テレビディレクターとプロデューサーの違いとは?仕事内容もまるで違う?

テレビ業界に入る前からテレビディレクターとプロデューサーの違いについて知っている人は少ないのではないでしょうか?

 

業界に入ってみないと、どのポジションの人がどのような仕事をしているのかということはなかなかわからないものです。

 

実際テレビ業界に入っても、それぞれの仕事がよくわからないこともあります。

 

例えば同じアシスタントディレクターだとしても番組によって仕事内容が違ったりするものなんですね。

 

テレビ番組を作っているという風に言うと全て同じ仕事をしているように感じるかもしれませんが

作っているものは当たり前ですが番組ごとに違います。

 

そうすれば作る時の工程だって全く変わってくるものなのです。

 

それぞれ番組ごとでやる仕事は落ちるん違うのですがではディレクターやプロデューサーは体型的に考えてどのような仕事をしているのか、

その仕事の違いについて紹介します。

 

現場指揮がディレクター、プロデューサーは総責任者

 

簡単に説明するとディレクターは現場を指揮する人、プロデューサーは番組を総責任者ということになります。

 

ディレクターは番組制作をする上で制作の現場に必ず必要な人になりますし、現場で多くの人に指示を出していくのもディレクターです。

 

なので実際に番組の制作の指揮をとっているのはディレクターだと言えるでしょう。

 

プロデューサーはというと、番組の企画を考えたりその番組のスポンサーを見つけてきたり、番組を制作するために必要なモノを揃える人、というイメージでしょうか。

 

もちろん現場を指揮するのはディレクターだからといって制作の現場にプロデューサーがいないというわけではありません。

 

プロデューサーも制作の際は、現場に立って演者さんやスタッフに気持ちよく仕事をしてもらうために雰囲気づくりを頑張ります。

関連記事:テレビプロデューサーのイメージと実際のギャップ

 

プロデューサーの仕事

 

具体的にプロデューサーはどのような仕事をしているのかと言うと、

  • 企画を出し、それを通す
  • どのようなメンバーで制作をしていくかチームを決める
  • キャスティングを行う
  • 番組の宣伝を行う
  • 予算を管理したりスポンサーをつける
  • スケジュールの管理をする

というような仕事をしています。

 

ディレクターと比べるとプロデューサーの場合は対外的に番組を制作するために必要なことを遂行しているというイメージですね。

 

企画が通ってからどのようなメンバーで制作を行っていくのかということを決めるのもプロデューサーなので

作る番組によって、番組を作るのが得意そうなディレクターやスタッフに声をかけて人材を集める、というのもプロデューサーの仕事です。

関連記事:テレビプロデューサーの仕事内容

 

テレビディレクターの仕事

 

では次にテレビディレクターがどのような仕事をしているのかと言うと

  • 番組のネタに沿って演出を考える
  • 取材が必要なのであればとことん取材
  • VTRの構成を考える
  • スタジオや屋外での撮影
  • バラバラで撮った素材を編集する

などといった仕事をしています。

 

プロデューサーが考えた企画をどのように具現化していくかということを考えるのがディレクターの仕事です。

 

自分ではない誰かが構想したものをどれだけ形にすることができるかということが求められるので

相手をイメージしているものを汲み取る力とそれを形にするセンスが問われると言えるでしょう。

関連記事:ディレクターの仕事の、他の仕事とは違うところ

 

どちらが偉い、はない

 

テレビディレクターとプロデューサーはどちらが偉いのかと言う質問を受けることがありますが

一応形としてはプロデューサーが会社に企画を考えて人を集めるので、プロデューサーはテレビディレクターにとっての上司というような位置づけになります。

 

しかしプロデューサーディレクターがいないと仕事をすることはできませんしもちろん逆も然りです。

 

それぞれ仕事内容も全く違いますしプロデューサーとディレクターが上手くタッグを組んで番組制作は行われているわけであり、

良いものを作るのにどちらが偉いということはなく、どれだけ協力して仕事をすることができるか、というところが一番重要だと言えるでしょう。

 

仕事を選ぶときもどちらが偉いというのではなくどちらの仕事をやりたいのかというので選んだ方がいいと思います。

関連記事:テレビの仕事のスケジュール

 

求められるものの違い

 

プロデューサーとディレクターでは仕事の内容が大きく異なりますので、求められるものも変わってきます。

 

プロデューサーの場合自分が企画を考えてそれを具現化するためにチームを作らなくてはいけません。

なので広い人脈が必要な仕事だと言えます。

 

テレビディレクターの場合は現場で指揮をするのが仕事になるので、とっさの判断力や人を動かす力が求められる仕事だと言えるでしょう。

 

基本的にはどちらもアシスタントディレクターを経験した上でなる仕事なので、アシスタントディレクターとして仕事を経験しながらどちらの方が自分に向いているのかということを考えていくと良いと思います。

関連記事:ADはいつからディレクターの仕事ができるようになるの?

 

テレビの現場で働くなら

 

弊社ライズプランニングはテレビ局出向型の番組制作会社です。

実際にテレビ局内で番組制作に関わってくださるアシスタントディレクターの方を募集しています。

 

もちろんアシスタントディレクターとして経験を積んでからディレクターやプロデューサーになっていく人もいます。

 

テレビ業界で働いてみたいという方是非下記フォームよりエントリーしてください。

 

地方に住んでいたり、まだ学生で働くことができないという方はオンラインサロンPMCA(ぺんくり メディア クリエイターズ アカデミー)も運営しています。

現役のテレビスタッフからテレビ業界のノウハウを学ぶことができますのでこちらもぜひご活用ください。

関連記事:映像制作のスキルを身につけるためにすぐできること

 

では今日はこのあたりで。

記事のシェアはこちらから!

テレビ業界への就職・転職に関するお問い合わせ

テレビ業界への転職を検討している新卒でテレビ業界へ就職したいテレビ業界に関するご質問全般