ポケットティッシュの広告効果は本当にあるのか?

ポケットティッシュ広告

長く残っている広告としてポケットティッシュの広告がありますよね。

 

最近はインターネット上での広告も増えてきましたから

このティッシュの広告はもう古い、と感じる人もいるかもしれません。

 

実際のところ、ティッシュの広告にはどれくらいの広告があるのでしょうか?

そしてどのような効果があるのでしょうか?

 

今回は広告代理店である弊社ライズアドバートがティッシュ広告の効果について話してみたいと思います。

 

テッシュ広告の費用対効果

 

実はティッシュの広告はかなり費用対効果の高い広告だと言われています。

 

ティッシュ一個の原価は約3円〜8円が一般的となっています。

 

例えば1時間で配れるティッシュの数が150個だったとして

原価は高く見積もって150個×8円=1200円です。

 

そこにティッシュ配りのアルバイトの人件費が一時間1000円だったとしますね。

 

すると2200円で150人の人にティッシュを配ることができるわけですから、一人あたり約15円ほどで宣伝をすることができるという計算になります。

 

条件にもよりますがティッシュ広告の転換率(広告をリーチすることができた人数に対して成約につながるパーセンテージ)は約4パーセント程度と言われており

この計算なら1時間の間で6人のお客さんを獲得することができる、という計算になります。

 

つまり2200円÷6で約370円ですから、

客単価が370円以上のビジネスなのであればティッシュ広告を打ってもきちんと利益が出る計算になります。

 

ちなみに転換率だけみると

  • 新聞折込が 約0.03%
  • ポスティングが約0.2%
  • ネット広告が約3.3~5.5%

というデータがありますから、ティッシュ広告はネット広告と同じくらいの転換率がある、ということです。

 

思っているよりもかなりティッシュ広告は効果があると思いませんでしょうか?

関連記事:商品の販売戦略はどのように立てたらいいのか

 

ティッシュ広告効果の要因

 

ティッシュ広告の効果が高い理由は幾つか考えられます。

 

もちろん商材によって合う合わないがあると思いますので

この効果が起きる要因を理解した上でティッシュ広告の出稿を決めた方が良いでしょう。

 

ではそれぞれ見ていきたいと思います。

 

人が手渡しすることができる広告

 

まずは「人が手渡しすることができる広告」という点。

 

どんどん社会がデジタル化して行っている今、「手渡しすることができる広告」というのはこれからさらに希少なものになっていくのではないかと思います。

 

ティッシュ配りもその人のテンションによっては、「もらおう」と思うことがあると思うんです。

逆ももちろんありますが。

 

一生懸命ティッシュを配っている人からはもらいたくなる、というような心理が働くこと、きっとみなさんにもあると思うんですね。

 

以前、派遣会社で特にティッシュ配りをメインにアルバイトを雇って派遣をしていた会社があったのですが

その会社は

  • 芸人さん
  • 俳優・女優志望の方
  • アーティスト志望の方

を積極的に採用していました。

 

こういった表舞台に立ちたいと思っている人はみなさんテンションが高く、アルバイトをした時に

人に挨拶をしたり、愛想をよくする、というのが上手な人が多いんですね。

 

これは賢いな、と思いました。

 

こういうテンションの高い、愛想のいい人にティッシュを配られたら受け取る人は多くなると思います。

 

こういった人が手渡しすることができる広告というのは担当してくれる人によってはとてもいいと思うんですね。

関連記事:ブロガーに学ぶ、広告マーケティング

 

ターゲットを絞れるティッシュ広告

 

ティッシュは

  • その時間帯に
  • その場所を

通る人に広告を出すことができます。

 

かなり限定したターゲットに広告を出すことができるんですね。

 

特に地域を限定することができ、頻繁にそこを訪れる人に訴求することができるので

実店舗経営をされている方にはティッシュ広告はオススメの広告と言えるでしょう。

 

  • 飲食店
  • 学習塾などの教育ビジネス
  • 美容関係の店舗
  • スポーツクラブなど

こういったジャンルの業態なら相性が良いかと思います。

関連記事:広告代理店が解説する広告効果測定の大切さ

 

多くの人が受け取ってくれるティッシュ

 

ティッシュは多くの人が持っていて困らないもの、

もっと言えば、「あれば欲しいもの」だと思うんですね。

 

暑い季節は汗をふくのに良いですし、寒い季節は花粉症や風邪でティッシュを使うこともあるでしょう。

年間通して必要なものなのです。

 

だからこそ、多くの人が喜んで受け取ってくれるものです。

 

こういった意味でも、ティッシュの広告というは効果が高いと言えるでしょう。

 

私もビラだと受け取らないですが、ティッシュだとやっぱり欲しいなと思うものです。

関連記事:【広告代理店が考える】新規顧客を固定客にするためにできる手法とは

 

メディアミックスがおすすめ

 

広告を出稿するときは、いろいろな広告媒体を並行して行うことで

より相乗的な効果が生まれると言われています。

 

どんな媒体にしろ、一人の人に複数回訴求できれば、印象にも残りやすいですからね。

 

ティッシュ広告と一緒に別の広告を考えてみるのもいいかもしれません。

 

弊社ライズアドバートはテレビCMを中心とした広告代理店です。

 

お客様のニーズに合わせて、広告プランをご提案させていただきますので、広告を出そうか悩んでいる、という方は

下記フォーム、またはチャットよりお気軽にご相談ください。

関連記事:CMのお試しをしてみませんか?

 

 

では今日はこのあたりで。

記事のシェアはこちらから!

テレビCMに関するお問い合わせ

15秒30秒のスポットCM広告を出したいタイムCMを出したい見積もりが欲しい広告全般のご相談

ABOUTこの記事をかいた人

motorin

テレビ専門の広告代理店ライズアドバートの「motorin」です。新しいモノやサービスが世の中に知られる過程において、広告というものは大きな意味を持ちます。そして、その中でも、異色な存在として扱われているのがテレビ媒体なのです。テレビ広告とは何だろうか?テレビ広告にはどんなメリットがあるのか?そんな事について書いていきます。