を変えて別の地域でも流すということもできますけど、

このやり方の場合はそれができない代わりに値段もさほど高くなくできます。

 

秒数や、人口の多い県、少ない県によって金額は変わってきますが数十万円単位でできます。

 

この場合は回数が少ないので、一気に認知を上げるというわけにはいきませんが、折込チラシを一回入れることを思えばテレビで一回告知するのも同様の効果はあるでしょう。

 

例えば人口230万のところの10%程度視聴率があるところに1度流せば23万人の目に触れるという事になるのですから。

 

料金的には比較的大きなテレビ局でも30万円程度で何かしらの告知は可能です。

それほど人口が多くない地域のテレビであれば10万円程度でも可能です。

 

開店をテレビCMで告知するメリットとはたった一回でもテレビのCMをするというのは、信頼・信用という大きなメリットがあります。

テレビというのはは許可事業なので、誰でもお金さえ出せばCM出来るというわけではなく企業考査もありますのでそれなりにきちんとした会社でなければたとえ一回でもCMをすることはできないんですよね。

 

そういった意味ではテレビを使うという事は信用につながると思います。

テレビCMをしたという事も言えるようになりますしね。

関連記事:テレビCMの効果には「信頼」もある

 

開店をテレビCMで告知する

今回は開店告知のためのCM方法についてお話してみましたがいかがだったでしょうか?

 

意外に知られていないのですが、テレビは30秒一回だけというようなCM方法があります。

数十万円でできるのですから、折込チラシと合わせて考えてみてもいいのではないかと思うんですよね。

 

お店を開店する、レストランを開店する、医院を開店するなどこれから何かを開店するときはぜひ考えてみてもらいたいです。

 

弊社ではCM放送枠の獲得から動画制作までワンストップサービスでご提供させていただくことが可能ですので

費用を抑えてCMを放送することができます。

関連記事:テレビCMの料金の仕組み

 

予算に合わせた広告手段をお提案させていただきますので

ご相談ご質問等ございましたらお気軽に下記フォームよりお問い合わせください。

 

では今日はこのあたりで。

記事のシェアはこちらから!

テレビCMに関するお問い合わせ

15秒30秒のスポットCM広告を出したいタイムCMを出したい見積もりが欲しい広告全般のご相談