【テレビ制作の求人】報道フロアで働く

弊社ライズプランニングではテレビ報道フロアで制作スタッフとして働いていただける方を募集しています。

 

今回は弊社の求人情報に加えて、

テレビの報道フロアでの仕事がどんなものなのか、どういう人が今テレビ制作の現場に求められているのか、ということについて詳しくお話してみたいと思います。

 

【求人】未経験でも可能

 

テレビ制作スタッフへのエントリーは未経験の方でももちろん可能です。

 

経験者の方の求人も行っておりますが、

基本的にテレビ制作の現場は実際に現場に入って覚える、というスタイルが一般的です。

 

テレビ局や入る番組によって役職名も違ったり、やる仕事も全く違うのがテレビ制作の現場です。

 

技術的な仕事に関してはもちろんスキルが必要ですが、未経験で制作に入るならとりあえずADとして現場で働く、という形です。

関連記事:テレビADの仕事内容

 

最初は覚えることもたくさんありますが、マニュアルがある仕事ではないので臨機応変に動けるかどうかが肝心。

 

能動的に行動できる人なら問題ありません。

 

前職は全く違う仕事をしていたけれど、未経験でテレビ業界の制作に転職してきた、という人も実はたくさんいるのです。

関連記事:テレビ局への転職は未経験でも大丈夫なのか

 

どうして報道なのか

 

弊社ではテレビ業界への派遣業務を営んでおりますが、テレビ業界の中でも最初は情報・報道番組の制作スタッフとして働いている方の求人を出しています。

 

テレビ業界に憧れを持って制作スタッフとして入りたいと思っている人は多くの場合がバラエティの制作を志望するのですが

弊社では情報・報道のフロアで働いていただいています。

 

なぜなのか。

 

それは情報・報道の現場がテレビ業界の基礎と言われるからです。

 

まず、情報・報道番組の場合は多くの番組が平日毎日レギュラーで放送をしています。

そして生放送も中継も収録番組もあります。

関連記事:生放送と収録の違い

 

いろんなパターンの番組制作を経験することができる、というのと高頻度で同じ番組の制作に入ることができるんですね。

対してバラエティの場合は収録番組が多く、番組放送頻度も週に1回であることが多いです。

 

テレビ制作の現場で働くのが初めて、という人は特に、どれくらい仕事をしたかというその経験がそのままどれだけ仕事ができるか、というところに繋がっていきます。

 

一週間に1回しかしない仕事より、毎日やる仕事の方が早く覚えられるし、ミスも減るでしょうからストレスも感じにくいでしょう。

 

また情報・報道番組の場合はアナウンサー、キャスターだけでなく

  • お笑い芸人
  • タレント
  • 文化人
  • モデル

などといった多様な方が出演されます。

 

それ以外にも海外の有名アーティストが登場する、なんてこともあり、

情報番組を実際に見ていたらわかると思いますが、企画も本当にさまざまです。

 

つまり情報や報道番組の制作として入ることによって、テレビ業界の制作の仕事を網羅することができる、ということなんです。

 

なので、テレビ業界に特に未経験で入ってくる方にはまず、情報か報道番組の制作スタッフとして仕事をしてもらうようにお願いしています。

もう少し詳しくこちらでも説明しています:テレビ番組制作会社に入るなら、最初は報道か情報番組がいい理由

 

求人職種

 

弊社で求人を行っているテレビ制作スタッフの職種についてお話しします。

基本的には先述した通り、まずは報道か情報番組の制作スタッフとして入職していただきます。

 

ディレクター

 

番組ディレクターの場合は経験者のみ、募集しています。

 

ディレクターは番組制作の総指揮者になります。

番組プロデューサーと綿密に打ち合わせしながら、番組を企画・制作をする仕事で、

プロデューサーの頭の中に描かれている番組イメージをスタッフに指示出しをして実際の形にしていく仕事です。

 

ディレクターは番組ごとに立てられるので、お仕事も番組ごとに完結するお仕事になります。

すこしフリーランス要素の強い仕事ですね。

関連記事:ディレクターの仕事の、他の仕事とは違うところ

 

エントリーページへ

 

アシスタントディレクター

 

アシスタントディレクター(AD)はディレクターの元について番組制作の仕事をするスタッフです。

番組ごとに複数人のADがつきます。

 

  • 弁当手配
  • リサーチャー
  • 番組で使用する素材探し
  • 取材
  • ロケハン(ロケに行く場所を下見にいくこと)
  • クイズや企画のシュミレーション

など、番組によってやる仕事は様々です。

 

関連記事:実際のADの仕事内容でとても苦労した話

 

エントリーページへ

 

学生アルバイト

 

弊社では学生のうちからテレビ局の制作スタッフとして働きたい、という人のエントリーもお待ちしています。

 

基本的には就職活動前の大学1、2年生が対象になりますが就活中の3、4年生でも頻度を少なめにして働いていただくことが可能です。

 

  • テレビ業界で働いてみたい
  • 将来テレビ関係の仕事に就きたい

という学生さんからのエントリーをお待ちしています。

 

詳しくはこちら;テレビ局内でバイトはできるの?

 

エントリーページへ

 

その他

 

その他にも

  • リサーチャー
  • 番組デスク
  • タイムキーパー

の募集も行っております。

 

経験者の方の場合は迅速なお仕事の紹介が可能です。

仕事内容に関して詳しくはこちら:テレビの仕事の種類と内容

 

テレビ番組制作スタッフとして働く

 

弊社ライズプランニングでの求人情報についてお話しさせて頂きました。

 

テレビ局は遠い存在のように感じている人がたくさんいますが、

実は学生のうちからアルバイトでも働くことができる場所なんですね。

 

もちろん普段テレビで目にしている人たちと同じフロアで仕事をする、ということです。

 

一般的な仕事と違って、能動的に考えて動ける人が求められる現場です。

頭を使って動かなくてはいけませんが、その分充実感を強く感じられる仕事だと思っています。

 

テレビ業界へ興味のある方、ぜひ一緒に働きましょう。

関連記事:【就活】テレビ局の志望動機の書き方

 

では今日はこのあたりで。

記事のシェアはこちらから!

テレビ業界への就職・転職に関するお問い合わせ

テレビ業界への転職を検討している新卒でテレビ業界へ就職したいテレビ業界に関するご質問全般

ABOUTこの記事をかいた人

TACHIBANA

テレビでCMを打つ、となると身構えてしまう人がたくさんいると思います。でも実はテレビ広告はやり方によっては手軽に、そして楽しく挑戦してみることのできる広告です。テレビの楽しさを多くの人に知ってもらえるように執筆していきます。