テレビ局の編成の仕事って何をやってるの?

テレビ局には色々な部署が存在しています。

 

テレビ局に勤めたいという人は番組制作に携わる仕事をしたいと思っている人も多いと思うのですが

実際テレビ局というのは番組制作だけが仕事ではありません。

 

むしろ番組制作を行っているのは番組制作会社がほとんどで、テレビ局は番組制作以外のお仕事もたくさんしています。

 

その中に編成というお仕事もあるのですが今回はテレビ局内の編成のお仕事について詳しくお話ししてみたいと思います。

 

番組放送時間帯、編成を決める

 

テレビ局の編成のお仕事はどのようなお仕事かと言うと、

0時から24時までどのような内容の番組をどの順番でどの時間帯に放送するのかということを決めています。

 

これを決めるためにはマーケティング的な思考が必要になってきます。

 

テレビというのは時間帯によってみている視聴者層が大きく異なります。

 

例えば朝通勤前に見るテレビというのは出かける会社員の人が今日1日知っておきたいニュースを仕入れるために見ていることが多いです。

さらには時計代わりにテレビをつけているという人も多いでしょう。

 

なので朝は情報、報道番組が流れていることが多いですね。

 

お昼の時間帯になるとお昼でテレビを見ているそうつまり高齢者層や、主婦の方々が中心にテレビを見ていることになります。

 

朝はどちらかと言うとニュース色の強い番組が多いですが、

お昼間の時間帯になってくると、そのニュースをより深掘りしたりエンタメコーナーが設けられている情報番組が多くなってきます。

 

ゲストに評論家やタレントさんなどをマネーてその日のニュースについて深く掘り下げ議論をしていく番組ですね。

 

さらにそこから夜にかけてはバラエティ番組が中心となっていきます。

 

19時から22時はゴールデンタイムと呼ばれており、1日の中で一番視聴率が上がりやすい時間帯です。

 

他局がどのような番組を放送しているかということも考えながら、では他局のラインナップに負けないような番組を

どのような順番で組んで行けばずっと自局の番組を見てもらえるのかということなどを考えていきます。

 

新聞のラテ欄というものを見たことがあると思いますがこれを作っているのが編成ということになりますね。

 

ちなみに時間ぴったりではなく、「○時58分スタート」というような番組も多いですがこれも歌曲2視聴者を奪われないための戦略の一つでもあります。

 

どのように番組を組んでいったら他のテレビ局に負けないで視聴率を高めていくことができるのかということを

マーケティング的な思考で考えていかなくてはいけないのが編成の仕事です。

 

常にトライアンドエラーを繰り返しどうしたら視聴率を高められるのかということを考えています。

 

視聴率を上げることができればスポンサーがつきやすくなりそのぶん番組制作費を捻出することができるので更に面白い番組を作っていけるという仕組みです。

関連記事:制作会社のADは出世したらどういう働き方をするの?

 

番組の企画内容を決めるのも編成

 

テレビ局には自社で制作している番組というものもいくつかあります。

 

そういった番組の場合は編成が企画内容を決めたり、どれぐらいの予算を使って番組を制作するかということを決めたりしていきます。

 

これもまたどうやったら視聴率を獲得することができるかということを考え、他局にはない新しい試みができるように頭を悩ませて番組を作っています。

関連記事:テレビのビジネスモデルとは?無料で見られるのにどうやって稼いでるの?

 

緊急時に活躍する編成部

 

テレビを見ていると突然の事件や事故不法なので番組が差し替えになることもよくあります。

 

テレビというのはそもそも緊急を要する情報をどれだけ早く正確に国民に伝えることができるかということを大切にしている仕事なので、

緊急のニュースが飛び込んできたら一刻も早くそれを情報として伝えていかなくてはいけません。

 

しかし番組の編成というのはあらかじめ噛まれているものなので、番組の予定を変更して報道を行わなくてはいけません。

 

そういったときに内容を変更する権限を持っているのが編成になります。

 

元々組んであった番組内容を変更して行動のゴーサインを出すのも編成の仕事なのです。

関連記事:ニュースと情報番組の違いとは?制作会社が解説!

 

忙しい番組改編期

 

テレビの上半期と下半期の始まりは4月と10月です。

 

テレビ番組の番組編成というのは1クール(三ヶ月)で変わるものです。

ドラマなんかも1クール毎に変わっていきますよね。

 

ただテレビ番組のスポンサーに関しては上半期と下半期を大きな目処に変動するので4月と10月はとても忙しい時期になります。

 

この時期に合わせてCMを放送したいという企業もどれぐらいの値段をCMに投資するのか、どの時期にどのようなCMを流すのかということを決めるので

それに合わせてテレビ局も動いていかなくてはいけないような形です。

 

この時期に編成の仕事はとても忙しくなります。

関連記事:テレビ局で働くにはどうしたらいいのか。

 

番組制作に携わるなら

 

今回はテレビ局の編成のお仕事についてお話ししてみましたが

弊社ライズプランニングはテレビ局出向型の番組制作会社で主に番組制作のお仕事に携わりたいという方を募集しています。

 

テレビ局内でテレビ番組を作るお仕事がしたいという方是非下記フォームよりエントリーしてください。

 

まだ学生だという方には学生アルバイトもございますので是非学生のうちからテレビ局の仕事に触れていただければと思います。

関連記事:番組制作のバイトが学生のうちからできる!?そのメリットとは。

 

では今日はこのあたりで。

記事のシェアはこちらから!

テレビ業界への就職・転職に関するお問い合わせ

テレビ業界への転職を検討している新卒でテレビ業界へ就職したいテレビ業界に関するご質問全般

ABOUTこの記事をかいた人

TACHIBANA

テレビでCMを打つ、となると身構えてしまう人がたくさんいると思います。でも実はテレビ広告はやり方によっては手軽に、そして楽しく挑戦してみることのできる広告です。テレビの楽しさを多くの人に知ってもらえるように執筆していきます。