サイト運営会社
テレビ業界の裏話

テレビ業界の採用時期と就活のために持っておくと良い知識。

テレビ業界に就職を考えている人はテレビ業界の採用時期についても調べておいた方が良いでしょう。

 

テレビ業界に絞って就活をするにしても、

やはり一般的な採用時期の流れとどれぐらいテレビ業界が違うのかということも意識しておいた方がいいと思います。

 

テレビ業界と言うと大きく分けてテレビ局と番組制作会社の二つになると思いますが

それぞれの採用時期についてお話ししてみたいと思います。

 

テレビ局の採用時期は早期化している

 

マスコミ業界は採用時期が早いことで有名ですが、その中でもテレビ局の採用時期は際立って早くなっています。

年々採用時期が早まっており、東京キー局だけでなく在阪キー局も採用時期が早期化しています。

 

また採用人数は、かなり少なく、人員が足りている枠に関しては採用自体を行わないこともあります。

特にこの傾向は地方局に多いです。

関連記事:テレビ局に採用される人の特徴

 

NHKと民放の採用方式の違い

 

民法に比べてNHKの場合は全国で放送を行っているので、少し採用方式が異なります。

 

NHKは大手新聞社と採用時期の足並みをそろえており、決定的に職種別の採用を行っているというのが特徴です。

また他局に比べると、筆記試験での成績が重要視されるというのがNHKの採用の特徴と言えるでしょう。

 

民放の場合は技術職とアナウンサー職は別ですがそれ以外の仕事は一般職、もしくは総合職になっており

そこで採用が決定してから配属が決まるような流れになっています。

 

テレビ局に就職したいという人の多くが制作に進みたい人なのですが、番組制作を出したいと思ってテレビ局に入社したのに、

営業や経理など、自分が想像していたのとは違う仕事を任されてしまい、入社前とのギャップを感じてしまうという人が少なくありません。

 

テレビ業界に進むにあたって、必ず制作をしたいと言うのであれば、テレビ局ではなく番組制作会社に就職した方が良いでしょう。

番組制作会社に就職できれば、必ず番組制作に携わる仕事をすることができます。

 

またNHKの採用方式の場合は、徹底的な職種別の採用を行っているので、入社前に想像していた仕事とは全く違うような仕事に就くことになるということは少ないと思います。

関連記事:テレビ局には営業のお仕事もある!その内容とは?

 

特殊な地方局の仕事

 

地方局の場合は、東京キー局に比べると規模が小さく、人手も多くありません。

そのためディレクターがカメラを回したり、編集を行ったり、というような兼業が目立ちます。

 

多方面でマルチに活躍していきたい、自分ができることを増やしていきたいと思う人にとっては、地方局が楽しい職場と感じられるかもしれません。

関連記事:地方のテレビ局での仕事はどんな感じ?メリットはあるの?

 

テレビ局の中途採用

 

テレビ局の中途採用枠というのもあります。

 

ただ中途採用枠というのは、あくまで「今まで補えていた人手が足りなくなってしまったので即戦力になる人が欲しい」という場合が多いので

即戦力になる、すでにキャリアを積んだ人を求めている場合が多いです。

 

中途採用の時期というのは決まっていないので、テレビ局の中途採用を狙うのであれば、中途採用情報が出るのをこまめにチェックしなくてはいけません。

 

ただ4月に一斉に新卒の就業が始まり、そこから1ヶ月もすると退職する人が出てきます。

なので5月6月頃を狙ってみるというのもいいかもしれません。

 

さらに10月の改編期に向けて9月には募集が出ることもあります。

また年内で区切りをつける人もいるので1月の採用というのもあります。

 

中途採用の場合はここら辺が狙い目の時期かと思います。

関連記事:テレビ局の中途採用を受ける時に注意したいこと

 

番組制作会社の採用

 

番組制作会社の場合は、新採用の時期に同じように新卒採用をしている場合が多いですが、

中途採用で人員を補填しているところも多いです。

 

そもそも流動的に番組制作の仕事がある業界なので、

時期に関わらず新しい人が欲しい時は採用を行っている、という感じですね。

 

契約社員やアルバイトという形で採用をしていることも多いです。

 

実際に弊社の場合もテレビ局出向型の番組制作会社ですが、

弊社のスタッフとしてテレビ局に出向していただき、お仕事をしていただくのはテレビ局のスタッフ常駐ルームの中、という形になっています。

 

それに加えて大学生のアルバイトのスタッフも登録して頂いており、

主に東京のキー局を中心に情報・報道番組、バラエティ番組のお仕事に入っていただいています。

 

一般的な企業の新卒採用の時期と同じ時期に新卒採用を行っていますが

すでにキャリアがある方の中途採用なども行っています。

 

テレビ局と比べると雇用形態は番組制作会社の方が少し複雑かもしれません。

関連記事:番組制作会社の種類は大きく分けて2つある?就職する時どっちを選べばいいの?

 

テレビ業界への就職の心得

 

テレビ業界と一口に言ってもいろいろな働き方いろいろの仕事内容があります。

 

どのような仕事があってどの会社がどんな仕事になっているのかということを調べるところから始めてみると良いでしょう。

 

闇雲にテレビ業界関係の会社だからといってたくさんの会社を受けても内定をもらえないと思いますそれぞれの会社が普段どのような仕事をしているのか。

 

例えば番組制作会社ならどんな番組を作っていてどのような人たちが所属しているのか、

今は公式サイトを調べればそんなこともすぐにわかりますので、ぜひその会社に求められている人物像を考えた上で就活に臨んでください。

関連記事:【就活】テレビ局を志望する時に考えておくべきこと

 

弊社ライズプランニングでは実際にテレビ局内で働いてくださる

の方を募集しています。

 

興味がございましたら下記フォームよりエントリーしてください。

では今日はこのあたりで。

ABOUT ME
TACHIBANA
TACHIBANA
テレビでCMを打つ、となると身構えてしまう人がたくさんいると思います。でも実はテレビ広告はやり方によっては手軽に、そして楽しく挑戦してみることのできる広告です。テレビの楽しさを多くの人に知ってもらえるように執筆していきます。




テレビ業界への転職を検討している新卒でテレビ業界へ就職したいテレビ業界に関するご質問全般