テレビ局の仕事内容はどんなものがあるのか

テレビ局の仕事内容

ライズプランニング

テレビ局に就職したい、と思っている人でも、テレビ局の仕事の内容はどんなものなのか、ということを調べるのは難しいと思います。

テレビはコンテンツこそ誰でも見られるものですが、どうやって制作しているのか、どんな人たちが作っているのか、というところにはあまりスポットは当たらないですよね。

 

今回はテレビ局の中で働きたい、と思っている人たちに向けて、テレビ局の仕事はどんな内容のものがあるのか、実際にテレビ局で働いている人のお話を踏まえつつ話して見たいと思います。

 

テレビ局の放送部の仕事

 

テレビ局の放送部は放送自体に直接関わる仕事内容をしている人たちのことを指します。

 

  • プロデューサー
  • ディレクター
  • アシスタントディレクター
  • アナウンサー
  • 記者

といった役職が挙げられます。

 

放送部のお仕事は基本的にテレビ局内での現場での仕事になるので、咄嗟の判断力やクリエイティブ力が必要になります。

逆をいえば、テレビ番組を作っていく直接的な仕事内容を担う人になるので、自分で考えて行動することができる人にはとても向いている仕事だと言えるでしょう。

 

プロデューサーの仕事内容

 

テレビプロデューサーはそのテレビ番組の総括にあたり、その番組で一番偉い人になります。

 

プロデューサーは番組をゼロから作る人であり、そのための資金繰りをするのもまた仕事内容に入ってきます。

テレビ番組には基本的に番組にスポンサーがつくことによって収入を得ることができます。

番組のスポンサーになる、ということについて詳しくはこちら:番組のスポンサー【タイムcm】とは

 

なのでその番組を客観的に見ることができるような目線を持つことが求められます。

その番組が視聴率を取れるのか、という観点から番組を作っていくので

  • どういうターゲット層に向けて番組を作るのか
  • そのためにどれくらいの予算が必要なのか
  • その予算を集めるためにどういうスポンサーがつけられるのか
  • スポンサーが納得してくれるような番組を企画する

などなど、番組のコンテンツ内容を対外的にも捉えていかなくてはいけない仕事内容になります。

 

テレビプロデューサーの仕事内容について詳しくはこちら:テレビプロデューサーの仕事内容

 

ディレクターの仕事内容

 

テレビディレクターはテレビ番組を制作する上で制作でのトップのポジションになります。

 

プロデューサーが予算を組んだり番組の企画をスポンサーとの兼ね合いから考えたりするのとは違い、ディレクターは番組の制作をメインに動きます。

ただ、プロデューサーとの連携は必須です。

 

プロデューサーが頭のなかに描いている番組をディレクターが構築していくようなイメージですね。

現場で働いてい技術部のスタッフに指示を出して番組の演出を考えていきます。

 

実際にテレビディレクターとしてお仕事をされている方のインタビュー記事はこちら:テレビディレクターの仕事についてインタビュー

 

アシスタントディレクターの仕事内容

 

アシスタントディレクターはディレクターの下についてディレクターの指示のもとになんでも仕事をこなさなくてはいけない役職になります。

一つの番組に30人以上アシスタントディレクターがつくこともあります。

 

基本的にディレクターになるにもプロデューサーになるにも、このアシスタントディレクターの仕事から始めて経験を積んでいくような形になります。

関連記事:テレビADの仕事内容

 

最近はディレクターに女性の方も増えてきているので、アシスタントディレクターにも女性の方が増えてきています。

実際に女性でディレクターのお仕事経験をお持ちの方のインタビュー記事はこちら:女性ディレクターが求められていた現場での話

 

テレビ局の技術部の仕事

 

テレビ局での番組作りの現場で技術的な内容の仕事をしているのが技術部です。

 

  • カメラマン
  • 音声
  • 照明
  • CG
  • 調整
  • 中継

など、のスタッフです。

実際に現場で働くスタッフだけでなく、放送システムの全体の管理など仕事のうちに入ります。

 

もちろんテレビも時代とともに進化していますから新しい技術開発の仕事もあります。

技術部に関しては専門的な知識やスキルが必要になってくる仕事内容だと言えるでしょう。

 

非現場

 

テレビ局の仕事内容の中には現場でする仕事ではないものもあります。

 

例えば

  • 営業
  • 人事
  • 経理
  • 広報
  • 編成
  • 事業

など、番組を直接作らない仕事もあるんですね。

 

テレビは作ったらそのまま放送するのではなく、裏番組の状況などを見て、どの枠で放送したら視聴率がとれるのか、だとか

前後の番組との兼ね合いからどんな視聴者層を狙って、その視聴者層にチャンネルを切り替えられずに見てもらえるのか、という観点で放送する番組の順番を決めたり、などの仕事もあります。

 

メディアには必ずそういったメディアプランニングが必要になってくるのですね。

関連記事:メディアプランニングの大切さ

 

テレビ局の仕事内容はいろいろ

 

テレビ局の仕事の内容についてざっくり話してみましたがいかがだったでしょうか?

 

一口にテレビ局の仕事、といっても、その内容は多岐に渡ります。

テレビ番組の制作の仕事もいろんな種類がありますからね。

関連記事:テレビ番組制作の仕事もいろいろある

 

テレビ局で働いてみたい!と思っている人は、具体的にどんな仕事をしてみたいのか、ということをテレビ局の仕事に就く前にイメージしていった方がいいかもしれません。

漠然とテレビ局の仕事、という風に考えているよりはその方がより自分のやりたい仕事を任せてもらえる様になると思います。

 

こちらの記事もどうぞ:テレビ局が求める人材

ライズプランニング

記事のシェアはこちらから!

テレビ業界への就職・転職に関するお問い合わせ

テレビ業界への転職を検討している新卒でテレビ業界へ就職したいテレビ業界に関するご質問全般

ABOUTこの記事をかいた人

TACHIBANA

テレビでCMを打つ、となると身構えてしまう人がたくさんいると思います。でも実はテレビ広告はやり方によっては手軽に、そして楽しく挑戦してみることのできる広告です。テレビの楽しさを多くの人に知ってもらえるように執筆していきます。