テレビスタッフになるにはどうすればいいのか

テレビ業界でスタッフになるにはどうすればいいのか。

テレビ業界のことはなかなか情報が調べにくくて、テレビのスタッフになりたいのになり方がわからない、という人は多いのではないでしょうか。

 

テレビスタッフになるには何をすればいいのか、どんなことが必要なのか

今回はそんなことを少しお話してみたいと思います。

 

テレビスタッフのバイトはあるのか

 

テレビスタッフのバイトはあります。

テレビスタッフと言ってもバイトなら、映像の編集などがメインだと思いがちかもしれませんが、テレビスタッフのバイトは、実際に現場に入って収録などに立ち会ったり、収録に必要なものを作ったりなど、

とても責任のある仕事が多いです。

 

大学生のうちからテレビ局に入ってテレビスタッフとして働くことができるので、どんな職業に就くにせよ、その経験を就活時にアピールすることもできるでしょう。

 

アルバイトスタッフとして入る番組によっては生放送の番組もあるので、その仕事がそのまま多くの人たちのお茶の間に流れるものだと思うと緊張感もかなりある仕事です。

 

実際に大学生でテレビ局のアルバイトスタッフとして働いていた方のお話はこちら:学生の時だからこそ!テレビ局の仕事を体験しよう!

 

学歴は関係あるのか

 

テレビ業界に学歴は関係あるのか

 

テレビスタッフになるには学歴は関係あるのか、ということは結構気になる人も多いでしょう。

 

テレビスタッフになるには学歴は関係ありません。

テレビ業界の仕事は現場主義的な風潮が色濃く、仕事自体も現場に入る前に勉強できることはほとんどなくて、

多くのスタッフが現場に入ってそこで努力して覚えて仕事に慣れていく、といった形なんですね。

 

なのでテレビスタッフになるには学歴はあまり関係ないのです。

 

もちろん番組を作る側として働くわけですから、視聴者に驚きや情報を届ける仕事になります。

 

なので学歴は関係ないと言えど、幅広い知識が求められることは多々あります。

そこはやっぱり、テレビスタッフとして働くようになってから常に勉強していかなくてはいけないでしょう。

 

情報を発信していくのがテレビの仕事ですからね。

 

やっぱりテレビに対する気持ち、が一番求められるものなのではないでしょうか。

詳しくはこちら:テレビ局が求める人材

 

テレビスタッフは収録現場に入れるのか

 

テレビスタッフは主にテレビの収録現場で働くことになります。

 

  • 撮影開始のサインを出す(キュー出し)
  • カンペ(「あと何秒」「巻いてください」など出演者に意向を伝えるもの)を書く

などいった、直接的に撮影に関わるような仕事も多くあります。

 

キュー出しなんかは生放送だとだいぶ緊張感のある仕事ですね。

収録のタイミングを出演者に伝える仕事なわけですから、生放送においては責任重大です。

 

でも、他の仕事ではなかなかこういった緊張感の中で仕事をすることはできないでしょうから、

テレビスタッフの仕事は本当に貴重な経験になるでしょう。

関連記事:生放送の楽しさと大変さ

 

テレビスタッフに向いてる人

 

テレビスタッフに向いてる人

 

アイデアを考えることが好きな人

 

テレビ番組もたくさん増えてきて、テレビは常に視聴者に新しいエンターテイメントを提供しようと頑張っています。

 

だからこそ、新しいアイデアを考えることが好きな人はテレビスタッフになるのに向いている人だと言えるでしょう。

 

テレビのスタッフになれば、企画の段階からテレビを作っていく仕事に携わることもできるようになります。

自分の意見や考えがテレビ番組に反映されると嬉しいですよね。

 

新しいことが好きな人

 

テレビは常に新しい情報を視聴者に届けていく媒体です。

 

つまり、視聴者よりも先に新しい情報を取り入れて、かつ、それを視聴者にわかりやすくまとめて伝えるのがテレビスタッフの仕事なんですね。

 

だから新しい情報を取り入れることを楽しい、と思える人こそ、テレビスタッフに向いている人だと思います。

 

能動的に動ける人

 

テレビは日々進化しています。

なぜなら、視聴者がテレビに求める質がどんどん高くなるからです。

 

これはエンタメ業界では常に課題とされることで、

例えば、ものすごく楽しいライブを観に行ったとして、それと同じライブをもう一度観たいか、何度も観たいかと言われるとそうでもないと思うんですね。

 

そのアーティストの次のライブに行きたいと思う理由は「新曲があるから」だとか「違うライブパフォーマンスが見られるかもしれない」といったものだと思うんです。

 

つまりユーザーはいつでも

  • 新しいもの
  • 違うもの

を求めているんです。

 

どんなに楽しいエンターテイメントだって中身が変わらなければいつか飽きられてしまうんです。

 

だからこそ、中身を変えるためにみんな必死に努力しています。

 

そこにマニュアルはありません。

常に新しいものを提供できるように能動的に動いている人がテレビスタッフの中にはたくさんいます。

 

そういった能動的に考えて動ける人というのは、テレビスタッフの仕事に向いている人でしょう。

関連記事:【就活】テレビ局の志望動機の書き方

 

テレビスタッフになる

 

ライズプランニングではテレビ局への派遣事業や広告代理店事業を営んでおりますので、テレビ局自体のバイトの募集、テレビスタッフの募集を随時行っております。

 

基本的にテレビ局の中で働くお仕事になります。

実際にテレビ業界でお仕事をされている方のインタビュー記事はこちら:テレビディレクターの仕事についてインタビュー

 

ご興味がございましたら是非下記フォームよりお気軽にお問い合わせください。

記事のシェアはこちらから!

テレビ業界への就職・転職に関するお問い合わせ

テレビ業界への転職を検討している新卒でテレビ業界へ就職したいテレビ業界に関するご質問全般

ABOUTこの記事をかいた人

TACHIBANA

テレビでCMを打つ、となると身構えてしまう人がたくさんいると思います。でも実はテレビ広告はやり方によっては手軽に、そして楽しく挑戦してみることのできる広告です。テレビの楽しさを多くの人に知ってもらえるように執筆していきます。