テレビ業界にはどんな職種があるのか

テレビ業界に就職したいという人はたくさんいますが、

実際のところテレビ業界にはどんな職種があるのか、ということはいまいち表に情報が出ておらず、テレビ業界に興味はあっても

どんな仕事があって、その中でもどんな仕事なら自分にできそうか、ということを吟味することはなかなかできないですよね。

 

テレビ業界で働くという仕事は特殊な職種だと思いますし、

何か資格があったり、技術的な専門スキルがあったり、高学歴じゃないとテレビ業界で働くことはできないんじゃないか、と思っている人も多いかと思います。

今回はテレビ業界へ就職することを考えている方に向けて、テレビ業界にどんな職種があって

その仕事に就くためにどんなことが必要なのか、ということについて話してみたいと思います。

 

まず、テレビ業界の仕事は大きく分けて

  • 制作スタッフ
  • 技術スタッフ

の2つに分かれます。

 

制作スタッフと技術スタッフの中にもそれぞれたくさん職種があるので、順を追ってみていきましょう。

 

制作スタッフ

 

まずはテレビ業界の中でも、皆さんが最も興味を持っていると思われる制作スタッフについて話していきたいと思います。

テレビスタッフにはどのような職種があり、どのような仕事をするのでしょうか?

詳しく解説していこうと思います。

 

①テレビプロデューサー

 

テレビ制作スタッフの中で番組の最高責任者となるのがテレビプロデューサーです。

プロデューサーはテレビ番組内容を企画し、

その企画を通すためにどれくらいの予算が要るかということを考え、そしてその予算を出してくれるスポンサー、つまり番組提供をしてくれる企業を探すということもします。

予算を決め、集めて行くのと同時に出演者のキャスティングをしたり、一緒に番組を作っていくスタッフを決定したりもします。

 

ディレクターや編集マンが編集した最終的な素材のチェックまでプロデューサーが行うので、番組制作の一番最初から一番最後まで関わる仕事になります。

特に資格が必要な職種ではありませんが、プロデューサーになるにはアシスタントディレクターやディレクターとして数年間は経験を積むことになります。

 

テレビプロデューサーの仕事内容という記事ではテレビプロデューサーの仕事について詳しく書いているので、詳しく知りたいという人は是非。

最終的にはプロデューサーになりたいという人がテレビ業界を目指す人の中には多いと思いますしね。

 

②テレビディレクター

 

テレビの制作の現場で指揮をとるのがディレクターの仕事です。

プロデューサーとともに綿密な番組の企画をし、プロデューサーが立てた予算内で番組が出来上がるように奔走します。

出演者やスタッフに指示出しをするのが主な仕事で、取材やロケ、さらに編集まで自分でやってしまうディレクターもいます。

 

どこまでがディレクターの仕事になるか、というのはそのテレビ局や番組によっても少しずつ異なります。

ディレクターの仕事も特に資格の要る仕事ではありません。

また、とても需要のある仕事なのでディレクターを募集している番組は多いです。

ディレクターになる場合もADとしてまずは数年経験を積むことになります。

 

よく学生さんからの質問で「何年くらいADをやったらディレクターになれますか?」という質問を受けるのですが、

 

これは人それぞれなんですよね。2〜3年でディレクターになれる人もいれば、5年程度かかる人もいるのです。

これは逆に言えば、能力次第でADからディレクターになるまでの期間を短縮する事が出来るという事でもあるんですよね。

学生のうちからバイトでテレビ業界で働いておく、というのも手です。

ディレクターになると、ADの時と比べると責任が大きくなりますが、それだけ楽しくなってくるという人だっているわけです。

だからこそ、テレビ業界で働くのであれば、まずはここを目指して欲しいですね。テレビのADからディレクターになることで何が変わったかとかを読んでもらうとよくわかると思います。

関連記事:テレビ局内でバイトはできるの?

 

③アシスタントディレクター

 

ディレクターの補佐として、収録がスムーズに行くように立ち回るのがアシスタントディレクターの仕事になります。

 

基本的には3〜4年ほどアシスタントディレクターとして経験を積み、ディレクターやプロデューサーとして昇格していく人が多いですが

優秀な人は1年ほどADを経験してすぐにディレクターになってしまう、なんて人もいます。

 

未経験から就くことができる職種で、全く別の仕事をされていた人が転職してADの仕事をする、という人もすくなくありません。

ディレクターが演出に専念することができるかどうかはADの手腕にかかっています。

最近ではリサーチャーとという番組のネタを探すための仕事を兼ねるアシスタントディレクターも増えてきました。

アシスタントディレクター:悲惨なロケ撮影?頂上では電波が通じないのです。という記事では弊社ADの実際の話もたくさん入っているのでADになりたいという人は見てみると、

「現場はこういう感じなのか」という事がわかると思います。

 

④タイムキーパー

 

タイムキーパーは名前の通り時間を管理するお仕事です。

 

特に生番組の場合はタイムキーパーさんはなくてはならない存在です。

CM入りから素早くCM明けまでの時間を計算して出演者に伝えたり、どれくらい時間が押しているから

どのコーナーをどれくらいタイトにしたらいい、などといったことを伝達する仕事ですね。

 

スタジオで収録する際に具体的な進行を管理することになり、これは経験が必要な仕事になるので

タイムキーパーになりたい、という人は別の職種からテレビ業界を経験しておくという人もいますね。

 

テレビ制作におけるタイムキーパーはどんな仕事をするのかを見てもらうと、実際にタイムキーパーがどんな仕事をするのか?という詳細を知っていただけると思うので、

タイムキーパーを志望されている場合には読んでみてください。

関連記事:ディレクターの仕事、TK(タイムキーパー)から始まった

 

技術スタッフ

 

テレビ業界にはその他にも技術的なスタッフが必要になってきます。

最近はディレクターさんがテレビ番組に出演するという事もあるので、ディレクターさんやADさんばかりが注目されてしまっているため、

注目していない人もいるかもしれませんが、技術の人たちがいないと番組そのものが成り立たないわけなんですよね。

皆さんが見ているテレビには実はたくさんの人が携わっているわけです。

 

①カメラマン

 

カメラマンの仕事は

  • スタジオ収録の際にスタジオでカメラを回す仕事
  • ロケなどで屋外の撮影の時にカメラを回す仕事

の、大きく分けて二つの仕事があります。

 

基本的には最初カメラアシスタントとしてカメラマンの下で仕事をし、経験を積んでから一人前のカメラマンとして活躍していくような形になります。

 

技術的な知識だけでなく、ディレクターが作りたい番組の沿って実際にテレビ番組を具現化してく技術スタッフになりますので

想像力やセンスも必要になる仕事です。

 

基本的には専門学校や大学の映像学科を卒業している人がなる職業になります。テレビスタッフが教えるカメラの選び方では実際のカメラの選び方とかも書いているので、

興味がある人はどうぞ。

関連記事:テレビ関係の仕事に就きたい人へ、その仕事内容と実際の求人情報

 

②編集者

 

カメラマンが撮ってきた映像を編集する仕事です。

ディレクターが兼業することもありますが、編集マンが専任で仕事をしている番組も多くあります。

演出意図が伝わるようにディレクターから指示を受けて編集することもありますが、編集者に編集が任される場面もあるので

技術的な知識意外にセンスも必要な仕事になります。

編集者も専門学校や大学の映像学科を卒業してなる人が多いです。「編集の仕事が好きでしょうがない」という人もいるんですよね。

人それぞれで好きな作業は違うものなのですが、編集によって番組は全然変わってくるものです。テレビの前で見ている方々は何気なく見ているかもしれませんが、

実際にはとても考えられて編集されているものなのです。テレビ制作業界の映像編集現場で使われている専門用語とかはこれから「テレビ業界で編集作業がしたい」と思っているのであれば、

覚えておいた方が良い言葉ですね。

関連記事:粗編集とは

 

③音声スタッフ

 

音声の仕事には

  • ロケや収録などで出演者の声や音を拾う仕事
  • スタジオや局などで録音した音の調整を行ったり音響効果を加え編集する仕事

の二つの仕事があります。

 

基本的にはどちらの仕事も兼任する場合が多いです。

 

理系出身の方が多いですが、最近では女性のスタッフがすごく多くなってきているのが目立ちますね。

関連記事:女性のディレクターが増えてきたわけ

 

④照明スタッフ

 

照明さんは収録をする時に照明を照らす仕事になります。

テレビ業界をあまり知らない人には照明の仕事は一見簡単に聞こえるかもしれませんが、実は照明というのはとても計算されて作りこまれていて

一つの収録でもたくさんの箇所から照明を当て、より綺麗に見やすい番組ができるようにとても工夫されています。

 

専門的な知識がないとできない職種です。

多くが専門学校の出身の方で、テレビ局専属というよりは番組制作会社に勤めていて、テレビ局の外注で仕事を受けている方が多いです。
関連記事:テレビ業界で実際に使われている3大映像編集ソフトについて解説

 

テレビ業界の職種はたくさんある

 

テレビ業界の職種の一部を紹介してみました。

実はこれでもほんの少しの職種しか紹介できていません。

今回は主に番組制作スタッフについて紹介しましたが、テレビ局の局員として働くならテレビ局も会社ですから

  • 総務
  • 経理
  • 営業

といった職種ももちろんあります。

 

テレビ業界にはたくさんの職種があり、いろんな働き方のスタイルがあるのです。

そして、実際にテレビ業界で働いてみないと結局のところ具体的な仕事内容はわからないことが多いです。

 

番組や局によってそれぞれの仕事が全然違いますし、そもそもが「これが仕事内容だ」というマニュアルが存在するものではなく

みんなが能動的にクリエイティブな仕事をして作り上げていくのがテレビというものなのです。

 

テレビ業界で働きたい、と思っている方は

まずアシスタントディレクターか学生アルバイトとしてテレビ業界に飛び込んでみる、というのが一番良いかもしれません。

 

弊社ライズプランニングではテレビ局へのスタッフ派遣をしております。

仕事に希望内容によって条件の合うお仕事をご提案させていただきますのでご興味がありましたらまずは下記フォームよりお気軽にお問い合わせください。

関連記事:テレビ局への就職倍率とその採用方法

記事のシェアはこちらから!

テレビ業界への就職・転職に関するお問い合わせ

テレビ業界への転職を検討している新卒でテレビ業界へ就職したいテレビ業界に関するご質問全般

ABOUTこの記事をかいた人

TACHIBANA

テレビでCMを打つ、となると身構えてしまう人がたくさんいると思います。でも実はテレビ広告はやり方によっては手軽に、そして楽しく挑戦してみることのできる広告です。テレビの楽しさを多くの人に知ってもらえるように執筆していきます。