サイト運営会社
テレビ業界の裏話

テレビADって激務なの?番組によります!

テレビADは激務なのか?

テレビ番組ADの仕事はきついと思っている人がほとんどだと思います。

 

弊社ライズプランニングはテレビ局出向型の番組制作会社で、実際にテレビ局の中で放送業務に携わっていただくアシスタントディレクターのお仕事をしていただいています。

 

実際テレビADという仕事は激務なのか?

今回はそんなことについて話してみたいと思います。

 

 

まずテレビADと言うとどのようなイメージを持つでしょうか?

 

多くの人がきつい、汚い、帰れない、激務、というイメージを抱いているのではないかなと思います。

 

実際にテレビADの仕事についてインターネットで検索をかけてみると、

  • 「この業界には絶対に入るべきじゃない」
  • 「この仕事だけはするな」
  • 「とんでもない職場だった」

というような言葉が目立つような気がします。

 

しかし実際のところはどうかと言うと、確かに楽な仕事ではありませんが

インターネット上で書かれている言葉通りなのかと言うとそれもまた少し違うように感じます。

 

というのも、番組制作というのはどのような番組に入るかによって仕事が大きく異なり

テレビ業界は働き方も様々である業界だからです。

 

インターネット上には不満がある人しか書き込みをしないので、どうしてもテレビADの仕事について調べるとそのような意見が目立ってしまうのかもしれません。

 

ただいろいろな番組に出向している番組制作会社として言えるのは、

自分がどのような働き方をしたいのかということから逆算して番組ジャンルを選んで行くべきなのではないかなということです。

関連記事:テレビ業界に就職するならどんなジャンルの番組を志望するべき?

 

番組によって違う仕事

 

テレビADの仕事というのは番組によって大きく異なります。

 

特に多いのが

  • バラエティに行きたい
  • ドラマの制作がしたい
  • 音楽番組に携わりたい

というような新人さんの声です。

 

テレビと言ったら一番最初に思いつくのがこういったジャンルの番組なのではないかなと思います。

 

ただこういったジャンルの番組は、専門知識が必要だったり新人にとっては厳しい現場であることが多いです。

 

テレビ業界に入ってくる人はほとんど未経験でこの業界に入ってきますので、右も左も分からないうちからこのようなジャンルの番組に携わってしまうと

普段好きで見ていたテレビ番組も制作側に回るとわからないことだらけで嫌になってしまうのも仕方がないでしょう。

 

普段そういったジャンルの番組が好きだからこそ、見る側と作る側の大きなギャップに戸惑ってしまうのかもしれません。

関連記事:テレビ業界の仕事のキャリア形成、将来的にどう働いていく?

 

おすすめは情報、報道番組

 

色々な番組ジャンルがある中で一番おすすめなのが情報、報道番組です。

 

弊社でもメインで出向していただいているのは情報、報道番組になります。

このジャンルの番組は番組制作の基本とも言えるからです。

 

情報、報道番組は生放送が中心なので、オンエアも頻繁にあり、

生放送だからこそそこに間に合わせる作業が必要で、生放送が終わってしまえば仕事自体は終わるので比較的休みもとりやすいジャンルだと言えるんですね。

 

オンエアが頻繁にあるおかげで新人も仕事を覚えていきやすいですし、

ネタの数も必要になってくるので新人の場合でも企画の案を求められたりすることがあります。

 

新人のアイデアがそのまま通る、ということもあるので

より自分の力をオンエアにかしやすいと言えるでしょう。

関連記事:テレビ番組制作会社に入るなら、最初は報道か情報番組がいい理由

 

確かに徹夜作業もある

 

確かに中には徹夜作業しなくてはいけない時もあります。

 

突然の事件だったり訃報が入ってきた時は差し替え作業が必要になってくるので

突発的に仕事をしなくてはいけないということが出てきてしまうんですね。

 

ただこれも入る番組によって頻度は変わりますし、

全く家に帰れないというわけではありません。

 

特にテレビ局内で仕事をしていただく局出向型の番組制作の場合は、労務環境もテレビ局のルールに準じて設定してありますので

近年では働き方改革がかなり進んできており、なるべく無駄な時間外労働はしない方向になってきています。

関連記事:番組制作会社の仕事の労働環境って?

 

テレビ業界で働きたいなら

 

弊社ライズプランニングはテレビ局で実際に番組制作に携わってくださるアシスタントディレクターの方を募集しています。

 

テレビADの仕事は激務だと思っている人が多いと思いますが、

実際に働いてみると思っていたイメージとはかなりギャップがあるという風に言う人が多いです。

 

特に弊社では疲弊してしまうような番組ではなくスタッフの皆さんに気持ちよく働いていただけるような番組を選んでご案内させていただいています。

 

また仕事上で悩んだり不安に思うようなことがあればいつでも弊社のスタッフがサポートできるような体制を整えています。

 

テレビ業界で働きたいという方、下記フォームよりエントリーしてください。

テレビ業界のお仕事についてチャットでも質問にお答えしています。

 

また業界に入る前に番組制作についての知識を深めておきたいという方はオンラインサロンPMCA(ぺんくり メディア クリエイターズ アカデミー)を運営しています。

 

現役のテレビマンスタッフが映像業界のことや映像制作スキルをシェアしていますので

こちらもぜひご活用ください。

関連記事:アシスタントディレクターに新卒でなったらどんな研修、仕事が待ってる?

 

では今日はこのあたりで。

ABOUT ME
TACHIBANA
TACHIBANA
テレビでCMを打つ、となると身構えてしまう人がたくさんいると思います。でも実はテレビ広告はやり方によっては手軽に、そして楽しく挑戦してみることのできる広告です。テレビの楽しさを多くの人に知ってもらえるように執筆していきます。




テレビ業界への転職を検討している新卒でテレビ業界へ就職したいテレビ業界に関するご質問全般