サイト運営会社
テレビ業界の裏話

【就活】テレビ局を志望する時に考えておくべきこと

就活でテレビ局を志望するときに考えるべきこと

就活でテレビ局を志望している学生が考えるべきこととはなんなのでしょうか?

 

テレビ局での仕事内容は、テレビ局内で働いた経験がないとなかなか外からはわからないものですよね。

関連記事:テレビ局の仕事内容はどんなものがあるのか

 

だからこそ、就活でテレビ局に入りたいと思った時はある程度テレビ局への情報収集が必要ですし、

テレビ局の情報収集も戦略的に行う必要があります。

 

弊社ライズプランニングではテレビ局への派遣事業や広告代理店事業を営んでおりますのでこれからテレビ局に入りたいと思っている就活生のみなさんに向けて

今回は就活でテレビ局を志望する時に考えておくといいことを紹介したいと思います。

 

テレビ局の志望動機

 

テレビ局への志望動機を考える時はまず、自分とテレビの歴史について考えてみるといいと思います。

 

就活でテレビ局を志望している人は絶対にテレビへの何かしらの愛着があってその選択をしていると思うんですね。

  • このテレビを見て自分の人生が変わった
  • テレビの仕事のこういうところに憧れてテレビ局で働きたいと思った

など、

きっとその内容はプラスの内容のはずです。

 

そしてテレビ局で実際にテレビを作っている人たちはとても人間的でハートフルな人が多いです。

 

エンターテイメントを作っている人というのは人の心を動かすものはなんたるか、ということを常に考えている人なので人としても深みのある人たちなんです。

 

テレビ局は厳しい世界で、現場で怒号が飛ぶのも当たり前、と思っている就活生の人は多いかもしれませんが

実はテレビ局に入ってみると和気藹々と仕事をしていることが多いんですよ。

 

もちろんテレビ局は時間にかなりシビアな現場でもありますから、緊張感の走る瞬間もありますが、基本的にはみんな仲がよく、楽しいことが好きな人たちです。

 

だからこそ就活でテレビ局への志望動機を考える時は、いわゆる就活で優等生とされる「真面目ないい子像」を作っていくよりも

より面白く楽しい話が志望動機に盛り込まれていた方が印象に残ると思います。

関連記事:【就活】テレビ局の志望動機の書き方

 

テレビ局の仕事で必要になること

 

テレビ局で制作として働くことになると、一番最初は番組のAD、つまりアシスタントディレクターとして働くことになるでしょう。

関連記事:テレビADの仕事内容

 

しかしアシスタントディレクターとして働くのはあくまで下積み期間なので数年になります。

 

そのあとはディレクターに進んだりプロデューサーに進んだり、いずれにせよ「企画力」が求められる役職についていくことになります。

もちろんアシスタントディレクターの段階でも番組の内容について企画の意見を求められることがあります。

 

テレビ局に入って仕事をするようになると少なからずどこかの場面で自分の意見や自分の考えていることを表現することが求められるんですね。

テレビ局はテレビを作っていくところですから当たり前といえば当たり前です。

 

だから就活の段階からどんなテレビを作っていきたいのか、もっといえばどんなテレビ局にしていきたいのか、というところまで話ができると強いと思います。

 

一般的な仕事と違ってテレビ局の仕事は「これをやっていればいい」というようなルーティンワークに囲まれている仕事ではありません。

自分の意見をきちんと持っていることがとても大切な業界です。

 

逆に、就活でテレビ局を志望しているのに「テレビ局に就職すること」が目的になってしまっていて「どんなことをやればテレビがウケるのか」というところに思考が及んでいないなら

テレビ局に就職することができてもテレビ局の仕事をこれから先ずっと長く続けていく、というのは難しいと思います。

関連記事:ADに就職して良かったこと

 

就活で志望ジャンルをある程度絞っておく

 

テレビ局に就職したい、という人は就活の段階である程度志望ジャンルも絞っておいた方がいいと思います。

 

前述した通り、テレビ局の人は人を動かすことのできるドラマが好きですし、企画力を新人に求めます。

常に面白いものを求めて変化していこうとしているのがテレビなんです。

関連記事:【テレビの変化】テレビはなくなるのか

 

だから「とにかくテレビ局に入りたい」という就活生よりは明らかに「テレビ局でこういう仕事が絶対にしたい」という意見がある就活生の方が好まれます。

そこには情熱とドラマが感じられるからです。

 

就活の時点で、テレビ局に入ったらどんな仕事をしたいのか、ということを具体的に考えておくことが大雪でしょう。

個人的には、テレビ局で一番最初にする仕事は報道番組・情報番組がおすすめです。

関連記事:テレビ番組制作会社に入るなら、最初は報道か情報番組がいい理由

 

学生のうちからテレビ局で働く

 

就活がまだ始まっていない学生さんは、学生のうちからアルバイトとしてテレビ局で働くこともできます。

関連記事:テレビ局内でバイトはできるの?

 

就活をする前の時点からテレビ局内で仕事をすることによって、テレビ局内でどんな仕事ができるのか、ということを実際に体験することもできますし

一般的なアルバイトと比べるととても自主性が求められ、大きな責任が伴う仕事です。

 

マニュアルがある仕事ではないので臨機応変さが必要な仕事ですがやりがいを感じることができると思いますし、

改めて就活でこれから自分がやりたい職について見つめ直すのにもいい機会になると思います。

関連記事:学生にテレビ関係のバイトをおすすめする理由

 

テレビ局に就職するなら

 

就活生がテレビ局に就職したい、と思った時に考えておくべきことを話してみましたがいかがだったでしょうか?

 

テレビ局で働きたいと思っている人をお待ちしております。

弊社公式ホームページはこちら

 

テレビ局を志望している就活生のみなさんのご参考になれば幸いです。

何かわからないことやご相談がございましたらぜひ下記フォームよりお気軽にお問い合わせください。

ABOUT ME
TACHIBANA
TACHIBANA
テレビでCMを打つ、となると身構えてしまう人がたくさんいると思います。でも実はテレビ広告はやり方によっては手軽に、そして楽しく挑戦してみることのできる広告です。テレビの楽しさを多くの人に知ってもらえるように執筆していきます。




テレビ業界への転職を検討している新卒でテレビ業界へ就職したいテレビ業界に関するご質問全般