テレビのディレクターになりたい人へ

テレビ業界で働きたい、と思っている人は多いと思いますが、実際にテレビ局で働いている人がどんな仕事をしているのか、ということについては

テレビ業界内部の人じゃないとなかなかわからないものですよね。

 

テレビのお仕事については知られていないこともたくさんあります。

 

今回はテレビ業界の仕事の中でもテレビのディレクターの仕事について、詳しくお話してみたいと思います。

 

ディレクターの仕事内容

 

テレビ番組を作る上でその番組の最高責任者はテレビプロデューサーになります。

プロデューサーは番組の予算を募るためにスポンサーを見つけたり、その予算に見合う中でどんな番組が作れるか、どんな番組が受けるか、などといったことを考えます。

番組スポンサーについて詳しくはこちら:番組のスポンサー【タイムcm】とは

 

それに対してテレビディレクターはテレビ番組制作の現場における最高責任者と言えます。

テレビの現場では技術的なスタッフも一緒に働いています。

  • カメラ
  • 照明
  • 音声

など様々なスタッフがいて、その人たちをまとめ、さらに指示出しをし、頭の中に描いている番組の構想を形にしていく仕事がディレクターの主な仕事になります。

 

プロデューサーと相談しながら、つまり予算の範囲内でできることを考えながら、

  • 企画
  • 台本
  • 出演者

などを決めていきます。

 

また、収録中は出演者に演技指導をするのもディレクターの役目ですし、

  • 取材
  • 構成
  • 台本

を全て自分でやってしまうディレクターもいます。

 

いずれにせよ多くの人、仕事を束ねる立場になるので、全体のバランスを調整できるような能力が求められるかと思います。

 

女性でもディレクターになれるのか

 

テレビディレクター、というと男性が多いようなイメージがあるかもしれませんが、最近のテレビの現場には女性がものすごく増えてきています。

 

女性が社会進出をしてきたことによって、

女性をメインテーマに置いて作られるテレビ番組も多いので女性の目線そのものがテレビの現場で求められている、ということもありますし

単純に機材などが昔よりも性能がよくなって、軽くなってきているので女性でも扱いやすいものになっている。

というのも女性のディレクターが増えてきた理由として挙げられるでしょう。

詳しくはこちら:女性のディレクターが増えてきたわけ

 

また、女性の方が人に対して安心感を与えやすい、という特徴があるので、取材や街頭インタビューなんかがある時は、

やっぱり女性の方が警戒心を与えないので撮影をさせてもらえる可能性が高くなる、というのもありますね。

関連記事:テレビの街頭インタビューのコツ

 

ディレクターになるには

 

テレビのディレクターになるには基本的にはまずAD(アシスタントディレクター)から始めてテレビの仕事の経験を積んでいくことになります。

 

まずはテレビディレクターのアシスタントとして仕事に入り、ディレクターの補佐をしながらその仕事内容を覚えて行く、といった形ですね。

関連記事:テレビADの仕事内容

 

ディレクターは番組を制作する現場での最高責任者になります。

そしてテレビ番組は面白いかどうか、ということが視聴率として数字に出ます。

その視聴率がもし悪かったら番組が打ち切りになってしまう、なんてことだってあります。

スポンサーもどんどん離れて行ってしまいますから視聴率はとても大事なんです。

詳しくはこちら:視聴率とcmの関係性

 

なので生半可な気持ちでできるものではありません。

 

ただ、一般的な仕事と違ってマニュアルのようなものがないのもテレビディレクターの仕事の特徴です。

こうすれば絶対に視聴率がとれるからこうしなきゃいけない、というのがない代わりに、

今の時代のニーズはなんなのか、どういうテレビ番組が求められているのか、ということを考えながら番組作りをしていくことができる仕事なので

作ることが好きな人、試行錯誤することが楽しいと思える人にはとても向いている仕事だと言えるでしょう。

 

ディレクターになる人のなかには違う職業をやっていてディレクターに転職する、という人もいます。

例えば、もともと出演者側の人がテレビのディレクターになったりすることもあるんですね。

関連記事:ADに転職したい、という人が考えるべきこと

 

ディレクターになるのに資格は必要ありません。

一番大事なのはやはり、テレビを好きかどうか、やりたいいう気持ちがどれくらいあるのかどうか、なんじゃないかなと思います。

結局テレビを作る側に求められる人材はそういう人材なのです。

関連記事:テレビ局が求める人材

 

ディレクターからプロデューサーになるという道もある

 

ディレクターになるにはアシスタントディレクターとして何年か下積み時代を経験する必要がある、というお話をしましたが

ディレクターになってからプロデューサーになる、という選択肢もあります。

 

そのテレビ番組の最高責任者がプロデューサーです。

プロデューサーになると、さらに予算を組んだりスポンサーを集めたり、なんてことも仕事担ってきますので

テレビ番組を作るのに、より多角的に仕事をしたいならプロデューサー、という道もあるかもしれません。

 

ライズプランニングではテレビ局への派遣事業や広告代理店事業を営んでおります。

テレビ業界のお仕事にご興味がありましたらぜひ下記フォームよりお気軽にお問い合わせください。

記事のシェアはこちらから!

テレビ業界への就職・転職に関するお問い合わせ

テレビ業界への転職を検討している新卒でテレビ業界へ就職したいテレビ業界に関するご質問全般

ABOUTこの記事をかいた人

TACHIBANA

テレビでCMを打つ、となると身構えてしまう人がたくさんいると思います。でも実はテレビ広告はやり方によっては手軽に、そして楽しく挑戦してみることのできる広告です。テレビの楽しさを多くの人に知ってもらえるように執筆していきます。