テレビの現場で募集されている仕事

テレビ業界、マスコミ業界に憧れを持っている人も多いと思います。

 

日常的に芸能人と仕事ができるというのはやはり楽しいですし

何より自分が携わった番組が全国に放送される、なんていうのはものすごく大きな経験になります。

 

ただ、テレビ業界の仕事というのはなかなか外に出るものではなく、

テレビ業界に興味があるけれどいまいちどんな仕事をするのかがよくわからない、と思っている人がほとんどだと思うんですね。

 

ということで今回は、番組制作に携わる弊社ライズプランニングがテレビの現場で募集されている仕事についてお話してみたいと思います。

 

投書

 

番組が視聴者から意見を募る投書はよく募集されています。

 

最近は特に「素人いじり」の文化が強くなってきていて、

テレビ的なものに慣れてしまっている芸能人よりも、一視聴者のリアクションの方がリアルで、見ている側も楽しい、という傾向がありますね。

 

投書の場合は採用された方に謝礼やグッズのプレゼントがある場合がありますので

一応これもお仕事の募集、と捉えることはできるのではないかと思います。

 

この投書、昔はハガキが多かったですが、今はSNSでも簡単に意見を述べることができ、

それを同時にシェアすることができるので、生放送の番組の場合はハッシュタグを設定して番組内で投稿をシェアしている番組も多くなってきました。

関連記事:テレビとSNSの可能性

 

スタジオ観覧

 

スタジオ観覧は常時募集しているテレビ番組が結構あります。

 

料金はかかりませんし、むしろスタジオ観覧で謝礼をもらえることもあります。

 

待機時間が見えないですし、収録時間もどれくらいになるかは詳細にはわからないのがスタジオ観覧というもので

一般的なアルバイトよりは融通もきかないですし、謝礼も「一本いくら」というような形になるので

アルバイトとして捉えるとあまり良い仕事ではないかもしれません。

 

ただ、カメラが回っていない時の芸能人を見ることができたり

実際にスタジオ内に入って収録風景を間近で見る事ができますから、テレビ業界の仕事に興味がある、という人には

一度は経験してみても良いお仕事なのではないかな、と思います。

 

間近で収録を見てみると、やはりその空気感に圧倒されると思います。

 

普段見ている楽しいバラエティ番組も、収録の時はみなさん「お仕事」できているわけですから

独特の緊張感というのはあるものですからね。

関連記事:バラエティ番組のスタジオ観覧の裏話

 

出演者

 

番組によっては視聴者から出演者を募集していることもあります。

 

これも採用されると謝礼がもらえることが多いですね。

 

スタジオ登場、というよりはロケがあるような番組の方が多いように思いますが

番組ロケも体験してみると楽しいと思います。

 

番組にもよりますが、意外と少人数でロケになることもあるのでそういった現場感もつかめると思います。

関連記事:テレビ番組ロケの現場はどんな雰囲気?同行の際、注意する事とは?

 

アシスタントディレクター

 

AD、つまりアシスタントディレクターの仕事が

一番募集されているお仕事だと思います。

 

テレビ業界未経験の人が業界に入る、となった時に、一番最初にやることになるのがアシスタントディレクターの仕事でしょう。

 

アシスタントディレクターを数年経て、ディレクターやアシスタントプロデューサーなどに転身する人が多いです。

 

アシスタントディレクターの仕事は入る現場によって仕事内容はいろいろで

こっちの現場ではこれを仕事にしているけれど、あっちの現場では全く違う仕事をしている、

なんていうことが一般的です。

 

なのでなかなかアシスタントディレクターの仕事はこれです、というようにお話することはできないのですが、

例えば

  • スタッフ、演者さんが使う台本や資料の準備
  • 演者の誘導
  • 収録時間が長い場合はお弁当や飲み物の手配
  • 番組で使う小道具などの買い出し
  • 消えもの、と呼ばれる、スタジオで食べる食べ物などの準備
  • ロケの時の撮影交渉

などといった仕事があります。

 

特にマニュアルなどがあるわけではないので、入った現場で仕事をしながら覚えていく、というようなスタイルですね。

関連記事:【新人AD向け】テレビ撮影現場で使われている専門用語

 

中途採用

 

テレビ局は毎年新卒採用を行っておりますが、不定期で中途採用を募集することもあります。

 

これは時期が読めないので、普段からテレビ局の募集を常にチェックしておく必要があります。

 

また、この中途採用というのはつまりテレビ局の正社員を募集している、ということになります。

 

新卒採用同様、こういった中途採用も敷居はかなり高く、

倍率が高くなれば自然と学歴が高い人の方が有利になるのは間違いありません。

 

また、テレビ局正社員は番組制作の現場で働くことになるかどうかもわかりません。

 

テレビ局も会社なので、事務的な仕事をやったり、番組の編成を考える仕事があったり、

営業の仕事などもあります。

 

もし現場で制作に携わりたいのであれば、テレビ局よりは番組制作会社にエントリーした方がよいでしょう。

関連記事:テレビ局と制作会社はどう違うの?

 

テレビ業界で働くなら

 

弊社ライズプランニングでは実際にテレビ局でお仕事をしてくださる方を募集しています。

 

未経験の場合は主にアシスタントディレクターとして入職していただく形になります。

 

ご興味、ご質問等ございましたら下記フォームよりお気軽にお問い合わせください。

関連記事:ADとしてテレビ局で働くのに向いている人、向いていない人

 

では今日はこのあたりで。

記事のシェアはこちらから!

テレビ業界への就職・転職に関するお問い合わせ

テレビ業界への転職を検討している新卒でテレビ業界へ就職したいテレビ業界に関するご質問全般

ABOUTこの記事をかいた人

motorin

テレビ専門の広告代理店ライズアドバートの「motorin」です。新しいモノやサービスが世の中に知られる過程において、広告というものは大きな意味を持ちます。そして、その中でも、異色な存在として扱われているのがテレビ媒体なのです。テレビ広告とは何だろうか?テレビ広告にはどんなメリットがあるのか?そんな事について書いていきます。