テレビの現場でもノロウイルスに注意!

冬場に全国で猛威をふるうノロウイルス。
腹痛、嘔吐、下痢など、つらい思いをしたことのある方も多いと思います。
毎年11月から翌年1月頃が発生のピークですが、
年がら年中、人が出入りしているテレビ局でも、もちろん十分な注意が必要です。
どんな対策をとったらいいのでしょうか?

 ノロウイルス、どんなウイルス?

 お腹が痛い、吐き気がする……と思って病院へ行ったら
「お腹の風邪ですね」と言われたことはありませんか? 
最近ではその「お腹の風邪」の原因の多くは、
ノロウイルスによるものであることが分かってきました。

ノロウイルスは、手指や食品などを介して、経口で
またはウイルスを吸い込むことで感染します。
しかも、ごく少量でも感染します

ヒトの腸管で増殖し、嘔吐、下痢、腹痛などを起こすこのノロウイルス、
胃酸の中でも生き延びることができるという強力なウイルスで、
一度かかった人でも、繰り返し感染することがあります。
健康な方は軽い症状で回復しますが、
子どもや高齢者は、重症化したり、
嘔吐物をあやまって気道に詰まらせて死亡するケースもあります。  

そして……
ノロウイルスはワクチンがありません
また、排泄物、嘔吐物には大量のウイルスが排出されるので、
感染を拡大させないような注意も必要です。

どこにでもあるノロウイルス

電車、会社、自宅。
流行期は人の出入りするあらゆる場所にウイルスが付着しています。
もちろん、テレビ局にだって! 

その環境に触れた手を、口へ持ってくることで感染してしまいます。
しかもノロウイルスは乾燥に強いので、
ウイルスが含まれた嘔吐物などがカーペットで乾燥すると、
ホコリと一緒に舞って、口の中に入ってしまうことも……。

なんだか怖くなってしまいますが、
感染を広げないためにも、ぜひ次のことに気を付けてください。

  • 対策その①なんといっても手洗い

ノロウイルスは、アルコール(消毒用エタノール)が効きにくいウイルスです。
家庭用の消毒液やジェル、ウェットティッシュを使っている方も多いと思いますが、
それらはノロウイルスの決定的な予防法ではありません。
(インフルエンザ対策にはなりますので、使用すること自体はお勧めします。)

では、何をしたらいいのでしょう?

はい、よく言われるように「手洗い」が一番大事です。
テレビ局のトイレにも、手洗いを促す張り紙がありますよね。
食事の前、帰宅時、トイレの後は必ず手を洗いましょう。
ポイントは、石鹸やハンドソープを使って、
すみずみまで洗い、よくすすぐこと。

そしてここから先が肝心なのですが、
その手を拭くときに、乾いたきれいなタオルやハンカチを使うこと。
ペーパータオルなどもいいですね。

  • 対策その②ノロウイルスに感染してしまったら

ノロウイルスによる胃腸炎は、
激しい嘔吐や下痢を繰り返すため、脱水症状に陥りがちです。
かかってしまったと思ったら、早めに水分補給をしましょう。
吐き気の強いときは少しずつ。
経口補水液がおすすめです。
まったく水分がとれないというときは必ず病院へ。

  • 対策その③家族がノロウイルスに感染してしまったら

感染者の1gの便には1億個のウイルスが、
嘔吐物にも100万個のウイルスが含まれていると言われています。
そしてわずか10~100個のウイルスでも感染してしまうのです。
ウイルスの飛散を防ぐ対策が必要です。

トイレの後、流すときは必ず便座の蓋をおろして流しましょう。
嘔吐物の処理をするときは、
塩素系消毒剤である次亜塩素酸ナトリウムの使用が有効です。
ハイター、ブリーチといった商品を使うことができますが、
使用上の注意をよく読んで使いましょう。
内閣府食品安全委員会のHPに使い方が詳しく載っています。
ノロウイルスの消毒方法

  • 対策その④調理のときも気を付けよう

ノロウイルスの失活化(ウイルスの活性を失わせること)の温度と時間については、
食品の中心温度85℃以上で90秒以上の加熱を行えば、
感染性はなくなるとされています。
中までしっかりと加熱しましょう。

──ちょっと面倒? 
でも、ノロウイルスは感染性が強いですから、
自分だけでなく家族や身近な人にも影響を及ぼしかねません。
時間の不規則なテレビの仕事、つい面倒で、
手を洗わずにお菓子を食べちゃったり……なんてありませんか?
手洗いは、ノロウイルスに限らずインフルエンザやその他ウイルスの予防にもなります。
ぜひ毎日の習慣に!

厚生労働省のノロウイルスに関するQ&A

記事のシェアはこちらから!