テレビ業界に就職を考えている人が参考にするべきもの

テレビ業界に就職したいという大学生の方と話していると

「テレビ業界のことについて調べてもなかなかためになる情報がなく、業界のことがよくわからない」

という意見を聞きます。

 

テレビ業界というのは入る番組によっても仕事内容が大きく違うものなので

どうしても「テレビ業界の仕事はこういう仕事です」というものを紹介しにくいというところがあります。

 

ただテレビ業界に入りたいと思っている人からしたら、内容がわからないのにどうやって志望動機を書けばいいのか

どうやって就職先を選んで行けばいいのか、不安に思うと思います。

 

ということでテレビ業界に就職をしたいという人がどういったものを参考にすればいいのかということについて

テレビ局出向型の番組制作会社である弊社ライズプランニングの目線でお話ししてみたいと思います。

 

テレビ局や番組制作会社のHP

 

まずはテレビ局や番組制作会社のホームページをたくさんチェックしてみましょう。

 

例えば東京キー局のホームページを並べてみるだけで、テレビ局のカラーが全く違うのだということがよくわかると思います。

 

そのテレビ局にとって、看板となる番組はどのような番組なのか。

 

またテレビ局によって部署の数や種類も異なります。

どのような番組を放送しているのかというだけではなく、どのようなグループ会社があってどのような事業を行っているのか。

 

さらに企業理念も見てみましょう。

 

どのような理念を持って事業を行っているのかということを調べてみる

それぞれのテレビ局のカラーがわかりやすくなると思います。

 

自分が入りたいと思う会社はどこなのか。

企業理念を見るだけでその思いに賛同できるかというポイントで判断することができるでしょう。

 

また番組制作会社のホームページも同じように参考になります。

 

同じ番組制作会社でもホームページのカラーが全然違って

中にはスタッフブログのようなものを書いている制作会社もありますから、そういうのも見てみて、自分の肌に合いそうかどうかということをチェックしてみてください。

 

また番組制作会社は、テレビ局出向型と請負型の制作会社とで仕事内容が大きく変わってきます。

 

テレビ局出向型の番組制作会社であればテレビ局内で仕事をするような形になりますが

請負型の制作会社の場合は制作会社の中で制作を行う仕事になります。

 

どこで働きたいのか、どのような規模感で働きたいのかということも就職先を決める上では大切なポイントなのではないかと思います。

関連記事:番組制作会社の種類は大きく分けて2つある?就職する時どっちを選べばいいの?

 

番組表

 

テレビ番組表も見るべきポイントです。

 

どのテレビ局がどのような番組をやっていて、同じ時間帯で裏ではどのような番組をやっているのか。

 

そこには編成局の意図が見えます。

同じ時間帯に放送しているテレビ番組に視聴率を取られないように色々な工夫がしてあるんですね。

 

視聴率を取ることによってスポンサーの評価を得ることができますからテレビ局はテレビ番組の視聴率を上げることに躍起になっています。

 

だからこそ、どういう考えでその時間帯にその番組を作っているのかということを考えることで

これからテレビ業界で働いていくために必要な目線を育てることができるでしょう。

 

自分で考えて仮説を立て、チャレンジしていくことができる人というのをテレビ業界は欲しています。

 

ただ人に言われたことをやるだけではなく、自分で考えてチャレンジしていくことができる人というのが制作の現場には必ず必要になってくるからです。

 

なので就職活動の時点からそういったことを考えることができる人というのは

テレビ業界にとってとても必要とされる人材なのです。

関連記事:【就活】テレビ局の志望動機の書き方

 

番組クレジット

 

テレビ番組の番組クレジットも参考にすると良いでしょう。

 

一つの番組を一つの番組制作会社が作っているわけではありません。

時にはひとつの番組に複数の番組制作会社が携わっていることもあります。

 

この番組はどの制作会社が作っているのだろう?どんなスタッフさんが関わっているのだろう?

 

そういったことに興味を持って番組クレジットを見てみると、案外好きな番組は全部同じプロデューサーさんだったとか、結構面白い発見があったりします。

関連記事:テレビプロデューサーのイメージと実際のギャップ

 

憧れの人の経歴

 

テレビ業界に入るのに憧れの人というものが何人かいるのではないかなと思います。

自分が気になった人の経歴を調べてみてください。

 

ずっとテレビ局に入る人もいれば、テレビ制作会社からテレビ局に入った人もいるし

制作会社から独立してフリーランスとして活動している人もいます。

 

色々な働き方がテレビ業界にはあるので、どのような変遷をたどって憧れの人が業界で働いているのかということも、調べてみると自分の参考になると思います。

関連記事:テレビの仕事で転職するのはよくあること、人生のステージに合わせた働き方。

 

参考にしすぎてはいけないもの

 

あまり参考にしすぎてしまうとよくないものが一つあります。

 

それはテレビ業界について書いてあるネットの掲示板です。

 

もちろん匿名で書いてある掲示板はリアルなことが書いてあるとは思うのですが、

テレビ業界に不満を持っている人しか掲示板には書き込まないということを忘れないでください。

 

テレビ業界で楽しく働いている人はわざわざ掲示板に入って不満を書いたりはしません。

 

ネットでテレビ業界のことを調べると悪口や不安になるようなことばかりが書いてあると思います。

もちろんリアルな意見かもしれませんがそれが全てではないということを念頭において話半分でそういったものを参考にしてほしいなと思います。

 

テレビ業界というのは入る前と、入ってから実際に仕事をしてみてのイメージに大きくギャップがある業界ですからね。

 

弊社ライズプランニングではテレビ局で実際にアシスタントディレクターとして働いてくださる方を募集しています。

学生アルバイトも同時に募集していますのでご興味がございましたら下記フォームよりエントリーしてください。

 

また現役のテレビスタッフが映像業界の裏側や映像制作のノウハウを教えるオンラインサロンPMCA(ぺんくり メディア クリエイターズ アカデミー)も運営しています。

 

  • まだ就職する年齢ではない
  • 地方に住んでいて学べる場所がない

などという方、是非こちらもご活用ください。

関連記事:映像制作のスキルを身につけるためにすぐできること

 

では今日はこのあたりで。

記事のシェアはこちらから!

テレビ業界への就職・転職に関するお問い合わせ

テレビ業界への転職を検討している新卒でテレビ業界へ就職したいテレビ業界に関するご質問全般