テレビプロデューサーにも種類がある?番組によって求めらえるものは違う。

みなさんテレビプロデューサーと聞くとどんなイメージを思い浮かべるでしょうか?

怖い人、というイメージが強い人が多いのではないでしょうか。

 

実際はどうかというと、テレビプロデューサーは女性も多くなってきていて

制作の現場に関わっているスタッフになるべく気持ちよく仕事をしてもらうために、いろいろなところで気配りができる方が多いです。

 

細やかなところに気がつくからこそ、最近は女性が増えてきている、というのもあるかもしれません。

 

そんなプロデューサーですが、

実はいろいろな種類があります。

 

そもそもテレビ番組というのもいろいろなジャンルがあって、

番組のジャンルによってやっていることは様々ですよね。

 

例えば情報番組とバラエティ番組では、同じアシスタントディレクターでもやっている仕事内容が全然違ったりします。

もちろん同じ情報番組のジャンルだとしても、番組が違えば仕事内容は変わってきます。

 

これはプロデューサーも同じで、

現場によって求められるものが違ったりするものなんですね。

 

今回は番組ジャンルごとに、求められるプロデューサー像、その種類について書いていきたいと思います。

 

ドラマやバラエティで求められる「アイデア力」

 

ドラマやバラエティ番組の現場で一番プロデューサーに求められるのはアイデア力です。

もちろんどの現場においてもプロデューサーは制作の総責任者になりますので、常に新しいものを提案していくことを求められます。

 

ただ中でも、ドラマやバラエティ番組の現場では、特にアイデア力が求められると言えるでしょう。

 

今までにない切り口から物事を捉える番組や、たくさんの人に注目されやすいネタを扱って制作をしていくことが求められます。

 

また、企画を立ち上げるだけでなく人材発掘も大切です。

キャスティングはプロデューサーが主に行っていますので、「この人は面白い」と思った人を育てていくのもまたプロデューサーの役目です。

 

まだ話題となっていないタレントや芸能人を起用し、視聴率を牽引していくことが求められます。

 

ドラマやバラエティ番組は、番組改編の影響を強く受けますよね。

ドラマなんかはワンクールで変わってしまいますから、そのクールの中でどれくらい視聴率をとることができるか、熾烈な競争が繰り広げられています。

 

誰よりも面白いアイデアを思いつく自信がある、テレビ業界の流れを変えてやるぞ、というような野心的な心持ちがないと

ドラマやバラエティ番組のプロデューサーを続けていくのは難しいでしょう。

関連記事:テレビディレクターとプロデューサーの違いとは?仕事内容もまるで違う?

 

情報・報道番組で求められる「対応力」

 

テレビ番組の一番の基本となるのは情報・報道番組だと言えるでしょう。

そもそも情報を広く伝えるメディア、というのは、災害などの緊急時に、大衆に迅速に情報を伝達するためにできたものです。

 

テレビ放送の中でも一番重要なのはニュース。

優先順位が高く、重要なニュースが飛び込んでくれば、一瞬で番組の放送予定を変更してニュースを取り扱うのがテレビの現場です。

 

生放送のものが多く、他の番組と比べて放送頻度が高いのが特徴です。

非常にたくさんのスタッフが番組を作るのに携わっていますが、プロデューサー一人の決定で多くの人が動きを変える時があります。

 

非常事態の時も、冷静に判断を下し、臨機応変な対応をしていくことが求められます。

 

放送頻度は多いですが、生放送のため、収録がおす、ということもありません。

なので他のジャンルの番組に比べるとスケジュールが見えやすく、働きやすい現場だとも言えます。

 

未経験の方がテレビ業界に入るのであれば、まずは情報・報道番組でキャリアを積んでから、他のジャンルの番組も考えてみる、というのが一番良いのではないかな、と思います。

関連記事:テレビ番組制作会社に入るなら、最初は報道か情報番組がいい理由

 

ドキュメンタリー番組で求められる「探究心」

 

ドキュメンタリー番組で求められるのは探究心です。

どんな物事や人にも、そこには必ずストーリーがあり、世間一般ではあまりスポットライトが当たらない部分を輝かせるのがドキュメンタリー番組。

 

それを作るのにはまず、普通の人が興味を持たないようなところに興味を持てる人でいなくてはいけません。

 

私の印象ですが、ドキュメンタリー番組を扱う番組プロデューサーほど

私生活そのものが仕事のような働き方をしている方が多いです。

 

何を見てもそこにストーリーを見出し、興味を持って深く調べていく。

 

人や物事の良さを引き出すエキスパートとも言えるかもしれません。

関連記事:ドキュメンタリー番組制作の変化

 

 

ということで今回は番組ジャンルによってプロデューサーも求められるものが違う、というお話をしてみました。

もちろんどの要素もプロデューサーにとっては大切な要素です。

 

プロデューサーを目指してテレビ業界に入りたい、と思っている人はぜひ参考にしてみてください。

 

では今日はこのあたりで。

 

記事のシェアはこちらから!

テレビ業界への就職・転職に関するお問い合わせ

テレビ業界への転職を検討している新卒でテレビ業界へ就職したいテレビ業界に関するご質問全般

ABOUTこの記事をかいた人

TACHIBANA

テレビでCMを打つ、となると身構えてしまう人がたくさんいると思います。でも実はテレビ広告はやり方によっては手軽に、そして楽しく挑戦してみることのできる広告です。テレビの楽しさを多くの人に知ってもらえるように執筆していきます。