テレビ局でアルバイトをする目的は人それぞれ

弊社ではテレビ局での学生アルバイトを募集しておりますが、

テレビのアルバイトをしてみたいと思った目的はその人それぞれで、いろいろあるようです。

 

今回はテレビのアルバイトの目的についてです。

 

将来テレビ局に入りたいという目的

 

なんとしても将来テレビ局にはいりたいという強い希望と目的をもち、

そのために少しでもテレビ局に近い仕事をしたい、という人。

 

毎年そんな目的でテレビのアルバイトを始める方がいらっしゃいます。

でもその数は、思ったほどは多くないです。

 

テレビのアルバイトの仕事は主に報道や制作の現場のお手伝いになるのですが、

テレビ局に就職すると、その仕事は、必ずしも制作の現場だけではありません。

 

営業の仕事もありますし、総務やイベントなど様々な部署があるのは、通常の企業と変わりないんですね。

 

そのため、アルバイトをしていたからと言って、必ずしもその経験が役に立つとは限らないのは事実です。

それがわかっているから少ないのかもしれませんが

もしかしたら、意外にテレビ局でのアルバイトの存在を知らないのかなとも思います

 

いずれにしても、テレビ局の中で働くアルバイトなので、

テレビ局がどんな職場なのか、雰囲気などはかなり感じ取ることができると思います。

 

もし将来テレビ局に入りたいという目的があるのであれば、テレビのアルバイトの経験はとても良いのではないかと率直に思います。

 

また、テレビ局にはたいてい制作のみを請け負う子会社や系列会社がありますが、

キー局の場合、制作を請け負う子会社もかなり大型の番組を制作しており、会社の規模も大きく

毎年就職希望者は、テレビ局に勝るとも劣らない倍率です。

 

テレビのアルバイトは主に報道や制作の現場にはいるので、

もしテレビ局に入りたいとか、テレビ局の制作子会社に入りたいという強い目的があるのであれば

アルバイトを経験があることは就職活動でもかなり貴重な経験値となると思います。

 

制作子会社とテレビ局は密なつながりがあり、局員が出向している場合もとても多いので、どちらを希望していてもそれは言えると思います。

 

またテレビ局を目指す目的の人の中には全国のテレビ局を数か所受けている人も多いようですね。

いろんな局を受ける目的があってアルバイトをしています、という人もいます。

関連記事:テレビ局にはたくさん職種があるけど、どれが自分に向いているのだろう?

 

テレビの仕事に興味があるので経験してみたい

 

テレビの仕事に興味があるのでとにかく経験してみたいという目的の人もいます。

これは比較的多い目的です。

 

学生の時は将来どんな仕事に就きたいか、ということを明確に決めるのは難しいと思います。

 

過去の日本の社会は長い間、終身雇用のイメージが強かったので、

大学卒業前に将来何になりたいか、どんな仕事につきたいかを決めなければならなかったんですね。

 

でも、現在は終身雇用の意識はずいぶん減ってきていると思います。

 

やりたいと思った仕事をやってみて、もし違っていたら転職することは大いにあり、の時代になりました。

 

実際のところどんな仕事が自分に合っているのか、何がやりたいのか、なかなかわからない人も多いのではないでしょうか。

 

そんな人が、身近なテレビというものにちょっと興味があるとか、

テレビをよく見るので、実際に現場はどうなってるのか見てみたいなど

そんな目的でアルバイトを始めるわけです。

 

将来絶対にテレビの仕事に就きたいという目的はないけど

興味があるので、とにかく経験してみたいという目的で始めるパターンです。

 

何事もやってみないとわからない、やってみてはじめてわかるということがありますよね。

 

もし興味のある仕事の一つにテレビというものがあるのであれば、

経験してみたいという目的でアルバイトをするのはとても良いのではないかと思います。

関連記事:学生時代にテレビ局のバイトを体験すること

 

普通と違うアルバイトをやりたい

 

必ずしもテレビのアルバイトでなくてもいいけど、普通とちょっと違うアルバイトをやりたいという目的の人もいます。

 

学生時代のアルバイトでとても多いのは、

  • 居酒屋
  • コンビニ
  • ファストフード店
  • 単発のイベント

などです。

 

特に居酒屋、は多いですね。

見てもわかるように飲食関係が多いんですよね。

やはり最も身近なアルバイトなのでしょう。

 

飲食関係はお店も多いので、募集も多く、最も目につきます。

友達や、知り合いが働いているので、自分も、という人も多いのではないでしょうか。

 

また飲食関係は接客が多いので、コミュニケーションを高めるには確かにいいのかもしれませんが

中には接客ではないことがやりたいという人もいます。

 

アルバイト募集をみていると、確かに接客にかかわることは多いんですよね。

そういう人にとってはテレビのアルバイトはいいんですね。

 

接客以外の仕事がやりたかったので、来ました。

飲食店じゃないアルバイトをやりたかった、という目的の人もいますね。

関連記事:番組制作のバイトが学生のうちからできる!?そのメリットとは。

 

やりがいのある貴重な経験をしたい

 

普通と違うアルバイトをしてみたい、というだけではなく、

どうせやるならやりがいのある経験をしたい、という目的の人もいます。

 

経験してよかった、やってみてよかった、というアルバイトですね。

 

どんな仕事も必要な仕事だと思うので、やりがいはそれなりにあるとは思います。

 

ただ、その人それぞれ感じるやりがいは異なります。

 

テレビのアルバイトはどこにでもある仕事ではないので、想像がつきにくいところはワクワク感があるかもしれないですね。

 

報道のアルバイトは、やはり身近に緊迫感を感じると思いますし、

バラエティなどの制作現場のアルバイトの仕事も、

飲食店などとはまた異なるやりがいを感じることができるのではないでしょうか。

 

テレビの現場は実際には楽しいことばかりではありませんが、

実際にアルバイトの仕事を経験した人たちは、かなりやりがいを感じているのは確かです。

 

テレビのアルバイトをしてみると、周りの人たち、テレビに出ている人たちも含めて

相当な気配りをしていることや、臨機応変に立ち回る能力など、やはり学べることも多いと思います。

 

やりがいのある仕事をしたいという目的にはかなり叶っているアルバイトではないかなと、思いますね。

関連記事:変わったバイト!テレビ局で働いてみる

 

華やかそう、有名人にあえるかもしれない

 

テレビはなんとなく楽しそう、華やかそう、もしかしたら有名人に会えるのかな

そんな目的でアルバイトを始める人もいます。

 

テレビのアルバイトをすると、画面を通して見ていたタレントさんたちを実際に目にすることも多くなります。

 

そういうことが目的でアルバイトを始める人も中にはいます。

 

ただ、テレビ局の中で見聞きしたことをSNSにアップしたりするようなことはしてはいけないので、そこは注意してもらいたいところです。

 

とはいえ、テレビを通してみていた人に会えることは少なからずもワクワクするものだと思います。

 

それは決して悪いことでもありませんから、守るべきことをちゃんと守ってもらえれば

華やかそうだからという目的でアルバイトを始めることは全然問題ないと思います。

 

実際のアルバイトの仕事内容は、華やかな仕事、とは言い難いかもしれませんが、

少なくともテレビのアルバイトは、電波を通して、多くの人々に情報を発信する仕事の一端を担っているのは間違いありません。

 

ワクワク感はそちらの感覚の方が実は大きいかもしれませんね。

関連記事:テレビのADは芸能人とどれくらい関わるの?

 

弊社ライズプランニングでは現在、

  • 情報・報道番組
  • バラエティ番組

の制作に携わってくださる学生アルバイトの方を募集しています。

 

ご興味がある方は下記フォームよりエントリーしてください。

こちらから改めてご連絡させていただきます。

 

では今日はこのあたりで。

記事のシェアはこちらから!

テレビ業界への就職・転職に関するお問い合わせ

テレビ業界への転職を検討している新卒でテレビ業界へ就職したいテレビ業界に関するご質問全般