サイト運営会社
テレビ業界の裏話

テレビ業界の仕事でインターンはある?

テレビ業界の仕事というのはなかなか外部からはよくわからないものですよね。

 

だからこそ、テレビ業界の仕事に興味を持って

なんとなく将来そちら側の業界に行きたいな、と思ったら、インターンなどで実際にどのような仕事をしているのか、ということを見てみたいと思うと思います。

 

弊社ライズプランニングはテレビ局出向型の番組制作会社で、実際にテレビ局内の制作の現場で番組制作のお仕事をしていただいていますが

毎年、就活の時期になると「テレビ局やテレビ業界の仕事のインターンはないですか?」というお問い合わせをいただきます。

 

テレビ業界のインターンは難しい

 

これから自分が働いていくかもしれない業界なのですから

「なんとなくこういう仕事だろう」という想像だけではなくて、実際に働いている現場を見てみたい、というのはとてもよくわかりますし、

それくらいの気概を持ってくださっていることはありがたいことです。

 

ただ、テレビ業界の仕事のインターンというのはとても難しいんです。

 

なぜなら、仕事は毎日違うことをしていますし、

番組制作の現場は慌ただしく、仕事を事細かに説明している暇はあまりありません。

 

入職現場によってもやっていることは違います。

同じアシスタントディレクターでも、ドラマのアシスタントディレクターとバラエティ番組のアシスタントディレクターでは仕事内容が全く違います。

 

なのでインターンシップを実施しているところはなかなかありません。

インターンシップをしても、結局その人が働く現場によって仕事はことなりますし、だったら採用してから教えた方がいい、という方向になってしまっている部分もあります。

 

もちろん場所によってはインターンを実施している会社もありますけどね。

 

そうはいってもやっぱり就活するなら、採用されてからどのような仕事をするのか、

実際の現場の雰囲気を知っておきたい、という気持ちもあると思います。

 

インターン、という形では難しいのですが、実際の番組制作の現場を見るにはいくつか方法があります。

それを次の章で紹介していきたいと思います。

関連記事:テレビ業界に就職を考えている人が参考にするべきもの

 

テレビ業界の現場を実際に見に行く方法

 

スタジオ観覧・エキストラ

 

現在放送している番組ではスタジオ観覧やエキストラを募集している番組が探してみると結構あるものです。

実際にテレビ局の公式サイトで探してみてください。

 

東京のテレビ局スタジオにくることができる人は、東京であれば観覧先がすぐに見つかると思います。

好きな番組のスタジオ観覧に実際に行ってみると、その番組の制作の仕方を間近で見ることができます。

 

普段、私たちが放送で見ているテレビ番組はカメラが回っているうちのさらに編集した部分です。

収録時間はもっともっと長くて、実際にはカメラが回っていないところでもスタッフが動き回り、演者さんも休憩したり談笑したりしています。

 

そしてカメラが回りだすとなんとも言えない緊張感にスタジオが包まれます。

 

テレビに入っている笑い声だって、全てが観覧のお客さんの笑い声というわけではなく、

スタッフが先行して笑いを入れたり、盛り上げたりしていることもあります。

 

そんな現場の雰囲気を掴むために、一度スタジオ観覧やエキストラに行ってみる、というのは良い経験になるでしょう。

思っていたイメージとは大きく異なる現場が見られると思います。

関連記事:バラエティ番組のスタジオ観覧の裏話

 

テレビ局の見学会に行ってみる

 

テレビ局が主催している、局内の見学会などもあります。

 

実際にテレビ局のスタッフさんがテレビ局を案内してくれて、説明をしてくれるので

とにかくテレビ局の現場を見に行ってみる、ということをしてみるといいでしょう。

 

時間帯によっては収録現場を見ることができることもあります。

関連記事:テレビ局の一般職ってどんな仕事をするの?

 

テレビ局でバイトしてみる

 

大学生の場合、テレビ局内でアルバイトをすることもできます。

あまり知られていないのですが、テレビ局ではテレビ局員だけが働いているわけではなく、番組制作会社のスタッフやアルバイトもいるんですね。

 

弊社にも大学生アルバイトが約100名在籍しており、

現在はバラエティ番組、情報・報道番組をメインにお仕事をしていただいています。

 

実際にテレビ局内で番組制作の仕事に関わっていただいているので、就職する前に、就職を検討している業界でアルバイトをしてみる、というのは

ある意味インターンよりもためになるのではないでしょうか。

 

インターンは期間が決まっているものですが、アルバイトなら年単位で働くことができますので、

テレビ局内の仕事の一年間の流れを感じながら仕事をすることが可能です。

関連記事:テレビ局でバイトをする大学生が感じていること。

 

テレビの仕事はイメージとギャップがある

 

実際にテレビ番組制作の現場で働いてみたスタッフの方の話だと

やっぱり仕事をする前に思っていたテレビ業界へのイメージと、実際に働いてみて感じるものとでは、大きなギャップがあるそうです。

 

華やかな業界に見えますが、たくさんのスタッフが裏で地道なお仕事をしていたりしますからね。

 

できればテレビ業界に就職を考えている方は

本格的な就職活動に入る前に、テレビ業界の現場を見てみて欲しいです。

 

弊社ライズプランニングでも現在学生アルバイトを募集しておりますので、ご興味がございましたら下記フォームよりお気軽にエントリーしてください。

関連記事:番組制作のバイトが学生のうちからできる!?そのメリットとは。

では今日はこのあたりで。

ABOUT ME
TACHIBANA
TACHIBANA
テレビでCMを打つ、となると身構えてしまう人がたくさんいると思います。でも実はテレビ広告はやり方によっては手軽に、そして楽しく挑戦してみることのできる広告です。テレビの楽しさを多くの人に知ってもらえるように執筆していきます。




テレビ業界への転職を検討している新卒でテレビ業界へ就職したいテレビ業界に関するご質問全般