サイト運営会社
CM・広告の仕組み

テレビ番組でよく見る提供クレジットの意味とは

テレビ番組で見る提供クレジットとは

テレビを見ていて社名の羅列が映るとともに「この番組はご覧のスポンサーの提供でお送りします」というアナウンスが流れるのを聞いたことがあると思います。

これは提供クレジットと呼ばれるもので、番組のスポンサーになってお金を出しているので、番組を提供しているということなんです。

 

テレビ局の収入は企業の広告(CM)収入で成り立っていますが、大きく分けて広告の出し方は

  • タイムCM
  • スポットCM

に分かれます。

 

番組提供をする、つまり提供クレジットに社名が掲載されるというのは、このうちタイムCMの方のことを言います。

 

スポットCMというのは番組を特定せず、いろんなところにポチポチと流れるCMです。

スポットCMについてはテレビのスポットCMを打つ意味をご覧ください。

 

今回は提供クレジット・番組提供についてお話してみたいと思います。

 

提供クレジットのアナウンスのいろいろ

 

さて、提供クレジットで流れるアナウンスが色々あることに気づいているでしょうか。

  • この番組はご覧の各社の提供でお送りします
  • この番組は○○会社の提供でお送りします
  • この番組は未来のエネルギーをつかさどる○○会社の提供でお送りします

というふうに企業の名前を言ってくれずに、ご覧の提供で…というもので済ませる場合と会社名の前にキャッチコピーまで付けてくれる場合もあります。

この違いはどれくらい番組に関わっているかの違いからきていて、分かりやすく言うと、企業が番組に出すCM広告費の金額の違いと言っていいと思います。

提供クレジットに社名がたくさんある場合、つまり同じ番組に複数のスポンサーが付く場合は一社当たりの、広告費は安くなる代わりに、

提供クレジットのアナウンスは「ご覧の各社の‥」という簡素な言い方になるので、一社一社、会社名を読み上げてはくれません。

 

それに対し、提供クレジットが一社のみの場合は丁寧にキャッチコピーを付けた言い方になるということです。

そこはちゃんと差をつけているということですね。

 

ただし、これらの提供クレジットに関する決め事は各テレビ局によります。

どれくらい広告費を出せば、どの文言になるかは局により違います。

 

また昔はあまりありませんでしたが最近は番組の途中で提供が変わるときもありますよね。

提供クレジットを見ていて

  • ここまでの放送は○○の提供でお送りしました
  • ここからの放送は○○の提供でお送りします

と流れる感じです。耳にしたことがあるのではないでしょうか。

 

これについても提供クレジットを分けるか分けないか、幾つに分けるかなどは各テレビ局が決めているようです。

 

長い番組だと前半後半だけでなく3回くらいに提供クレジットを分けて「ここまでの放送は‥」とやっているときがありますよね。

なかなかスポンサーが付かなくて細切れにしているのか、それともたくさんのスポンサーが名乗りを上げたので提供を細切れにしているのか、その時々で事情があると思います。

関連記事:CM予算はどうやって決めるべきか

 

番組提供にはネットとローカルがある

 

番組提供にはネットと呼ばれるものとローカルと呼ばれるものがあります。

 

ネットというと最近はインターネットがまず浮かぶと思いますがテレビの世界でネットというとちょっと違っていて、全国ネットという言葉が浮かびます。

 

テレビはキー局から発信する全国放送と、地方局から、地方局エリアのみに流すローカルがあります。

キー局も関東ローカルというのがあって、関東圏だけに流れる番組があるんですよね。

住んでいると自分の地域のテレビしか見られないので、その区別は意外にわからないと思います。

 

地方に旅行に行って、見ようと思った番組が、「あれ?無い」という経験をしたことがある人もいると思います。

この「ネット」に対して「ローカル」という言葉がある、ということで実際には番組提供にはこの二種類があると言えます。

ただし全国ネットを扱っているのは東京のキー局なので、キー局以外のローカル局において番組提供でCMを出す場合は、基本的にローカルの方をいいます。

 

地方で流れる番組の提供者(スポンサー)になりたい場合、そのテレビ局の電波が流れる範囲だけにCMが流れるということです。

全国のテレビ局について細かいことはこちらをご参考ください:全国のテレビ局について解説。

 

番組提供型のCMをやるリスク

 

さて、もし企業がはじめてCMをやる、ということになったら、いきなり番組提供型のCMを選ぶのは若干リスクがあると思います。

その理由は

  • 料金が高い。
  • 同じ番組にしかCMが流れない。
  • 6ヶ月間という長期に渡る。

ということからです。

 

同じ番組にしかCMが流れないのは、ターゲット層にピッタリくる番組なのであれば、デメリットではなく逆にメリットになると思います。

 

しかしながら、はじめてCMをやる場合は自社製品がこの番組を見ている人の層にピッタリ合っているかどうかというのは正直なところ、やってみないとわからない、と思います。

そのため、はじめてやる場合に同じ番組にしかCMが流れないのはあまりメリットにならないと思うのです。

 

また、番組提供型のCMは基本6ヶ月(2クール)の契約です。

週一回の番組のスポンサーになると1週間に一度30秒のCMが流れるわけですからなかなかすぐに効果を検証するのも難しいのではないでしょうか。

 

そんなわけで番組提供でCMをやるのはすでにある程度知られている企業、忘れられないように、コンスタントにCMを打ちたい企業が向いていると思います。

もしはじめてCMをやるのであればスポットCMの方でやってみるといいと思います。

関連記事:CMのお試しをしてみませんか?

 

番組提供をするメリット

 

さて、もしある程度CMの効果を確認できていて、番組提供型のCMをやってみる場合は番組提供型にはメリットも確かにあります。

 

具体的には

  • ターゲット層にCMを見てもらいやすい
  • 同じ番組に競合他社のCMが無い
  • どこにCMが流れるかがはっきりわかっている
  • 同じ人がなんども見るので印象に残りやすい
  • 番組のイメージが良いと、企業イメージも良くなるという相乗効果が強くなる

といったメリットが挙げられるかと思います。

 

少し具体的に話してみましょう。

 

ターゲット層にCMを見てもらいやすい

 

旅番組などは、高齢者が見る傾向があります。

もし旅行会社がCMを打つなら、旅番組の提供者になれば、見てもらいたい層が見てくれる可能性が高くなります。

 

実はこういったメディアプランニングを立てることはとても大切なことなのです。

関連記事:メディアプランニングの大切さ

 

CMをやれば効果が得られるだろう、と安易に考えられている企業様が多いですが

CMは間違ったやり方をしてしまうと全く効果が得られない、ということも実はあります。

 

どういう人にどんな風に見てほしいのか、そしてどんな効果を得たいのか、ということをあらかじめ練ってCMをやることが大事です。

関連記事:CMプランナーが考えていること

 

そういうことがきちんと考えられているCMには、番組提供型のCMのメリットを最大限に活かしたCMを打つことができるでしょう。

 

同じ番組に競合他社のCMが無い

 

番組提供型の場合、同じ番組に競合他社を入れることはありません。

同じ番組の中で洗剤のアタックと、アリエール洗剤のCMが入るということは無いんですよね。

 

そういう意味ではその番組の中では競合はいないわけです。

番組提供型の料金が高めなのはこんなふうに競合他社を入れないということもあると思います。

 

ちなみにスポットCMの場合は同じ番組内に、同業他社が入ることがありますが、続けて同業他社のCMが流れることはありません、そこらへんはちゃんとテレビ局で考えてくれています

ただ、スポットCMの場合、どこにCMを入れるかということについて、大まかなお願いはできますが、ピンポイントでこの番組に入れてください、とお願いすることはできません。

 

ここに入れてもらいたいな、と思ってもなかなか思うようにはいかないのがスポットCMです。

 

それに比べ、番組提供の場合はCMが流れる番組は決まっているので、これはメリットでもあります。

というのも、通常CMは同じCMを3回見ないと脳裏に残らないと言われるのですが、
同じ番組を見ている人は同じ人が多いので、CMも同じ人に何度も見てもらえる、結果としてその人の脳裏に残りやすいんですね。

 

対してスポットCMだとあちこちにCMが入るので、多くの人が見てくれるかもしれない一方で、見る回数が少ないので脳裏に残らないとも言えるのです。ここら辺は難しいものですよね。

関連記事:印象的なCMの特徴とは

 

番組とスポンサーの相乗効果

 

番組提供の場合、その番組の評判が良いとスポンサーのイメージも一緒に上がるというメリットがあります。

特に一社オンリーの番組提供でその番組の内容が良いものだと高い相乗効果が狙えます。

 

逆に番組の評判が悪いと、一緒にイメージが悪くなってしまいます。

特に新番組の場合は思っていたより評判が悪いなんていう時もあるわけです。
そんな時は困りますよね。

 

あまりに評判が悪い時は「この番組の提供は‥」という文言をを出さないでほしいと、企業が言う場合すらあります。

企業のイメージは大切ですから。

逆に言うと番組を作る側も神経を使っているわけです。

 

番組提供のやり方もいろいろ

 

テレビでよく見る提供クレジットのこと、少しだけお分かりいただけましたでしょうか。

番組提供というとキー局の場合高額なものが多いので、どうしても高額なイメージがあると思いますが、地方局の番組提供は、高くないものがたくさんあります。

 

地方局の値段は局により、番組により全く異なっています。

基本的には人口に比例しますから、人口が少ない県の地方局ほど料金は安くなります。

 

また、番組提供といっても2クール(6ヶ月)のものだけではなく、1クール(3ヶ月)のものや、1回だけの特別番組など単発のものだってあります。

お天気など短い番組の提供スポンサーになることだってできますよね。番組提供もやり方がいろいろあります。
自社に合った方法を試してみると良いと思います。

 

CMにご興味がございましたらぜひ下記フォームよりお気軽にお問い合わせください。

では今日はこのあたりで。

ABOUT ME
ぺんくり編集部
ぺんくり編集部
テレビCMは、高いものばかりではありません。テレビCMの良さをもっといろんな方に知ってもらいたいです。ご利用をお待ちしております。




15秒30秒のスポットCM広告を出したいタイムCMを出したい見積もりが欲しい広告全般のご相談