テレビ業界で実際に使われている3大映像編集ソフトについて解説

弊社ライズプランニングはテレビ局出向型の番組制作会社です。

 

情報・報道番組を中心に、実際にテレビ局のフロアでテレビを作るお仕事をしている会社なので、

今回はテレビ局の仕事や、映像制作に興味がある人へ向けて、

テレビ業界で実際に使われている映像編集ソフトについてお話してみたいと思います。

 

テレビ業界で主に使われている映像編集ソフトは

  • ファイナルカット
  • プレミア
  • エディウス

この3つです。

 

映像編集をやってみたいけれどどのソフトを買おうか悩んでいる、という人にも参考になるように書いていきたいと思います。

 

Final Cut Pro

 

Macを使って映像編集をする場合はFinal Cut Proを使うことが多いでしょう。

 

Macを購入するとiMovieという映像編集ソフトが標準装備でプリインストールされており、最近ではiPhoneやiPadでもこのソフトをアプリ版で使うことができるようになっています。

 

一般の方でも視覚的に扱いやすいGUIとなっており、映像編集初心者でも触っていれば短い映像を簡単に編集することができるようなかなりスペックの高いソフトです。

 

ただ、このiMovieは無料で使えるソフトなので、やはり有料ソフトにしかできないような高度な技術というものがあります。

そういった高次元の編集をする時に役立つのがこのFinal Cut Proです。

 

特に動画に字幕を入れる際にその字幕の装飾自由度なんかがiMovieとは桁違いです。

iMovieとの互換性もあり、操作性がやはり良いイメージがあります。

 

本当の初心者でもいじっているうちに映像編集ができるようになるでしょう。

 

このあとご紹介するAdobe Premiereより価格も安いので、Macユーザーの映像編集初心者ならこのFinal Cut Proを購入することをおすすめします。

 

無料のiMovieとは違い、1300以上の特殊効果音がプリインストールされているのも良いところです。

これを使えば映像編集の時にネットにフリーで落ちている効果音を探し回る必要もありませんので、簡単にプロ仕様の映像制作をしたい、という人にまさにうってつけのソフトと言えるでしょう。

 

2017年7月現在で約3万5000円で購入できる、というのがなんといってもメリットだと思います。

映像制作初心者には高額に感じるかもしれませんが、一度払ってしまえばアップデートしてずっと使い続けることができるのでこの値段はかなり安価だと思います。

関連記事:【初心者向け】ネットにアップして「見たい!」と思われる動画の撮影方法

 

Adobe Premiere

 

最近のテレビ業界では Final Cut Proに比べてAdobe Premiereを使っているディレクターが多いです。

 

Final Cut Proは初心者にわかりやすいインターフェースになっている、とお話しましたが

Adobe Premiereはそれに比べると少し操作性としては難易度が高いと思います。

 

しかしFinal Cut Proに比べるととてもできることが多いです。

 

使っている人の層としてはハイアマチュア〜プロ層で、効果にこだわった映像を作る場合はAdobe Premiereの方がおすすめです。

 

具体的にはテレビ制作の現場以外にも

  • ミュージックビデオ制作
  • 映画制作

の現場で使われていることが多いです。

 

素材を切って貼ってしてスピーディーに繋げるならFinal Cut Pro、

映像の色補正や効果にこだわりたい人はAdobe Premiere、というイメージでしょうか。

 

しかしAdobe Premiereは2017年7月現在、クリエイティブクラウド版だと月額5000円なので年間6万円ということになります。

映像制作で食べていけてるか、潤沢な資金源がないとこの値段は少しきついかもしれません。

関連記事:テレビ制作業界の映像編集現場で使われている専門用語

 

EDIUS

 

少しユーザー数は少なく感じますが、テレビ業界で映像制作に使われている3番手はEDIUSという映像編集ソフトです。

 

Adobe Premiereを使いこなしている方には少し物足りないものに感じるかもしれませんが、

EDIUSはAdobe Premiereに比べるとソフトがかなり軽く感じられます。

 

書き出し作業が多い場合はEDIUSを使ってみるのもいいかもしれません。

 

また、GUIがよく整理されていて、手に届くところによく使うものが配置されている、という印象があります。

そういった面でみれば、慣れるとEDIUSでの編集が一番早い、という方もいるでしょう。

 

それなりに編集作業に慣れている中級者〜上級者にとってはEDIUSが使いやすいようです。

関連記事:Youtuberに学ぶ、伝わる動画の撮り方

 

テレビ局で働く

 

今回はテレビ局の映像制作の現場で実際に使われている映像編集ソフトについてお話してみましたがいかがだったでしょうか。

 

弊社ライズプランニングではテレビ局のフロアで実際に働いてくださるスタッフさんを募集しています。

未経験の方も実際にいらっしゃいますし、学生アルバイトも募集しています。

 

ご興味ご関心がございましたら、お気軽に下記フォーム、またはチャットよりお問い合わせください。

関連記事:【映像系を学ぶ学生必見】テレビ局内でバイトをしてみませんか?

 

では今日はこのあたりで。

記事のシェアはこちらから!

映像制作に関するお問い合わせ

企業プロモーション映像を作りたいCM素材を作りたい採用VTRを作りたい

ABOUTこの記事をかいた人

TACHIBANA

テレビでCMを打つ、となると身構えてしまう人がたくさんいると思います。でも実はテレビ広告はやり方によっては手軽に、そして楽しく挑戦してみることのできる広告です。テレビの楽しさを多くの人に知ってもらえるように執筆していきます。